Lifestyle

オシャレな部屋に見せる工夫教えます

本とコーヒー
お金をかけないでオシャレルームにイメージチェンジ

引っ越ししないでも、今の部屋をオシャレに見せる工夫はいっぱいあります。

観葉植物を上手にとりいれよう

グリーンをプラスするだけで印象はがらりと変わります。部屋の狭さを考えて小さいものを選びがちですが、ここは思い切ってアクセントになるサイズや個性的な形のものをセレクトしてみましょう。背丈サイズのものだったり、枝ぶりが個性的なものなら、ひとつでも十分に部屋に存在感をだせます。広さ的に大きなものがどうしても置けない場合は、スツールの上に置いて高さを出すのも手。また、背の高いものを置けない場合は、蔓が伸びる植物を天井かや壁からつって飾るのもオシャレです。

印象を変えたいときは照明が簡単

蛍光灯だとどうしても光が均一になってしまい雰囲気がだせません。電球色の照明器具に変えてみませんか? 取り付けが難しい場合は、フロアライトなど、コンセントひとつでプラスできる照明器具はいかがでしょうか。

狭い部屋はホワイト系でコーディネート

日本の賃貸の部屋は、ほとんど壁が白いと言われています。ですから、それに似たホワイト・ベージュ系の色みで家具やカーテン、カーペットを揃えるだけで部屋が広く見えます。家具も入り口から背の低い順に並べるといいでしょう。家具の奥行きや高さもなるべくそろえて凹凸をなくすとさらに効果的です。

模様がえは面積の広いファブリックから

部屋の印象を手っ取り早く変えるには、3大ファブリックと言われるカーテン、ラグ、ベットカバー(リビングの場合はソファカバー)をチェンジするのが一番。同色系にするか、同じトーンにすれば部屋に統一感がでます。柄ものをもってきたいときは、3大アイテムの中のどれかひとつに絞ることが大切です。


2014/09/12 | キーワド: | 記事: