Lifestyle

足・靴・歩行のトータル美脚サロン「サロン・ド・コンソラーレ」って?【美脚マエストラ 飛鳥田由理先生3】

asukatayuri2

先日から、お届けしてきた「飛鳥田由理先生の記事1・2」に続き、最終記事となりました。

今回は、飛鳥田先生の独占インタビューのもようを紹介していきます。「女性がキレイだったら、世界が平和になる」と信じ、使命感を持って活動している美脚マエストラの飛鳥田由理さん。飛鳥田さんについてのこと、脚のトラブルについてのことここでしか聞けない、気になる質問を投げかけてきました!

また、実際に施術を行っている動画もあります。気になる方は、はじめにスクロールしてみてください!

 あなたは大丈夫?見落としがちな靴選びのコツ!【美脚マエストラ 飛鳥田由理先生1】

飛鳥田式!!美脚の大敵“むくみ”を解決して、自分史上最高の美脚へ【美脚マエストラ 飛鳥田由理先生2】

飛鳥田由理さん独占インタビュー★

― 飛鳥田さんの肩書き『美脚マエストラ』には、どんな意味が込められているのですか?

飛鳥田さん:みなさん、初めて聞いたとよくいわれます(笑)。昔は、「脚の専門家 飛鳥田由理」でやっていたんです。でも、ある日ジムのトレーナーの一人の男性に、名刺を配った時に「これじゃ、なにをやっているかわからない」といわれたんです。もともと、私は人を美脚にするということをモットーに活動していました。そしたら、その方が、「じゃあ、美脚マエストラだな!」と。そんな一言があって決まった名前なんです。マエストラの意味は、先生や師と日本語であらわしますので、「美脚先生」ですね。

― そうだったんですね!印象に残る名前はそんな形で生まれたんですね。実際に、この活動を始めるきっかけはどんなことがあったんですか?

飛鳥田さん:この活動を始める前に、エステサロンに勤務していたんです。そこで、フェイシャルとボディ、脱毛の3つのコースがありまして、その中でもお客様に人気だったのがボディ。さらに、そのお客様のなかで、”下半身やせ“を気にする女性が多かったんです。下半身やせは悩んでいる人が多いのに、やせにくい部分でもあるんですよね。

その現場は結婚を期に、退職しました。

― ということは、結婚後にこの活動を始めたということですか??

飛鳥田さん:そうなんです。結婚後は、すぐに妊娠出産をしました。そのときにつわりがひどくてですね……。そのつわりは、食べるとラクになるタイプのもので。つい、食べるとホッとするからと食べ過ぎてしまい、20kgも体重が増加してしまったんです(笑)。

― 今の飛鳥田さんからは想像ができませんが、女性って妊娠期間は太るってよく聞きますもんね。

飛鳥田さん:そうそう。まあ、出産後には体重が落ちると思っていたから、あんまり気にはしていなかったんです。でも、出産後、全然体重が落ちなくて(笑)。私自身、目がその体型に慣れてしまっていて、自分で太っているという自覚はあまり感じなくなっていました。ベタなんですが、前まではけていたスカートがはけなかったことで太ったんだな~と気づきました。。。

― まさに、女性が太ったときに気づくシチュエーション(笑)。そのときから、ダイエットを始めたんですか?

飛鳥田さん:スカートがはけないって、女性にとってショックが大きいですよね。その時期に1食置き換えのダイエットとかをやってみたんです。そしたら、母乳が止まってしまって。これは、子供の命にも影響が出ると思いすぐにやめました。そんなときに、愛読していた雑誌でウォーキングダイエットが紹介されていて、これだ!って思って始めました。ウォーキングなら、気晴らしにもなるしいいかなと思って。

― 実際、ダイエットは成功したんですか?

飛鳥田さん:それが、筋肉がついて逆にゴツくなってしまって。。。ウォーキングでやせるはずなのに、なんでとギモンに思いました。それで、ある日突然ですが、ピアニストの腕を思い出したんです。長時間、動かしているのにムキムキな筋肉というより、しなやかな腕だな~と思ったんです。それで、もしかしたらピアニストのように指先に神経を集中させて歩いたら、脚だってしなやかになるんじゃないかなと思ったんです。自分なりに、靴のなかで指先に意識を持って、掻くように歩いたらあっという間に20kg体重が落ちたんです!

― えー!どのくらいの期間で落ちたんですか?

飛鳥田さん:それが、覚えてないんですけど、気づいたらやせてたって感じ。友達もみんなビックリしていました(笑)。その方法を3本指歩行と呼んで、しばらくしてからサロンを開けるくらいになったんです。

― 実際にサロンでは、どんな施術をしていくんですか?

飛鳥田さん:脚のマッサージが主で、脚のトラブル全般のトータルセルフケアのサロンになっています。女性がここに来ることによって、自分自身であらゆる脚のトラブルを解決できるようなサロンにしたいと思って、開きました。

― なるほど!実際に、行っている独自のケア法「コンソラーレフットケア」には、どんな意味が込められているんですか?

飛鳥田さん:コンソラーレって、イタリア語で“癒やし”という意味があります。その意味にあやかって、日頃、足のトラブルで悩んでいる女性を癒していけたらと思いその名前をつけました。

― 具体的にどんなトラブルに向けたケア法なのですか?

飛鳥田さん:みなさんは、次のような悩みをかんじたことはありませんか?

☑足のむくみがひどくてつらい ☑ 脚が太いというコンプレックス ☑ 角質・タコ・魚の目がある ☑ 巻き爪や爪が割れて黒ずんでいる ☑ 外反母趾 ☑ 腰・膝のお悩みがある ☑ O脚・X脚などが気になり、脚の形に自信がない ☑ 靴が不快で歩くのが疲れる ☑ どんな靴を買っても合わない

このような、悩みに対して解決する方法を提案してくれる業界はバラバラなのです。

足は、マッサージサロン・病院、靴は、靴屋さん、歩行は、ウォーキングの先生とこのように……。そのすべてが兼ね備えたケアとして考えたのが「コンソラーレフットケア」なのです。

足・靴・歩行には密接な関係があり、相互関係がしっかりケア出来れば美脚になる近道になります。美脚になる正しいケアを行っていけば、おのずと健康的な体型もゲットできるんですよ。

― 飛鳥田さんの施術のなかで、とくに印象的なことはウォーキングを取り入れていることだと思うのですが……。

飛鳥田さん:そうですね~。エステでは、コースごとに通うことが大半かと思います。コースを終了して、少し通わないだけで太ってしまった、元通りになってしまったなんてことがあるかと思います。でも、日常的に欠かせない行動、「歩行」ひとつですべてのトラブルを解決できるということに気がついたんです。歩行の基本は、どのお客様にも共通にレクチャーしていきます。それから、お客様に自分の足がどんな形でどんな原因でトラブルにつながっているなどの解説をしていくんです。そうすることで、自分自身でできるケアなどもわかるようになってくるんです。

 

ここまで、聞いていると実際に、どんな施術をしているのか気になりますよね??

コチラの動画をぜひ、チェックしてみてくださいね↓

(飛鳥田さんが実際に、お客様に施術を行っている動画です。)

 

足のトラブルを抱える私(脚の形に自身がないんです……)。

セルフケアが可能だと聞けて、解決にむかってやる気がでてきました!!(笑)

今回、取材をしていて飛鳥田先生の女性の脚をキレイにするための責任感や使命感がふつふつを伝わってきました!!こんな素敵な先生に見てもらいたいと思えるような先生でした★

気になる脚のトラブルは飛鳥田先生のもとで。気になる方は「サロン・ド・コンソラーレ」

に足を運んでみてくださいね。

 

tn6td36O1h4ldJZsHNyou72Z6Lmmjlny90JHMBN-bbg

 

*  今回、お話を伺った先生

飛鳥田由理さん

女性の気になる下半身痩せを足・靴・歩行からセルフケアして美脚に導く美脚マエストラ。理想的な下半身やせの方法を提案。

美脚コンテンツ監修、執筆、美脚グッツ、通販専用美脚シューズのプロデュース、コラムの連載、講演・トークイベントなどマーケティングに沿った美脚を提案など幅広く活動中。 経歴美容歴18年。☆ミスユニバースのファイナリストの美容責任者を担当。

サロン・ド・コンソラーレ http://www.consolare.net/