Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!~〈第21回〉美活盛んな常夏の国・マレーシア~

Fotolia_66641537_Subscription_Monthly_M

『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』も、連載を開始して、21回目となりました~!今回は、東南アジアの「マレーシア」の美容法をリサーチしてきました。「なぜ、マレーシアなのか?」って……、なんだか気になってしまったという素直な気持ちが理由です。。。そのなかでも、「なまこ石けん」なるものを気になってしまったのですよ!!日本でも、一時期長崎のなまこ石けんが流行していたのも記憶に新しいのでは?

いったい、どんなものなんだろう……(汗)。その正体はのちのちご紹介していきます。

マレーシアの首都「クアラルンプール」。マレーシア最大の都市でもあります。そんな都市のシンボルとして有名なのがペトロナス・ツイン・タワー!

Fotolia_3385659_Subscription_Monthly_M

1998年に完成したマレーシアのクアラルンプールにある超高層ビル。20世紀の超高層ビルとしては最も高い、高さ452mの88階建てで、マレーシアの国立石油会社ペトロナスによって建築されたといわれています。※ 二本のビルが対になっているツインタワーとしては依然として世界一の高さの意味。

市内では、都市開発が次々にされている一方では、まだまだ歴史的建造物も数多く残っています。

Fotolia_59950185_Subscription_Monthly_M

マレーシアは、超多民族国家でいろいろな人種の人たちが同じ場所に暮らしている国として、非常に珍しい国でもあります。その多くは、マレー系、中国系、インド系とされています。

Fotolia_71524655_Subscription_Monthly_M

とくに、中国系の美女の顔立ちは、日本人が好む美女の似た顔立ちで人気が高そう。

いろいろな人種が多いということは、単純にきっといろんな伝統も生活のなかで受け継いでいるに違いない。きっと、美容法も……!!

ここからは、リサーチしてきたマレーシアの美容法をお届けしていきますよ~★

美容効果バツグン!!
おみやげにもぴったりな「なまこ石けん」

Fotolia_54362753_Subscription_Monthly_M

みなさんは、「なまこ石けん」を知っていますか?実は、マレーシア旅行のおみやげとしてはポピュラーなものなんです。「なまこ」といえば、あのヌメヌメとした海の生き物のイメージ。あまり、いいイメージはありませんが、そんな「なまこ石けん」には意外にも美容に効果バツグンだったということを知っていましたか?

 

【使ってみたくなる度 ★★★★★

【まなこの好感度   ★★★★☆】

【高級度       ★☆☆☆☆

 

なまこ石けんは、マレーシアの名産品としてあつかわれています。

そのなまこのヌメヌメとしたものが、しっとりとしたスベスベ肌に導いてくれるのだとか!

このなまこ石けんが生まれたのは、マレーシアにあるランカウイ島。ランカウイ島に住む女性たちが、500年も前からなまこの優れた能力に目つけていたそう。なまこは、自分自身の傷を癒やす力に優れている点がポイント!

なまこは、トカゲのように体の一部がとれてしまっても、新たに再生することができるほどの高い再生機能を持っているのです!!その頃から、島の人々はなまこの油を傷や火傷の薬として使っていたともいわれています。

その治癒力に目をつけて、肌の回復にも役立つのでは?という考えから生まれた石けんなのです。

さらには、血液を作る作用や、腸の老廃物排出、肝臓の機能を調整、新陳代謝のアップなどの効果もあって、健康維持にも!!

マレーシアでは、石けんだけでなく、なまこ油、なまこシャンプーなどと活用法も豊富にあるみたいです。

しかも、値段的には日本円にして300円程度。おみやげとして配る際にぴったりだということも、うなずけます。。。

あのヌメヌメもバカにはできませんね……。マレーシアでしか手に入れないのかと諦めるのははやいですよ。実は、日本製のなまこ石けんがあり近年、人気度も注目度も高いそう。

長崎 なまこ 石けん と検索してみてください。

 

抗酸化作用が高い!!
“世界最大の果実”「ジャックフルーツ」

最近、日本でも広まりつつある“スーパーフルーツ”と呼ばれる果物のひとつ。他には、アサイーやザクロ、マンゴスチンなどがあげられます。スーパーフルーツは、マドンナをはじめ、ヴィクトリア・ベッカム、ミランダ・カーなどのハリウッドセレブやモデルも愛食しています。そのなかでも、このマレーシアでは「ジャックフルーツ」が多く採れるんだそう。

 

【入手度       ★☆☆☆☆

【クセのある香り度  ★★★★☆

【スーパーフルーツ度 ★★★★★

 

日本では、唯一沖縄の一部に生育しているといわれ、日本にはあまりなじみがない果物とされています。“世界最大の果実”と呼ばれていて、実は黄色くて、ちょっとドリアンと似たような香りがあるそう。

ジャックフルーツはβカロチンが多く含まれておりシワ・肌荒れ防止効果が期待できるんだとか!また多くふくまれる物質の1つペクチンは 悪玉LDLコレステロールを下げ、動脈硬化や心筋梗塞・糖尿病や高血圧の予防に効果があるともされています。

Fotolia_49013951_Subscription_Monthly_M

マレーシアでは、熟す前のジャックフルーツを料理に入れて、栄養を採り入れているそう。旅行で行った際は、ぜひご賞味あれ♪

厳しい決まりのなか生まれた
イスラム教徒から愛される「ハラルコスメ」

国民の約 6 割がイスラム教徒のマレーシア。イスラム教徒が食べてよい物には“ハラルマーク”というものが貼られているんだそう。コスメにも、このマークが貼られている場合があります。「ハラルコスメ」っていったいどんな意味なの!?

 

【認知度 ★★★☆☆】

【高級度 ★☆☆☆☆】

【入手度 ★★★★☆】

 

「ハラルコスメ」とは、豚に由来する酵素やタンパク質など、イスラム教徒にとって NG なものが入っていない化粧品のことをいいます。イスラム教徒は豚を食べてはいけない。豚だけでなく、アルコールもダメ。もっと細かくいうと、魚、鳥や牛も、イスラム教の作法に従って解体、精肉されていないものはダメなのです。

そのかわりにショウガや真珠の成分を配合している「ハラルコスメ」が美白・保湿効果に期待できるとされ人気が高いんだそう。

化粧品にふくまれている成分等で、タブーが少ない日本では珍しい独特なコスメかもしれませんね。

 

有名な若返りSPOT!!
信じるか信じないかはあなた次第「マスリの伝説」

 

むかし、むかしの話マスリという名前の美しい女性がいたんだそう。街でも、人気のある女性がある日、処刑されています。そんな少しシリアスなお話と美にどんなつながりがあるのでしょうか……?今回はテイストを変えて、物語チックにお伝えしていきます。。。

 

【信頼度            ★★★★☆】

【伝説にあやかりたくなる度   ★★★★☆】

【美旅SPOTおすすめ度     ★★★★★】

 

むかし、むかし、マスリという美しい女性は、村長の息子に見初められ結婚をしました。夫が戦場へ赴いて不在のある時、ある旅人が村を訪れました。長い旅で疲れきっていたこの旅人をマスリは親切に世話をしてあげました。その噂はたちまち村じゅうに知れ渡り、優しく美しいとマスリは村の人気者になりました。そんなマスリを義母は激しく嫉妬し、夫である村長にマスリが不貞をはたらいているという嘘をおしえます。村長はたちまち怒りに狂い、マスリを死刑にしてしまいました。するとマスリの体からは“身の潔白を証明する白い血”が流れたのです。そして死の間際に、島は7代にわたり災害が起こると 島を呪ったのです。その後、7代の間ランカウイ島は貧しい漁村しかありませんでした。 その7代も過ぎ、現在ではマレーシア随一のビーチリゾートとして栄えているのです。

 

マスリの墓は、マスリ伝説の記録を展示する「コタ・マスリ」にあります。

そのコタ・マスリには、顔を洗うと“10歳若返るといわれる井戸の水”があるそう!!

旅行で行った際は、ぜひ試してみては?また、その井戸の水は飲料水ではないので間違って飲まないように気をつけてくださいね(笑)。

 

まかふしぎな光景!!
鼻炎が治る!?伝統「ハーブ治療」

 

女性にも財布にも優しい美容国であるマレーシア。街なかにも、手軽に立ち寄れるマッサージ屋が多いことが一番の理由かと思います。

マッサージ屋が目立つなか、こんな変わったお店もあったんですよ……(笑)。

 

【すっきりしそう度    ★★★★★】

【見た目の衝撃度     ★★★★★】

【あれ?美容と関係ある度 ★★☆☆☆】

 

日本では、お目にかかれないハーブ治療のうち人気のあるものが「レズドン・リリン」=「蓄膿症のろうそく」という名の鼻炎の伝統薬。この先端部分に火をつけると、もう片方の端からもくもくと煙がでてくるんだそう。それを、顔のまわりでぐるぐると回しながら顔全体に煙をかけていくんだそう。

しかも、この治療は夜市のど真ん中で、行われているところもあるようです。

img-X18150440

……なんとも不思議な光景ですね(汗)。わたしなら、走って逃げてしまうかも。。。はい、ただのビビリです(笑)。

 

いかがでしたか?

私は、まだマレーシアに行ったことがないのでなんだか新鮮な気持ちでリサーチすることができました!まあ、海外だと韓国にしか行ったことがないんですけどね……(笑)。マッサージ、コスメに頼ってもダメだったらマスリの伝説のようなパワースポットに行ってみるのもアリかもしれませんね♪

まだまだ、『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』は続きますよ~。来週

もお楽しみに❤

~Jumpa lagi (ジュンパ ラギ) また会いましょう~


2014/10/19 | キーワド: , , , | 記事: