Lifestyle

老けない生活って? 10年後に差が出る生活習慣

attractive asian woman exercising
同年齢でも見た目で差がでる、老けさせる行動パターン

知らいないうちに行っている生活習慣が、老けを促進しているってことも。一度チェックしてみてください。

・TVや電気をつけたまま寝がち

・ブラジャーを買うときにフィッティングしない

・寝るときにワイヤー入りのブラジャーをする

・暴飲暴食をしがち

・生活リズムが不規則になりがち

・水分をとる量が少ない

・ストレスがたまっている

・冷え症の体質

・寝る前にカフェインをとる

・食事して3時間以内に寝ることが多い

・ファーストフードをよく食べる

・睡眠時間が5時間未満

・スマホを見る時間が長い

・PCを長時間使う

・足を組むことが多い

・運動をほとんどしない

・片足に重心を置いて立ちがち

・ヒールの靴をよくはく

・甘いものが好き

・日焼け止めは夏しか塗らない

・猫背だと言われる

・正座やあぐらをかくクセがある

・シャワーのみで湯船にあまるつからない

・ネガティブ思考だと思う

・偏った食生活をしている

・たばこを吸う

・夜更かし、徹夜をする

・コンビニ弁当をよく食べる

・研磨剤が入った歯磨き粉を使っている

・早食いのほうだ

・あまり鏡を見ない

・二度寝してしまう

いくつ当てはまりましたか? 10個以上当てはまったら要注意です。10個未満でも安心してはいけません。油断すると老けを進行させてしまいますから。

老けないコツは6つ。コレを守れば老け防止につながります

1 姿勢を正すことが基本!

老けて見える最大のポイントは姿勢です。前かがみになると、ボウリング球ほどもある頭の重さが予想以上の負担になります。首は凝り、二重あごになるなど、老けの進行に勢いをつけることに。頭が首から前にでないこと、頭のてっぺんからお尻の穴までのラインが地面と垂直になることの心がけてください。左右が対象になるように立つことも大切です。

2 バランスのいい食事が大切!

偏った食事は動脈硬化などの病気を引き起こしたり、肌年齢をあげたりと影響力は大きいんです。糖質を取り過ぎないこと、緑黄色野菜をとること、夜は炭水化物を少なめにすること、海・山・陸の食材をバランスよくとること、鉄分・ビタミン・ミネラルをとること、体をあたためる成分を含む食品をとること、以上の6つを意識してむださい。ちなみに鉄分を多く含む食材はレバー、納豆、あさりなど。ビタミンはレモン、パセリ、ピーマンなど。ミネラルはわかめ、のり、ひじきなどの海藻類があります。体をあたためる成分の代表は、しょうが、黒砂糖、人参などがあります。

3 日焼けは1年中防止を!

紫外線は肌の老化の原因になります。夏だけでなく秋冬も日焼け止めをしましょう。うっかり日焼けしてしまうと、ふだんの3倍以上のケアをしないと元には戻りません。日焼け止めをまめに塗る、肌の水分&油分不足を防ぐこと、日焼け後のケアを必ずすること。この3つを守ってください。

4 程よい運動は必要です!

運動をしないと体力が落ち、筋肉量が減ることで体がたるみ、免疫力も低下します。面倒を思わずに、意識を変えれば普段の生活に取り入れられます。階段をつかうようにする、タクシーを使わず歩くようにするなど、工夫次第で運動ができます。

5 質のよい睡眠をとること!

睡眠時間は6.5時間から8時間がベストだと言われています。睡眠不足はストレスをため、疲れがとれにくくなりますから、老けの原因に。質のよい眠りのためには、入浴してから眠りにつく、電気・TVは消して暗い状態にすること、寝返りがうちやすいマットレス・枕にすること、食事は寝る3時間前には済ませておくこと、リラックスできるウエアで眠ることなどの工夫をしてください。

6 バスタイムを有効活用!

毎日湯船につかることは、質のよい睡眠にもつながります。お風呂はリラックスできる最高のシチュエーションです。夏は39℃、冬は40℃くらいのお湯につかってください。半身浴より全身浴がオススメです。また、髪のケアにも大切な時間・髪のツヤが失われると老けて見えるという結果もでています。しっり洗い流す、トリートメントをまめにする、優しく洗うなど心がけてください。


2014/09/13 | キーワド: , , , | 記事: