Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!〈第17回〉~世界一クリーンな国・アイスランド~

Fotolia_64387957_Subscription_Monthly_M

本日も始まりました、『思わず、「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』のお時間。毎日、17時にUPされるので、どこかにお出かけをした帰りやソファでゴロゴロとゆっくりしている女性にご覧になっていただければ!と思うのです。

そんな、私の思いは置いておきまして(笑)。

今回調査してきた国は、「アイスランド」。

 

アイスランドといえば、思い浮かぶのが夜空に揺れるカーテン「オーロラ」を観ることができることでは!?

 

アイスランドは国中がオーロラベルトの直下に位置しているため、どこでもオーロラを見るチャンスがあります。なんといっても“人が生活できる場所”で見れるというのがアイスランドのオーロラの大きなメリット。また、今の時期、秋~冬にかけてが1番のピークともいわれています。

 

また、アイスランドの平均寿命は高く、日本に負けず「長寿な国」であるともいわれています。そのひとつの要因が“クリーン”な空気!

Fotolia_53645206_Subscription_Monthly_M

首都レイキャビクは、世界有数の「空気が綺麗な街」としても有名。しかも、アイスランドが誇る透明度は、自然だけではなく、政治や行政の空気も透明感のあるクリーンな優しい国なんです!それは、“もっとも汚職が少ない国”でもナンバー1になるほど。残念ながら、日本は10位以内に入っていないもよう……。

 

そんな“クリーン”なお国柄のアイスランド。きっとそこに住む人々は、心も体も“クリーン”な美女が多いはず!?

ということで、さっそく調査開始!!だって……美女に目がないんですもん(笑)。

 

不思議な蒼い空間「ブルーラグーン」
アイスランドの美肌SPOT

Fotolia_22143918_Subscription_Monthly_M

温泉大国でもある日本。そんな日本人も「え~!!」と驚き、仰天な体験ができるアイスランド最大の温泉とは??

 

【美肌度           ★★★★★

【死ぬまでには絶対行きたい度 ★★★★★】

【思わず、叫びたくなる度   ★★★★☆

 

アイスランドの南西部の首都レイキャビークの南西約40kmにあるブルーラグーン。温泉とはいっているけれど、実は天然温泉ではないんです!

ブルーラグーンの隣にある発電所が汲み上げた地下熱水の排水を利用して作られた温泉施設なんだそう。

その面積はなんと競技用プール(50m)5個分の5000平方メートルほどの大きさ!!

地下2000メートルから汲みあげた白濁した温泉水には、ミネラル、ケイ素、塩分など様々な成分を豊富にふくんでいます。そのため、アトピーや湿疹など皮膚病の治療効果や女性にうれしい美白効果があるそう。

 

しかも、お湯の温度設定は、コンピューターによって比較的ぬるま湯の38~40度で保たれているため快適な温度で入浴することが可能。一日中いることができる飽きのこないスポットといえますね!開放感あふれる空間での、入浴はリラックス効果にも期待大かと思います。

 

欧米の温泉なので、水着の着用は必須なので、お忘れなく~。

 

ぷるぷる”なモチ肌に!
「泥パック」で彼との接近戦も怖くない

実は、ブルーラグーンは、温泉に入るだけではなく、「泥パック」ができる温泉としても有名。それも、天然ミネラルがたくさん入った自然パック。みんなで、泥パックしている姿は少しシュールな感じ(笑)。

 

【信頼度        ★★★★★】

【誰もがうらやむ美白度 ★★★★★

【不思議な光景度    ★★★★

 

泥パックは、ブルーラグーンの中に2、3箇所、木の箱に入った状態で置かれています。

泥の中には、白色のケイ素がふくまれていて、肌をきれいにして、角質を取り除く効果があ るらしい。塗ってからは、10分ほど放置するといいようで、その間は泥パックをしたまま、温泉を楽しむ方が多いようです。

ブルーラグーンの泥パックは、とても貴重なものでネットで販売される商品はすぐに完売続出になるほど。現地に行った際は、ぜひGETしてみてください!!そして、その効果を肌で感じていただきたいです。

 

キンキン”の冷たさで引き締め効果!?
アイスランドならではの「氷河水スキンケア」

Fotolia_59802461_Subscription_Monthly_M

北緯66度に位置するアイスランドは、北極圏を除くと地球上でもっとも北にある島国なんです。そんなアイスランドは国土の約12%が氷河。この氷河には驚くべき美容パワーが隠されていたのです!!

 

【アイスランドさ度 ★★★★☆

【ミネラル成分の豊富度 ★★★★★】

【冬におすすめ度 ★☆☆☆☆

 

アイスランドは、自然が美しいまま残されたエコロジー大国としても有名です。その代表的な自然といえば、氷河。アイスランドの氷河下に存在する多孔質の溶岩岩石・火山灰によって300〜400年かけてじっくりと濾過され、不純物が取り除かれて地下に蓄積されたもの、それがアイスランド氷河水なんです!

