Lifestyle

いまがピーク!?あなたのそのカラダの不調は『夏バテ』かも。

Fotolia_45208676_Subscription_Monthly_M

9月に入り、秋の香りを感じる日が続いていますね。夏をしっかり、満喫することはできたでしょうか??

あまりにも、ハリキリすぎて夏休み後の仕事や学校がゆううつだなと感じる方も多いかと思います。気持ちもズーンと落ちているのに、カラダの方もなんだかだるおも~。まさに、それは『夏バテ』の兆候かも……。そもそも、『夏バテ』って?

夜、クーラーも扇風機もつけずに、寝ていたか毎日寝苦しかったサトユリです。(節電の夏でした)

「わたしは、大丈夫~♪」……なんて、思っている方。確かに、メンタルから入るのも大切だけど、避けては通れない壁もあるのです。

だれでも起こりうる『夏バテ』

カラダの疲労や倦怠感など、暑いこの時期に起こることを『夏バテ』と呼んでいます。とくに、温度差が激しい環境で過ごしている人がなりやすいのです。

症状としては……

全身の疲労感 立ちくらみ からだのだるさ めまい ふらつき 無気力感 むくみ イライラ感 食欲不振 熱っぽさ 下痢 便秘 など

上記のようなものがあげられます。

どんなことが原因に?

日本の夏は、暑くて湿度が高いのが特徴です。不快に思う方も多いはず。また、日本人は繊細なためか環境の変化にとても敏感になっている面が見受けられます。。。

そんな、夏バテの原因といえば……

☒ 体温調節の不調

暑くなると、血管が拡張して汗を出すことにより、体温調節は行われています。それが湿度の高い状態が続くと、汗の蒸発をさまたげてしまうのです。その結果、熱が体内にこもる疲れやすくなるのです。

☒ 体内の水分やミネラルの不足

汗をかくことによって、体内の水分と電解質のバランスが崩れて脱水症状を起こして、体調に異常を起こすと考えられています。

☒ 暑さによる食欲低下

暑さによって胃の消化機能が低下するため、栄養の吸収が悪くなり、食欲が低下します。すると、ビタミン類やミネラル、タンパク質などの必須栄養素も不足することになり、からだがだるく感じたり、根気が続かなくなるなどの症状が出てきます。

また、清涼飲料水やビールなどの冷たいものばかり飲んでいると、胃の消化酵素の働きが更に低下し、消化不良を起こし、食欲がなくなるという悪循環に陥るのです。

☒ 冷房の影響

冷房のかけ過ぎで冷えた部屋と外気の温度差が大きくなり、しかも冷房の効いた部屋と暑い屋外を繰り返して行き来することにより、体温を調節する自律神経のリズムが乱れて自律神経失調症(※)を引き起こすのです。

(※)、交感神経と副交感神経の2つから成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる症状の総称。症状としては、慢性的な疲労、めまい、不眠、便秘、微熱、手足のしびれ、イライラ、不安感など。

いまからでも改善すべき!夏バテを乗り越える生活

いちばんは、規則正しい生活をすることが大切です。でも、連日の残業、友達との予定が入ったりしてスケジュールどおりの生活なんて、ムリ!という方が大半。

そこで、ぜひとも「これだけは生活に取り入れてみて!」という具体的な対策として上げてみました★

・  朝食を抜かずに三食を一定時間に食べることを心がけましょう。汗をかいたら必ず水分補給をして、夜更かしをせず、十分な睡眠を!疲れを翌日に持ち越さないことが大切。

・  生活にリズムをつけ、自律神経の働きを整えること必要になってきます。そのためには適度な運動が効果的!もっとも、気温が低い時間帯の早朝にウォーキングやラジオ体操などの軽めの運動が良いようです!早起きも身につき、規則正しい生活に。

・  水分の補給は、のどが渇いてからよりものどが渇く前に!こまめに補給することで、脱水症状による疲労の予防につながります!

・  温めのお湯にゆっくりと入る入浴は、自律神経の働きを整えてくれます。同時に、心身共にリラックスさせる効果が高くなります。

・  そば、そうめん、冷やし中華などだけを食べていると栄養不足になります。汗をかくことが多い夏場は、ビタミンやミネラルの消費が激しく、そのために積極的に補給する必要があるのです。とくに野菜や果物、豆類などを摂るこのがオススメ!

 

いかがでしたか?

いままさに、『夏バテ』に悩まされている女性もいるのでは……(汗)。

仕事や勉強がはかどらないことを『夏バテ』のせいにはしたくない!!!

はやめに、体調万全にして来たる秋にそなえましょう♪


2014/09/01 | キーワド: , , , | 記事: