Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!〈第13回〉~オーガニックコスメ大国・オーストラリア編~

Fotolia_44921265_Subscription_Monthly_M

みなさん、有意義なお盆は過ごせましたか?おうちでまったりした方、旅行に行ってリフレッシュをした方など過ごし方は人それぞれだったかと思います。ちなみに、これから遅れた夏休みをとるよという方にぜひとも、行ってほしい国としても紹介したいのが、日本人観光客も多く訪れる『オーストラリア』!!しかも、オーストラリアはオーガニックコスメ大国といわれるほど、有名なこともあり女性の観光客が多いんだそう。そんな、オーストラリアならではの美容法はどんなものがあるのでしょうか。

オーストラリア=コアラ、カンガルーと美容に関係ないことばかり考えてしまうサトユリです。というのは、置いておいて……、みなさんのオーストラリアのイメージはどんなものがあるでしょうか。たしかに、オーガニックコスメもそうですが、訪れたら絶対行きたいスポットはなんといってもエアーズ・ロックなのでは?

Fotolia_34113886_Subscription_Monthly_M

一般的に、エアーズロックとして呼ばれている名前は、イギリスの探検家によって名付けられたもの。世界で2番目に大きい一枚岩として有名です。先住民アボリジニによるウルルという呼び名もある。世界遺産のひとつ。

この他にも、世界でも珍しい貝殻で覆われた白いシェル・ビーチやシドニー湾にぽっかりと浮かんでいるような印象が有名なシドニーオペラ・ハウスなども。観光地も楽しみつつ、オーガニックコスメをGETできたらこれ以上に幸せなことはないのでは。。。でも、きっとこれから紹介する美容法は、知ってもっと得するものばかりなはず……。さっそく、調査報告開始!

安心・安全で効果的!
オーガニックコスメ

やはり、オーストラリアの美容といえば思い浮かぶのがオーガニックコスメ!そんなオーストラリアのコスメ事情とは?

安全度 ★★★★★

入手度 ★★★★☆

高級度 ★★★★☆

Fotolia_54641704_Subscription_Monthly_M

オーガニックコスメの定義は、一般的に農薬や化学肥料を使わず、遺伝子操作をしない有機栽培によって作られた植物を使って、製品化した化粧品のことをいいます。

以前、私の友人が「オーガニックコスメって肌にやさしいけど、あまり効果があったってすぐに感じたことないな~」といっていました。

確かに、即効性に欠ける部分はあるんだそう。でも、それは肌の調子を根本から底上げしてくれているためなのです。最近ではエイジングケアや美白に力をいれたオーガニックコスメも多く出ています。メラニンが原因となるシミや日焼け、色素沈着にも大きな期待が寄せられています。植物の力がメラニン色素の沈着にアプローチしながら肌を整えてくれます。厳しい環境を生き抜いている植物が持つパワーは、想像をはるかに超えた効果を発揮してくれそうですね♪

~オーストラリア発!注目オーガニックコスメ~

Jurlique ジュリーク

日本でも大人気のジュリークはアデレードのオーガニック自社農園で育まれた植物を配合したコスメ。地球の自然サイクルを取り入れたバイオダイナミック農法が特徴。25年以上の歳月をかけて育まれた植物を使い、独自の製法でパワフルなものばかり!自然と最先端技術の融合から生まれた究極のコスメ。

Miessence マイエッセンス

不純物や有害な合成物質を一切含まないACO認定オーガニック化粧品。取締役であるナレルさんがさまざまな化粧品に配合される化学物質に疑問を抱いたことがきっかけでできたといわれています。「本物のナチュラル化粧品とは何か」を追究し、スキンケア商品を開発しました。肌や髪の美しさだけでなく地球環境にも配慮した健康食品なども豊富!

Sukin スキン

オーストラリアの薬局で1番売れているといわれているコスメ。オーガニックコスメは高級なイメージあるが、スキンのコスメは、お手頃な価格設定になっているものが多い(安いもので2,000円とかで購入可能)。スキンでは、ラウリル硫酸ナトリウム、合成香料、動物性原料、合成着色料、石油系原料、洗剤、ミネラルオイル&パラベン、トリエタノールアミンは一切使用していません。また、パッケージもリサイクル可能なように作られていて、原料だけではなく地球にもやさしいブランド。

 

最近、お肌の調子が悪いな~と感じたあなた。オーガニックコスメデビューしてみては??

もはや、国家プロジェクト!?
オーストラリア国家も認める低GIダイエット

このダイエット法は、オーストラリア国家が「安全で効果的」と認定したもの。日本でも、最近話題なダイエット法のひとつです!

成功度    ★★★★☆

認知度    ★★★☆☆

日本人向け度 ★★☆☆☆

Fotolia_48751734_Subscription_Monthly_M

GI=血糖指数。

血糖指数とは、炭水化物を食べた後の血糖値の上昇する速さを示した数値のことをいいます。これが高いと食後の血糖値も高くなっていきます。血糖値が上がってしまうと、すい臓からインシュリンが分泌されて結果的に血糖値は下がります。

し・か・し!このインシュリンには脂肪を作ってしまう働きがあるんです!

そのため、血糖値の上昇を遅くするため、体に脂肪を貯めにくくするためには低GIな食品が必要。

~低GIダイエットの基本~

意識することは、「高GI食品」を避けて、「低GI食品」置き換えること!

低GI食品

野菜:でんぷん質の少ない野菜ならほぼぜんぶ低GI値。さつまいもは低GI。(高でんぷん質なじゃがいも、とうもろこし、かぼちゃなどはNG。)

果物:グレープフルーツ、リンゴ、モモ、ぶどう、オレンジ

飲み物:トマトジュース、リンゴジュース、パイナップルジュース、豆乳、低脂肪牛乳

穀物:オーツ(麦)、オールブラン、豆類、大麦

主食:タイ米のような細長いお米、雑穀、全粒粉のパスタ、全粒粉のパン、日本そば

おやつ:パンナコッタ、クリームブリュレ、ゼリー、プリン  など。

食べる順番

食べる順番により血糖値の上昇を、ある程度コントロールすることができます。

酢の物・乳製品 → 野菜 → 肉・魚 → 炭水化物類の順番で口にするのが理想です。

……、お気づきでしょうか?日本人の主食「白米」がないんです(泣)。実は、日本人が主食としている白米は、高GI食品にふくまれているのです!

白米好きには耐えられないかもしれませんね。代替品としてオススメは「オートミール」。日本人向けな「麦飯」もしくは「麦粥」として食べる方法がいいかと思います。また、オートミール、便秘解消にとても効果的なため用意しておいて損はない食品です。

今までの食事法を見なおして、ムリせず置き換えをしていくといいですね♪

健康食・美容食・国民食
ちょっと、クセがあるベジマイト

ベジマイトは、「オーストラリアの納豆」といわれる天然麦芽酵母と野菜エキスで作った発酵食品。色は茶色で、味は塩辛いんだとか。想像よりもね…(笑)。

知名度(日本での) ★★☆☆☆

美味度       ★★☆☆☆

アンチエイジング度 ★★★★☆

発酵食品なため、納豆同様好き嫌いがはっきりするみたい。

ペースト状なため、パンにぬったり、料理に入れる調味料として使っている方が多いそうです。最初は苦手だったけど、食べていると意外とハマってしまうという愛好者が続出中のよう。ちなみに、ベジマイトの効果ですが発酵食品ということもあり美肌効果や便秘解消などに良いようです。また、ビタミンB1、B2、葉酸が摂取できるので健康食品としてもGOOD!

 

オーストラリアでは、毎朝食べているくらいポピュラーなものなんだそう。TVCMでもベジマイト。動画で探してみると見つかりますよ。楽しいベジマイトソングを聞いたらきっと頭から離れません……♪

We all adore our Vegemite. It puts a rose in every cheek!

