Lifestyle

あなたのカラダの老化のサイン!?“顔の寝ぐせ”が意外と怖い件。

Fotolia_38742163_Subscription_Monthly_M

最近、なんだか顔のシワが増えたな~って感じることはありませんか??

それってもしかしたら、寝ぐせが原因かもしれませんよ!寝ぐせといっても、髪の毛の寝ぐせではありません。“顔の寝ぐせ”なんです……。

ドヤっているけど、ホントは最近知った、サトユリがお届けしていきます。。。

顔の寝ぐせって??

朝、起きた時に鏡で確認すると、髪の毛に寝ぐせがあったなんてことは多くの方が経験あるかと思います。そんなとき、顔にシーツのシワの跡やむくみにきがついたことはありませんか?それこそが、“顔の寝ぐせ”なのです。

顔の寝ぐせの原因って??

そもそも、どんなことが原因で顔の寝ぐせができてしまうんでしょうか……?原因を調査してみました!

むくみ

水分の代謝が低下すると肌がむくみやすい状態になります。寝る前に冷たい飲み物を摂る、塩分を摂るなどの行為はむくみ一直線。翌朝のむくみやなかなか消えないシーツの跡、左右バランスが気になる方は、寝る前にリンパマッサージを取り入れるだけで老廃物が流れるため効果◎。耳の下や鎖骨に優しく流すようにマッサージを。

乾燥

睡眠中に皮膚の表面が乾いてしまうと顔の寝癖はもちろん、シワの原因になります。洗い流さないナイトパックや布団に入る直前にもう一度クリームを塗るなど、寝る前にもう一度保湿ケアをしましょう。翌朝の目元やほうれい線の乾燥、シワが気になる方はその上からアイマスクやマスクをするのも肌のうるおいを守ってくれるためおすすめです。

弾力の低下

加齢と共にみられる現象で肌のハリに大切なエラスチンやコラーゲン線維の網状構造が崩れてしまい、結果肌が弾力性を失うことになり枕やシーツなどの跡も戻りにくくなります。翌朝の肌のたるみやシーツの跡、左右のバランスの崩れが気になる方は、寝る前と起きたあとに顔のエクササイズやハリ弾力アップのクリーム、コラーゲンのサプリやドリンクなどがおすすめです。特にエクササイズは毎日持続することが大切でおすすめは、口をこれ以上開かないというくらい大きく「あ・い・う・え・お」と開くのを3セットすること。

 

ここまで、原因をおおまかに3つに分けて紹介してきましたが、1番大きな原因としてあげるとしたらむくみ。むくみは、年齢があがるごとに悩んでいる人も数も比例しているんだそう。

そこで、ここからはそんなむくみを解消できる方法を解説。

むくみ知らずの女性が密かにやっていたコト3

糖分を控える

むくみの大敵といえば塩分というイメージが強いですが、糖分もなかなかのもの。「高保湿タイプ」と言われるボディケア用品には糖分が含まれているものが多く、ローションティッシュの保湿に使われているのも糖分です。(「鼻セレブ」を口に入れたら甘かったなんて噂も…!)

糖分は体の中に水分を蓄えておく力が強く、スイーツの食べすぎなどはてきめんにむくみます。甘みは口当たりがいいため、食事の塩分と違って摂りすぎに気付かない事も。ドリンク類を無糖にするところからでも始めてみましょう。

朝のトイレ

お通じ的にも「朝はトイレの時間をゆっくり取りましょう」とはよく言われますが、朝は、寝ている間の排泄されていない尿が体の中に順番待ちしている状態です。これをきちんと出しておかないと体の中に老廃物がたまってむくんでしまいます。

人間の体内の毒素の9割以上はトイレでの排泄で行われます。デトックス効果は一番です。朝の顔のむくみも素早く解消できます。

起きたら水分をきちんと摂り、午前中は意識して回数多めにトイレに行きましょう。

水分補給は水

水分補給は、カラダに溜まった老廃物を流す作用があります。だからといって、トイレにたくさん行くために利尿作用のあるお茶やコーヒーばかり飲むのもNG!利尿作用が高すぎると老廃物を出す前に尿で水分だけが出て行ってしまうため、水分をとってもむくみが改善されません。常温の水や湯冷ましがオススメです。

トイレに一回行ったらコップ一杯の水分を補給するサイクルが理想的です。一気飲みしないで一口ずつゆっくり飲むのもポイントです。

 

いかがでしたか?朝起きたら、別人!なんてことにならないように、日々の生活習慣から見直していく努力が必要ですね。でも、寝ているときに寝相なんて自分自身分からないですよね。次回は、そんな顔の寝ぐせができてしまった後のアフターケアをいくつかご紹介していきますね★

 


2014/09/25 | キーワド: , , , | 記事: