Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!~〈第22回〉美しい迷宮都市をもつ国・モロッコ~

Fotolia_61241810_Subscription_Monthly_M

2015年に向けて着々と、時が過ぎていくことになんだか少しセンチメンタルになっている今日この頃。サトユリです。

連載が始まって、もう少しで1周年のようです。今年の年末はどこかに行きたいな~思っています。たぶん、思うだけなんですけどね。

……、それでは、はりきって今週も『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』をお届けしていきますよね~!

今回は、アフリカにある国「モロッコ」。「アフリカだから、一年中常夏!」と考えている場合が多いですが、実は間違い。一年中温暖な気候の大西洋沿いの海岸から、アトラス山脈の高地、典型的な内陸性気候であるサハラなど、モロッコの大地は場所によって気候はさまざまなのです。また、日本のように四季があることも特徴的です。

Fotolia_65487010_Subscription_Monthly_M

神の国の意味を持ち、モロッコの代表的なスポットと言えば「マラケシュ」。旧市街は、世界遺産にも登録されており、ジャマエルフナ広場は、朝も昼も夜もたくさんの人が集い活気であふれています。ちなみにジャマエルフナというのは「死人の集会所」という意味をもっているとか。

実は、そんなモロッコの人口の過半数を占めるといわれているベルベル人という先住民がいます。このベルベル人の女性は、いまではコスメなどにも当たり前に使われ、“黄金の液体”親しまれている「アルガンオイル」を伝統的に作り続けている民族なんだとか。

Fotolia_69806470_Subscription_Monthly_M

現在、放送中のドラマ「ファーストクラス」でも活躍中の女優・沢尻エリカさんのお母さんはアルジェリア生まれフランス育ちのベルベル人なんだそう!

沢尻さんの美貌はお母さんの血を受け継いでいるからなのかも……!

そんなモロッコの美容法をリサーチした結果を報告していきたいと思います。

 

世界が注目!!“黄金の液体”
美容にも健康にも良い「アルガンオイル」

Fotolia_46157370_Subscription_Monthly_M

モロッコといえば、やっぱりアルガンオイルですよね。日本でも話題になっているこのオイルに隠された美容効果にちょこっと迫ってみました。

【お手頃度   ★★★☆☆】

【注目度    ★★★★★】

【セレブ愛用度 ★★★★☆】

モロッコの南西部にしか生息しないアルガンツリー林は、ユネスコ生物圏保護区域に指定されている貴重な木で、その根は地中深くにまで伸びています。そんな貴重な木から採れる特別なオイルこそアルガンオイル。

実は、モロッコの遊牧民の間では、料理や薬剤、美容目的として珍重されていたのだとか。

モロッコの乾いた土地で、枯れることなく、充分に養分を蓄え、自生しているアルガンツリーは、種にオリーブオイルの数倍ものビタミンEをふくみます。栄養価が高く、モロッコでは傷薬としても使用されていることから、アルガンオイルは『奇跡のオイル』と呼ばれていました。

アルガンオイルの成分は、肌の組織と似ているため、肌との親和性が良く、肌内部に浸透して、細胞膜にまで届き、コラーゲンを守るはたらきに期待できるといわれています。

 

肌のあらゆるトラブルにも、効果が期待できるため、乾燥が気になるこの季節にはぴったりかもしれませんね。「そういえば、オイルなくなってたな~」と思い出した方!ぜひとも、使って実感してみてくださいね♪

 

モロッコの“美”発酵調味料
家庭に一つ!「レモンソルト」

Fotolia_70694731_Subscription_Monthly_M

日本でも、最近話題なレモンソルト。本場モロッコでは、各家庭さまざまなレシピがあるんだそう。

【高級度           ★☆☆☆☆】

【自分なりにアレンジできる度 ★★★★★

【良いこと尽くし度      ★★★★

レモンの酸味は肝臓をいたわり、デトックス効果があるともいわれています。また、脂質や脂肪を分解する作用をもっているクエン酸も豊富にふくまれているため、とくに女性にうれしいダイエット効果に期待大!!

さらには、美肌効果もあるビタミンC、リラクゼーション効果が高いリモネンという香り成分も。

【モロッコ式レモンソルトの作り方】

材料

レモン(国産)・・・3~4コ

粗塩・・・カップ1~1と2分の1

作り方

・レモンは洗い、水けをふき取る。1コ、4~5等分の乱切りにする。

・清潔なビンに塩・レモン・塩の順に重ねて入れ、一番上に塩がくるようにして詰める。

冷蔵庫で保存し、時々瓶をふって上下を返す。

※1週間後から使用可能。

ちなみに、手元にレモンがないという方!レモンを想像するだけでも効果があるんだとか……。なんでも、あの酸っぱい感じを想像するだけで唾液の分泌が高まりアンチエイジング効果に期待できるんだそう。

 

次世代ルーキーオイル!
スゴイぞ!「サボテン種子オイル」

Fotolia_69666348_Subscription_Monthly_M

モロッコといえば、アルガンオイル!もう美容的には古いかも!?最近、アルガンオイルの次世代ルーキーオイルといわれ始めているものがこのサボテン種子オイル。なんと、アルガンオイル以上の抗酸化力、保湿力を持っているらしい!

【次、買うならコレ!度 ★★★★☆

【認知度        ★★★☆☆

【高級度        ★★★★☆

サボテン種子オイルとは、モロッコに自生しているウチワサボテンの種子から抽出されたオイルのこと。ゴマ粒ほどの種子なので、採取できるオイルはわずかしかないともいわれています。サボテン種子オイルは、アルガンオイルの1.3倍のビタミンEを含み、抗酸化作用を発揮するほか。 肌を保護するステロールという物質もアルガンオイルの11倍配合されているため保湿も期待できます。

モロッコのコスメブランド「ローズ ド マラケシュ」は他のオイルとブレンドすることなく、サボテン種子オイルが98%以上も入った贅沢なオイルとなっています。

ちなみに、「これは日本で買うことができないのか?」と思った方!実は、前回『ベツバラ』スタッフがこの「ロード ド マラケシュ」を使ったヘッドスパを体験しているのです。

↓(コチラをチェック!)

今、話題のヘッドスパで健康で綺麗な頭皮と素髪にリセット♥【Beautyヘア体験レポ】

“サボテン種子オイル”で頭皮と毛髪を若々しく導く銀座サロン❤【ビューティーレポーター体験レポ】

 

また、モロッコではサボテンは食べ物としても売られているんだそう。日本でいう八百屋的な感じにね(笑)。

 

女性のお肌磨き処!!
モロッコの公衆浴場=「ハマム」

モロッコに美容を感じる旅に来た際に、欠かせないもの……それこそがハマム。

ハマムとは、「熱い空気」「湯の供される場所」という意味で、蒸し風呂(スチームバス)のことをいうんだとか。

【美肌期待度        ★★★★★】

【現地でのポピュラー度   ★★★★★】

【歴史の深さ度       ★★★★☆】

もともと、ハマムは11世紀にトルコから伝わったスチームサウナとスペインの垢すりを融合されたものといわれています。当時は、イスラム教徒であるモロッコ女性にとってそこは唯一の社交の場ともなっていました。

ハマムの内部は大きく分けると3つの部屋で構成されています!1つめは、40~45℃の高温に設定されたスチームサウナルーム。ここではたくさんの汗をかき、毛穴を開き、垢すりをしやすい肌環境を整える部屋となっています。身体が温まるということは、血行が良くなるということなので、それによって病気が治ってしまう人もいるんだとか……!

次に向かうのは、25~30℃に設定された低温のサウナルーム。ここに設置された石のベッドに横たわり、サボンノワール※1をつけて、古い角質を柔らかくした後、垢すりをしていくんだそう。

※1スパ発祥の地といわれるモロッコで、数百年以上の昔から愛用されてきたマストアイテムがサボンノワール(ジェル状石けん)。優れた抗酸化作用があり、栄養分豊かな天然の黒オリーブを手作業ですりつぶして3ヶ月以上も熟成させてあります。

 

3つめの部屋はリラクゼーションスペース。

ここでおしゃべりをしたり、ミントティーを飲んだりして身体を休めるところのようです。

また、モロッコの女性はハマム後に家に帰ってから肌の手入れをする人が大半なんだそう。一番有名なものでは、ガスールと呼ばれるミネラルがたくさん入った土にお好みで水やハーブなどを入れてオリジナルパックをするんだそう!モロッコ女性の美意識の高さには驚きですね。。。

 

髪は女性の命!
カラーリングは「天然ヘナ」

日本では、市販のカラー剤や美容院に行ってカラーをするのが当たり前ですよね?実は、モロッコ女性の美しい髪の色は、天然ヘナのおかげなんだとか!!

【キレイなカラー度  ★★★★☆】

【美容万能度     ★★★★★】

【手に入れたくなる度 ★★★★☆】

ヘナは北アフリカ原産のハーブの一種で、乾燥させた葉の粉末が古来よりヘア&ボディの染料として活用されてきたんだそう。

とくに、祝い事や行事ではヘアカラーとして、ボディペインティングとしてなど良く使われているようです。

Fotolia_71365419_Subscription_Monthly_M

ヘナは、口に入れても平気なナチュラルなものだから、髪を傷めるという心配もないんだとか!!

カラーリングは、もちろん髪色をトーンアップしてヘルシーな状態をキープするという効果にも期待できます。

使い方は簡単で、通常、粉末で売られているヘナを水で溶かして塗るだけ。これだけで色がちゃんとでるなんてウソみたいですよね。

 

また、世界3大美女としても知られているクレオパトラは、ヘナを使ってマニキュアにしていたともいわれています!活用の方法が豊富なヘナは、まさに美容にうってつけの万能ハーブなのではないでしょうか❤

 

某有名コスメブランドも惹かれた!?
モロッコ女性のアイメイク「コール」

美意識の高さは、世界基準としても高めなモロッコの女性。実は、アイメイクにも独自の伝統的なルーツがあり、しっかりとした意味のあるアイメイクをしているんだそう。しかも、世界的有名なコスメブランド「ロレアル・パリ」がそのメイクを元にして、商品化したアイライナーも!!

【認知度                     ★★☆☆☆

【マネしたくなる度                ★★★☆☆

【なんだか、肩が重い……。そんな人へのオススメ度 ★★★★★

あなたは、メイクをする際にどんな意味がありしているのかということを考えたことはありますか?

モロッコ女性の目もとは、黒いアイラインが太めに引かれていて、強い女性、凛とした女性のメイク。実はこのメイクは、「コール」と呼ばれるもの。一見、目を大きくしたいがためのかと思いますが、魔除けの意味もあり邪悪なものを取り払う効果があるんだそう。

また、目薬と同じ効果もあり悪いものを出してくれるんだとか!

adecvADqvc

イラスト/大坪ゆり

ちょ、ちょ!別に太く引けば引くほど、魔除けできるというものではないですよ(笑)。

くまのようで、返って心配されちゃうかもよ……。

 

いかがでしたか。

あなたのモロッコへのイメージが少し変わってきたのではないでしょうか?

私自身、モロッコの女性がこんなにも美意識を高く持っているという点に驚いております。やはり、国は違えど女性の“キレイでありたい”という思いは同じということですね!私も、頑張らなくては……(汗)。

~ビッサラーマ bi ssalama さよなら~

※ 平和とともにという意味が込められているらしい。なんかいいね。