アイスランド氷河水には、大切なミネラルがたくさんふくまれていることが特徴。

カルシウム→毛穴を清浄し、肌活性に効果的。

塩化物→肌に蓄積している老廃物を除去し、リフレッシュします。また、肌を柔軟に、なめらかに整えるのに効果的。

マグネシウム→肌を活性化し、肌のコンディションを正常化します。また、ストレスによって乱れている肌の環境を整えるのに効果的。

ナトリウム→肌に蓄積している老廃物を除去し、リフレッシュします。また、オイリートラブルや肌荒れケアに効果的。

硫酸塩→ストレスにより乱れがちな肌環境を整えます。またオイリートラブルケアに効果的。

シリカ→肌の柔らかさと弾力性の源、柔らかくハリのある肌に整えます。また、肌のうるおいを高めるのに効果的。

 

アイスランド氷河水は、通常の水より非常にクラスターが細かく、肌への浸透・吸収性にすぐれています。もっとも純度が高いため、現地の女性は当たり前なようにスキンケアに取り入れているようです。最近では、化粧品メーカーでも、氷河水を使ったものが多く出回っているため、ネットで買うことも可能なんだそう。たるんだお肌に、元気を与えるために良さそうですね♪

 

朝食に欠かせない!
ヘルシーなヨーグルト「スキール」

Fotolia_45647905_Subscription_Monthly_M

ヨーグルトなんだけど、そうじゃない。不思議なアイスランドの伝統的な乳製品「スキール」。実は、ヨーグルトよりもヘルシーで、健康的な食べ物なのでは?といま密かに話題になっているんだそう。

 

【日本での認知度 ★☆☆☆☆】

【高級度     ★★★☆☆】

【ブーム到来の予感度 ★★★★☆】

 

ヨーグルトから乳清を除去して作られる「スキール」は濃厚でクリーミー、朝食にもデザートにも活用できるため人気があります。まさに、国民食!

製法からすると厳密にはチーズに分類されるようです。気になる味、食感は、濃厚なヨーグルトというのが一番近くて、酸っぱさはなくモチモチっとした食感なのだそう。

この「スキール」が人気のワケは、「低脂肪で、プロテインがふくまれていて、タンパク質が豊富」というのが1番にあげられるようです!

アイスランドでは、ダイエットをするにしても、健康的で綺麗な体型を維持するためにタンパク質をたくさん取ることが大切だと考えられているからです。

 

最近では、アメリカでもブームになろうとしているらしく、とても注目度があがっています。日本でも、ブームになる日は近いのかもしれませんね♪

そのため、日本で似た商品で試すとなるとギリシャヨーグルトが1番近いかと思います。

ヨーグルトパックならぬスキールパックが流行する予感(笑)。

 

水中でやる瞑想“ただ浮くだけ”
癒やし効果バツグンの「フロートセラピー」

たまには、日々のストレスから開放されて、「無」の状態になるのもいいのでは?という発想から生まれたアイスランド発祥のセラピー。

 

【ズボラ女子おすすめ度     ★★★☆☆】

【日本での認知度        ★★☆☆☆】

【ストレス発散度        ★★★★☆】

 

みなさんは、お風呂に入っている時間が1番心地いいと感じませんか?

人は、水中に入るだけで筋肉の緊張が和らぎリラックスできるんだそう。そしてさらに効果的だといわれているのが、“水中に浮かぶ”ことです。

でも、ふつうの水やお風呂で浮くことは難しいかと思います。

そんな時に、使って欲しいのが「Float(フロート)」です。これを頭と脚につけるだけで、だれでも簡単に水中に浮くことができるのです!

img-920160528

イラスト/大坪ゆり

想像しただけでも、気持ちよさそう~。でも、何人もプールで浮いていたらちょっと怖いかも(汗)。

水に浮いているだけで、深い瞑想をしたときと同じような癒しの状態が得られるといわれています。ストレスを軽減するのはもちろん、痛みの緩和や不眠、抑うつなどの症状にも役立つフロートセラピー。忙しく働く人にこそ取り入れてほしいセラピーのひとつです。ネットでの購入が可能ですので興味のある方はぜひ!!

 

アイスランドの美容法は、水との関係性が深く感じました。やはり、自然でナチュラルなものが心身ともに効果的ということですかね。今年の秋は、ぜひオーロラを観に行きつつ、自分磨きの旅に出かけてみては、いかがでしょうか?

次回は、ちょっとマニアックな、でも、気になるアフリカの国の美容法をお届けしていきたいと思います!!

~Bless ブレス (またね~)~