(私たちはみんなベジマイトがだーいすき♪みんなを元気にするからだよーん♪)

……日本でいう「みそ」みたいなものなのかな~。

実は、美容効果が高いらしい……。
まるで鶏ささみのようなワニ肉

ここ最近、オーストラリア国内で新しい食材として注目度が高くなっているんだそう。個人的には、食べなくてもいいんじゃないかと思いますが……(笑)。

高級度          ★★★☆☆

日本での入手度      ★☆☆☆☆

……どんな味か気になる度 ★★★★★

Fotolia_65011019_Subscription_Monthly_M

ワニ肉は、ジューシーで独特の風味があるんだそう。(食べたことがないため、わかりませんが)風味といっても、臭みのあるにおいはしないといいます。それは、ワニは体内で抗生物質を作ることができるため。なので、浄化した血液を常に維持することができるのです。ワニ肉は低脂肪・低カロリー・高タンパク質!

また、上質なコラーゲンもたっぷりなため女性にも大人気なのです。美容効果、健康効果に期待できる栄養素もたくさん詰まっています。

たとえば……、

EPA(エイコサペンタエン酸)

EPAは、魚貝類に多く含まれる脂肪酸の一種です。血液の流れを妨げる悪いコレステロールや脂肪を減らす働きをし、動脈硬化や

心筋梗塞、脳梗塞などの成人病を予防します。また、免疫や凝血反応、炎症などにおいて過剰な反応を抑える作用もあります。

理想的なアミノ酸

ワニタンにはアミノ酸が豊富です。なかでも、天然アミノ酸ヒドロキシプロリンは ヒドロキシプロリンは、ビタミンCがあれば、コラーゲンになるので、健康効果

だけでなく、美容効果も期待できます。ちなみに、ワニ肉は動物性ですが、アルカリ性食品です。

DHA(ドコサヘキサエン酸)

DHAは、ヒトの場合EPAから作られます。特に、DHAは青色の魚(カツオ・マグロなど)に多く含まれています。記憶や学習といった作業は、ニューロンという神経細胞によって行なわれています。このニューロンの先端にDHAが含まれています。そのため、DHAには記憶力や学習能力を向上させる健脳効果があると云われています。

 

実は、このワニ肉。日本でも食べることが可能なんだとか。都内だと、六本木や銀座、渋谷にもあるそう。一度、行ってみて味わう価値はあるかも!

人間ってなんでも食べちゃうからちょっとこわいよね。人間最強説……(笑)。

ストレス発散!?
珍スポーツ!マグロ投げ

タイトルに驚いた方も多いはず……。思わず、「へぇ~」ではなく「ナニソレ!?」ですね。競技自体は、ただ本当に投げるだけなんです(笑)。

珍百景度      ★★★★★

知名度       ★★★★☆

……意外にハマる度 ★★☆☆☆

場所は、オーストラリア南部ポート・リンカーン。クロマグロやホタテ、オイスターなどの漁業が盛んな街として有名である。なかでも、クロマグロが世界一の水揚げ量となっているんです!そんなクロマグロが主役な大会こそが世界マグロ投げ選手権大会。

およそ8~10㎏のマグロを砲丸投げのように飛ばし、その距離を競うというもの。男女共に参加が可能。はじめの頃は、本物のマグロを使われていたようですが、最近は本物そっくりなレプリカマグロが使用されているようです。ダイナミックな戦いで、注目度も上がっているようです。

img-824154252

イラスト/大坪ゆり

 

た、たしかにストレス発散に効果的そう。。。

実は、このマグロ投げ、旅番組でもおなじみの照英さんもやったのだとか(笑)。すんごい飛びそう。。。飛距離とストレス解消度は比例しているのかもしれませんね……。ぜひ、オーストラリアに訪れた際は、マグロ投げを。

 

いかがでしたか?あなたにとってのオーストラリアのイメージと合致した点はあったでしょうか。

ちなみに冒頭で、オーストラリア=コアラやカンガルー、エミューと私がいっていましたよね?カンガルーやエミューは、バックできない(後ろに向かって進めない)動物。

歴史が浅いオーストラリアは、後ろ(過去の歴史)を振り返らずに、前を見て進もう、という意味も込めて国のシンボルにしているんだとか……。そんな前向きで芯の強い精神力が美容にも通じているのかもしれません。じゃなきゃ、ワニ肉を食べたり、マグロを投げたりしないですもんね(笑)。

次回は、どんな国の美容が知れるのか楽しみ~。日々、世界の美容について関心が高まるサトユリがお届けしました~❤

~See you next week~