Lifestyle

これから走ってみようかな? というランビギナーの知っておきたいこと

Fit couple running on the open road together
なにから始めればいいの? 素朴な疑問に答えます

ランブームが加熱していますが、いまさら?なんて言わず、トライしてみませんか? 盛夏が過ぎれば走ってみたい気分になる人も多いはず。いまからでも決して遅くはありません。まずは、初心者へのアドバイスです。

●いきなり走らず、まずはウォーキングから。最初は30分程度のウォーキングで十分。いきなり走ると怪我の原因になります。最初は人と会話ができるくらいのゆったりとしたペースで。いまの時期は暑い日中を避けて、早朝もしくは日が落ちた時間がベストです。

●揃えるものは、ランニングシューズとブラトップ。普通のスニーカーですと爪を痛めたり、外反母趾になることも。専門店に行き足を計測してもらうなどして、自分の足にあったシューズを見つけることが肝心です。そして、女性なら忘れてはならないのがラン用のブラジャー。ランニングの振動は胸に負担がかかります。また、初心者は筋肉がないため、腰や太ももをサポートしてくれるタイツがあると便利。走ったあとの疲労も軽減されます。

●理想的な頻度は週に2~3回。毎日走ると故障の原因にもなるので初心者にはオススメできません。1週間のうち毎回同じ距離、同じ時間を走るのではなく、距離や時間を長くして変化をつけてください。

●朝ランは脂肪燃焼効果が高くダイエットに向いていますが、起きたばかりで体が重く感じられることも。一方、夜ランは起床してから時間が経過しているため、体が軽く走りやすいのですが、仕事などで時間の確保が難しいことや、暗いので安全性に注意が必要です。反射材を使用したウエアやシューズを選んで、車や自転車に気をつけてください。

●走る場所のオススメは、日陰の多い緑道、公園の周回りコースです。

走るとどんないいことがあるの?

健康面では痩せられることをはじめ、むくみがとれる、よく眠れるなどが一般的。そのほか、練習すればするほど結果に結びつくので成長の実感が得られやすかったり、気分転換になります。ランナーに聞くと、走ったあとの充実感や達成感、精神面が強くなる、リフレッシュできる、嫌なことが忘れられるし頭の整理がつくなどなどの意見が目立ちます。走ったあとのビールがたまらなく美味しいなという意見もありました。だんだん涼しくなるこの季節、走りはじめるにはグッド・タイミングです。

 


2014/08/27 | キーワド: , , | 記事: