Lifestyle

健康志向な女子、駆け込め!「SHIBUYAパティシエスムージー」の原点「ティ・ロランド」❤【ベツバラ取材】

7

ここ数年、とくに女性のなかでパンケーキブームとなっていますが、その次にくるのではと予測されているスイーツこそ「クレープ」。

そこで今回、本格的なクレープが食べたい方、どこがいいか悩んでいるという方向けの【ベツバラ取材】としては初となる「カフェ取材」に先日、行ってきました!

記念すべき、第1回目は渋谷・松涛にある「ティ・ロランド」。

 パリ仕込みの本格派フランス料理が味わえる!

1937年創業、パリで最も古い歴史を誇るクレープリーの3代目オーナーのプロデュースにより、2010年に渋谷・松涛にオープンした「ティ・ロランド」は、日本にいながら本格的なガレットとクレープを味わえるレストランです。

ブルターニュの伝統的な味を提供するために、フランスから直輸入した食材と国内で厳選した食材を使用し、フランス人シェフの手により完成させたレシピはこのお店でしか食べることができません。

その味は、「ミシュランガイドの調査員が選んだ美味しい一皿」を気軽に味わえる、東京のフランス料理店を紹介する「ボンヌ・プティット・ターブル・東京」でも紹介されています!

口コミサイトでも、多くの女性が“また口にしたい”とコメントが寄せられるほどの人気と注目度の高いお店です。

 『SHIBUYAパティシエスムージー』の原点でもあるクレープ!

今回、実際に取材に行った際に、オーナーである服部さんにおすすめのクレープ「塩バターキャラメル」と「バラ色の人生」をつくっていただきました!この2つは、「SHIBUYAパティシエスムージー」のもととなっているもの。

14

リンゴの甘煮と塩バターキャラメル  1,150円(税込)

13

バラ色の人生 1,400円(税込)

実際に、試食させてもらえることに!!

「塩バターキャラメル」のお味は……、今までの私が食べていたクレープとは全然違う!!と思わず口にしてしまったくらいの衝撃を受けました。これが、大げさじゃなくて本当に!クレープのなかには酸味が少し残ったリンゴが入っています。その味とクレープにかかった塩キャラメルがすごくマッチしているんです。塩キャラメルの甘すぎない感じがいい!見た目はボリューミーだけど、全然重たくなくてどんどん手が進んじゃいました!

また、服部さんの粋なはからいで、フランスではとてもポピュラーだといわれるシャンティクリームをトッピングして食べることに!!また、違った味を楽しむことができました。ちなみに、私はクリームをつけたほうが好きでした(笑)。

12

シャンティクリーム トッピング料 260円(税込)

*「バラ色の人生」のお味は……、口に入った瞬間に、バラの香りが口いっぱいに広がるんです。とっても上品な味で、なんだか食べただけで女度が上がったような感じがしました(笑)。色みもキレイで鮮やかなので、食べる前に目でたのしむことができる新しいクレープだなと感じました!中のアイスクリームも美味しく、さっぱりとした味わいになっていました。

◆ オーナーである服部さんに取材!

-フランスでも塩バターキャメルは人気のあるクレープなのですか?

服部さん:塩バターキャラメルは、クレープの中では比較的王道といえます。日本では、塩バターキャラメルという味は、最近はかなり認知度も高くて人気も高いんですが、当時、私がフランスにいた当時は、実は逆にあまりなかったんです。いまでは、フランスでも一般的ですが。フランスでの定番クレープといえば、バターで風味を付けた生地に砂糖やジャム、チョコレートソースをかけたものなど、シンプルなものが多いんですよ。

-塩バターキャラメルへのこだわった点を教えて下さい!

服部さん:そうですね。クレープに入っているリンゴがポイントです。フランスだとキャラメリゼしたものが一般的ですが、ティ・ロランドではキャラメルの甘い味に合わせるために、甘煮にしてさっぱりとした味にしています、組み合わせを考えて。

-2つ目のバラ色の人生を作ることになったキッカケを教えて下さい!

服部さん:ちょっと長くなっちゃうんですけど(笑)。もともとフランスのブルターニュ地方の

クレープリーのメニューは比較的シンプルで、どこも似たようなものが多いんです。でも、日本で本場のメニューを忠実に再現してもそのままでは食通の多い日本人のお客さまには物足りないじゃないかと感じたんです。ですので、ガレットもクレープも日本のお客さまにご満足いただけるよう、伝統的なメニューに加え、より手のかかった美味しくて洗練されたものを考え、ティ・ロランド風に作っています。

それで、直感的だったのですが、女性にバラがテイストになったクレープを食べていただきたいと思ってこれを作ったんです。

-なるほど。こだわった点はありますか?

服部さん:このクレープの上品な香りはブルガリア産のダマスクローズのエッセンスが演出してくれています。形や生地のピンク色はスタッフと話し合いながら決めました。名前は、皆が知っている歌の題にしようと私がつけたんです。

-渋谷とは思えないくらい、店内の印象がすごい落ち着いた雰囲気で素敵ですが、お店の雰囲気はフランスのブルターニュ地方をイメージしているんですか?

11

服部さん:実は、してないんです(笑)。日本のクレープを扱っているお店は、フランスの田舎のような可愛らしい店作りが多いんです。でも、私はそうではなく、パリやニューヨーク、ロンドンの街角にありそうな都会っぽくてオシャレなお店にしたかったんです。大人が食べにいけるガレット、クレープのお店を目指していたので。ですので、お客さまも他のお店に比べると年齢層が少し高めかもしれませんね。実際日本のコアなガレットファンの若い女性からは当初敬遠されました(笑)。でも最近ではおかげさまで、少しずつ認知度も上がってきたのか、若いお客様も多くなってきたように感じています。

1

(服部周裕(はっとりちかひろ)東京都生まれ。大学でフランス語学を専攻、卒業後渡仏。パリ第4,第3大学で学んだ後、パリ第8大学大学院に進み、在籍中に帰国。3年間のPR会社勤務を経て、テーブルウェアを扱う会社の経営に参画。直営ショップの展開、フランスからのテーブルウェアの輸入・販売、オリジナル商品の企画・製作・販売を行う一方で、徐々に業務内容をデザイン、企画、販売促進等に拡げる。ホテル、レストラン、航空会社などのテーブルウェアのコーディネート、大手ホテルのウエディング総合プロデュース、パンフレット等の印刷物やホームページの企画製作に長年携わった後、2009年にティ・ロランドの企画に着手。1年半近い準備期間を経て、2010年7月に渋谷区松濤に1号店を開店する。)

 

 「SHIBUYAパティシエスムージー」を紹介!!

最近の健康志向への意識は高まるばかり。そのなかでも、スムージーはもはや定番といえるくらいの健康食ですよね?でも、「短時間で野菜やフルーツを使って作るのはめんどくさい」「味が好みのものが少ない」などと感じている人も多いのでは?そんな方にも、ぜひとも飲んで欲しいスムージーこそ、「SHIBUYAパティシエスムージー」なのです!

2

SHIBUYAパティシエスムージー 塩バターキャラメル味 2,400円(税込)

3

SHIBUYAパティシエスムージー バラの香りとミックスベリー味 2,400円(税込)

 

この2つのスムージーは今回、取材してきました「ティ・ロランド」の大人気なクレープ“ティ・ロランド風塩バターキャラメル”と“バラの人生”の味をもとに作られています。

「ふつうのスムージーは飲み飽きた!」「スイーツ感覚で飲みたい!」という方には、ぴったりかと思います。

しかも、「塩バターキャラメル」は26カロリー、「バラの香りとミックスベリー」は27カロリーと低め!甘いとカロリーが高いのではと心配になりますが、その心配もなさそうなので、とても女性にやさしいスムージーといえそう。

さらには、ダイエットサポート成分と美容成分も豊富にふくまれているので、置き換えダイエットにも飲めるのがうれしいポイント★

詳しく、「SHIBUYAパティシエスムージー」について知りたい方!

こちらからどうぞ→ www.dreamvs.jp/sg/517878

「ティ・ロランド」では、今回クレープをピックアップして紹介していましたが、実は、ほかにもこだわりあるメニューがいっぱいなんです!「ティ・ロランド」で食べることができるメニューから服部さんのおすすめ3つがコチラ!

4

ブルターニュ風ソーセージのガレット ”ブルトン”1,700円

5

イワシのソテーのガレット “コンカルノー”1,700円

6

フランス家庭料理 “牛肉の赤ワイン煮”2,100円

 

なんだか、写真をみているだけでもヨダレが…でそう…。ランチはもちろん、ディナーだってシェフが腕によりをかけた料理を食べることができますよ~♪

ティ・ロランドの本-(表紙)

クレープリー ティ・ロランドのガレット&クレープ 2,376(税抜)

また、ここでは紹介しきれない「ティ・ロランド」のガレット&クレープがたくさん紹介されているこちらの本もチェックしてみてくださいませ。

渋谷に行った際は、覗いてみてください!そして、あなた自身の舌で味わってみてくださいませ❤

 

「ティ・ロランド」

〒150-0046 東京都渋谷区松涛1-28-11 TEL. 03-5456-8177

営業時間:11:45 – 23:00(22:00ラストオーダー)月曜日定休

※月曜日が祝日の場合は翌火曜日 http://www.ti-rolande.com/

15


2014/10/28 | キーワド: , , , , | 記事: