Lifestyle

脱・飲み会デブ!太らないための7ヵ条

13

お仕事をしている皆様、毎日お疲れさまです。毎日一生懸命働いている人でお酒が好きなら1週間の終わりには1杯やりたくなっちゃいますよね。お酒好きな女性の1カ月の飲み会平均回数は月4回以上で、多くの人が週1回は飲んでいるようです。

ですが、飲み会があまりにも多いと体型のことが気になりますよね。飲み会に参加しても太らない7ヵ条をご紹介します。

飲み会デブにならないための7ヵ条

①朝・昼はきちんと食べる

今夜は飲み会だからな~と言って、朝ごはんや昼ごはんを抜くのは絶対にやめましょう。空腹時は栄養の吸収率があがるので余計なカロリーを溜め込みやすくなってしまいます。ドカ食いの危険性もあるので、いつもよりちょっとヘルシーメニューにして空腹だけは避けましょう。

14

 ②カロリーの低いものから食べる

“食べ順ダイエット”があるくらいなので、太りたくないなら食べる順番は超重要!まずは空腹を満たすためにもサラダ、枝豆、冷奴、などのローカロリーフードから食べること。

また、野菜などの食物繊維の多い食べ物を先に胃に入れておくと、糖質の吸収がゆるやかになって脂肪になりにくいようです。同様にアルコールの吸収もおさえられるので、悪酔い防止にもなりますよ。

 ③自分が食べる分を小皿に取り分ける

飲み会のメニューといえば大皿にドーンと盛られていることが多いですよね。そこからちょっとずつつまんでいると、いつの間にか食べ過ぎた!なんてことも。自分が食べた量がわかるように、最初に食べる分だけを取り分けるのが賢いやり方です。ついでに皆の分も取り分けて、同僚にも友人にもさりげなく“デキ女”アピールを♥

16

 ④低カロリーのアルコールを選ぶ

「お酒はエンプティーカロリーだから太らない!」なんて情報をよく耳にしますが、それは誤解です。確かに、アルコールのカロリーは他(アルコール以外で摂取した食べ物など)のカロリーよりも優先的に消費されるため体内に蓄積しないと言われています。

しかし、アルコール自体は高カロリー!!それを消費してからやっと食べ物のカロリーを消費し始めるのです。“エンプティーカロリー=0カロリー”という間違った認識は捨て、飲むときはやっぱり低カロリーのアルコールを選びましょう。

 

◆主なアルコールのカロリー ※高カロリー順

カルーアミルク(1杯) 約205kcal

生ビール(中ジョッキ1杯)約200kcal

カシスオレンジ(1杯) 約175kcal

サワー(1杯) 約140kcal

ウーロンハイ(1杯) 約90kcal

グラスワイン(1杯) 約70kcal

 

ダイエット中のアルコール摂取は200kcalが理想と言われています。なので、乾杯の一杯でもビールは避けたいレベル。低カロリーなお茶割りやワインを2杯ほど飲んで、あとはお水や烏龍茶に切り替えるのがおすすめです。

12

 ⑤メニューを事前に把握

絶対に太りたくないと思っている人は、事前にメニューをチェックしておくのが必勝法。ほとんどの飲み屋が予約時に料理をあらかじめ決めることができるはず。先に知っておけばヘルシーな料理だけを狙って食べることができ「次何が出るかわからないからとりあえず食べよう」なんて事体を避けられます。

なので、もし幹事を任されたら断らずに好チャンスだと思って引き受けてください。ヘルシーメニュー満載の居酒屋をピックアップすれば、ストレスなくお腹も満足するはずです。

11

 ⑥帰りはひと駅多めに歩く

楽しく食べて飲んだあとは、「ひと駅ウォーキング」をして帰りましょう。最寄りのひと駅前で降りて、いつもよりもスピードを上げて歩けば食後のいい運動です。

『ひと駅ダイエットウォーキング』というアプリを使えば、簡単にひと駅分のカロリー消費量が測れます!

ここでひとつ注意したいのが、歩いているとついついコンビニの誘惑に負けそうになること。飲んで気がゆるみ、スイーツやレジ横の揚げ物を購入!なんてことにならないようにしましょう。

 ⑦次の日はリセットDAYにする

飲み会の翌日は必ずリセットDAYにします。その日はたくさん水を飲むようにし、朝はバナナを食べるのがおすすめ。バナナに含まれるカリウムが、太る原因となる“塩分”の排出を促してくれます。

15

 

体重がちょっとでも増えたと感じたらすぐにダイエットしないと、太ったことに鈍感になってしまいます。この7ヵ条をしっかり守って飲み会デブを卒業し、きたる忘年会シーズンに備えましょう。


2014/11/11 | キーワド: | 記事: