Lifestyle

もうすぐ解禁!ボジョレーイベントで、キレイも出会いも手に入れる!?

Fotolia_72332789_Subscription_Monthly_M

なんだかんだと解禁日前日からやたらと大騒ぎをしたことがまるで遠い過去のようなボジョレヌーボー。2014はボジョレーさんが楽しいことになってるそうなので、趣向別にイベントをご紹介。

そもそもボジョレーヌーボーとは?

Fotolia_69378497_Subscription_Monthly_M

フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で作られる新酒(ヌーボー)のこと。つまりその年の夏に収穫されたぶどうの味を楽しめる、とってもフレッシュでスペシャルなワイン。その仕込み方法にも特徴があったり実は歴史が色々あったりするものの、今回そのへんは置いておきます。

ちなみにボジョレーの解禁日は11月の第3木曜日。今年は11月20日!さぁ、今年はどこでボジョります?

銀座でボジョる?!

Fotolia_70419917_Subscription_Monthly_M

思う存分ボジョレーを楽しみたい!という方におすすめなのが、銀座「WINEHALL GLAMOUR」(ワインホールグラマー)。なんと11月20日0時~、1,000円で最長4時間ボジョレーが飲み放題(予約がないと2,000円。いやそれでもお得)

「イベント大好き!でもボジョレーわかんないし(でも気になる)」という人にはうってつけのイベント。みんなでワイワイ、ノリの良い子が好きな男性とはこんなイベントに参加したい。

おうちでボジョる?! 20日(翌日)も平日です

Fotolia_68511070_Subscription_Monthly_M

11月19日(水)~11月25日(火)、日本橋高島屋ではボジョレーと相性の良い食品を厳選したフードフェスティバルを開催。チーズ、ピザやハム・ソーセージを始めパンやスモークサーモンなど、聞いただけで1杯いただけそうなものばかりがお手頃価格で揃っている。自宅でまったり飲む派の人にぴったり。家庭的な女性が好き、賑やかなのが苦手な男性とはこう過ごそう。

本場フランス(雰囲気)でボジョる?!

Fotolia_44313077_Subscription_Monthly_M

ボジョレーを飲むならフレンチ気分で、という方には「アンスティチュ・フランセ東京 ラ・ブラスリー」で行われる『ボジョレー・ヌーヴォーとミュージックナイト』。

「アンスティチュ・フランセ東京 ラ・ブラスリー」は、フランス政府公式のフランス語学校 兼 文化センター。11月20日19時~開催されるイベントでは、講師でもあり歌手・作詞家・女優(多才!)でもあるシュブリームさんによるライブ演奏も予定されている。ビュッフェスタイルの特別ディナーもあるので腹ぺこで行ってもOK。ちなみに料金は7,000円(予約をおすすめします)。「異文化交流、良いよね」「海外旅行気分が味わいたいんだ!」な男性とはココ。

ボジョる際のおすすめマナー

「ボジョレーっておいしくないんだよねー」「なんか薄くない?」などという発言は20代前半女子の感想。「2013年と比較すると今年のほうが好き」「あれ・・去年の葡萄より太陽浴びてないのかしら」と、じっくり今年の味をかみしめるのがワイン熟知度高めな大人の女性だと思いたい。

ただ、相手のワイン熟知度を知らずに語ると「薀蓄まみれの寒いヤツ」か「ただの知ったかぶり」になりかねないのでご用心。お相手のワイン熟知度が不明な場合(たいがい不明)の、会話例は、こんな感じでどうでしょう。

男性向け:「おいしいですね」とさらっと流してお相手の薀蓄を聞いてあげるか「来年のボジョレーの味も気になりますね、フフ」ぐらいのライトな可愛らしさでかわしときましょう。もしかしたら「お、来年も誘っちゃっていいのかな。」ぐらい思われるかもしれません。

女性向け:「ワインて美容にいいんですよね~」は鉄板。そう、女性は美容という言葉にとっても敏感。実際赤ワインには抗酸化作用があるポリフェノールがたくさん含まれているので、肌老化の大敵「活性酸素」を除去してくれます。蒲萄を皮までしっかり使っている赤ワインには、とくに豊富に含まれているのは有名なおはなし。

ワイン好きな人、出会いや恋愛を楽しみたい人、どちらもそうでもない人も、ボジョレーを通じてワインやコミュニケーションを楽しんでみませんか?

1年に1回のボジョレー解禁日、ワインの量はほどほどに大人のイベントを楽しみましょ♥

 

【ご紹介したお店はこちら】

銀座WINEHALL GLAMOUR http://r.gnavi.co.jp/g600141/

日本橋高島屋 http://www.takashimaya.co.jp/tokyo/

アンスティチュ・フランセ東京 ラ・ブラスリー http://www.institutfrancais.jp/tokyo/