Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!〈第25回〉~美人多き、スパ大国・ハンガリー~

Fotolia_60835059_Subscription_Monthly_M

みなさん、有意義な休日を送れましたか?土日出勤が関係ないお仕事の方もお疲れさまです!
この時間帯になってくると、もうすでに明日のことを考えて、「時間が過ぎるのははやいな~」と毎回、しみじみ感じているサトユリです。このシリーズも、ついに25回め!!世界美容検定なるものが存在していたらきっと、なかなかな点数をたたきだしそうな予感(笑)。

記念すべき25回めの国は、「ハンガリー」をリサーチ!

ハンガリーの緯度は、北海道と同じくらいなので、日本と同じように四季があります。夏と冬の温度差が激しいため観光に訪れる際には、上着は絶対に持っていくように!!

 

ハンガリーの首都ブダペストには、歴史ある建造物がいくつもあります。その一つに、「マーチャーシュ教会」があります。

Fotolia_72948578_Subscription_Monthly_M

13世紀半ばにロマネスク様式で建てられたのが基で、後にゴシック様式に改築されました。トルコによる支配時にはフレスコ画が塗り込められモスクに変えられたり、第2次世界大戦では破壊されたりといった歴史を乗り越えてきたとされています。

歴史を乗り越えてきた建造物と同じように、ハンガリーの女性は慎ましい性格で、自立心が強い人が多いんだそう。また、ハンガリー女性は料理が得意らしい。家庭的でなおかつ、慎ましいなんて、モテるにちがいない……。

Fotolia_69436164_Subscription_Monthly_M

そんなハンガリーの女性たちの美貌の秘訣とはいったいどんなものがあるのか?

リサーチした結果をお届け!

 

アンチエイジング効果に期待!
ベーシックな美の秘訣「温泉水」

ハンガリーといえば、忘れてはいけないものが温泉!!

首都ブダペストには、伝統的な温泉が多くあり、女性は美肌効果を目的に来る人が後を絶たないほどの人気ぶり!!また、お年寄りは加齢によって衰えた体をいやしにくるんだとか。

Fotolia_72957050_Subscription_Monthly_M

【ぜひとも、行きたい!度       ★★★★★】

【思わず、誰かを誘って行きたくなる度 ★★★★★】

【効果豊富度             ★★★★☆】

 

ハンガリーは地層が薄い地域なので太陽光で地下水が温められ、その影響でミネラルを多く含む水が上層部へと湧き上がり温泉水となっているんだそう。このミネラルが豊富な温泉水はお肌に良いだけでなく、腰痛などにも効果!ブダペストにある伝統的なセーニーチェ温泉、ゲッレールト温泉などが有名です。

 

温泉には、さすがに簡単に行けないですよね?そんな人には、若返りの水「ハンガリアンーウォーター」がオススメ。乾燥が気になる、化粧のりが悪いなんてときに吹きかけてあげるといいですよ♪

 

ダイレクトにひと塗り♪
ハンガリーの美肌の救世主!「ハチミツパック」

ハンガリーは実は、アカシアハチミツの産地なのです。ハンガリー女性がこぞって行うといわれているこの方法の美容効果はいかなるものでしょうか!?

Fotolia_72028145_Subscription_Monthly_M

【ハンガリーならでは度 ★★★★☆】

【挑戦しやすい度    ★★★★★】

【香りの芳醇度     ★★★★★】

 

ハンガリーは年間を通して空気が乾燥しているので、女性の保湿に対する保湿ケアはとくに重要。しかも、食生活も肉料理がメインで、水道水には石炭が多くふくまれているため髪の毛のパサつき、肌のパキパキ感と乾燥に悩まされていることが多いんだそう。

 

そこで、毎日のケアに欠かせないのがハチミツ!

毎日ハチミツをスプーン1~2杯食べたり、コーヒーや紅茶に入れたりするんだそう。また、ハチミツパックは、ハチミツと水を混ぜて顔や唇に塗るというもの。ハチミツは保湿力が高いのでお肌の乾燥を防ぎます。

別の方法では、はじめに水でパシャパシャと軽く洗い、その上に大さじ一杯のはちみつをダイレクトに塗り1時間放置するんだそう!これがまた効果テキメンのよう。

 

食べ物としてしか見てなかったハチミツも、肌に塗ることで効果が期待できるなんて、うれしい“美肌力Wパンチ”ですね!!!

 

国民食としても有名
体型維持にはかかせない!?「パプリカダイエット」

ハンガリー料理といえば、忘れてはいけない食材がパプリカ!このパプリカには、驚くべき効果が詰まっていたことを知っていましたか……?

Fotolia_64489511_Subscription_Monthly_M

【高級度      ★★☆☆☆】

【手軽度      ★★★★☆】

【ダイエット効果度 ★★★★☆】

 

パプリカとは、唐辛子に属するピーマンのような野菜です。ハンガリーでは、あらゆる料理に頻繁に使われて親しまれています。また、成人病対策の野菜としても推奨されるほどなんだとか。そのなかでも、赤パプリカは、とっても優秀でがんがりーの女性はダイエットとしても摂り入れる人が多いようです。

赤パプリカに含まれている“カプサンチン”には、体脂肪燃焼効果や血行の流れを良くして代謝を高める効果に期待できるんだそう!!

糖度が高いので、すりおろせば砂糖やみりんの代わりにもなるので使用量を減らすことができ、料理のカロリーを抑えることが可能。

 

また、シミ・ソバカスの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎ、美白効果のあるビタミンCはピーマンの2倍と豊富!さらには、抗酸化作用のあるβ-カロテンは3倍、血管の老化を抑えるビタミンEは5倍と、まさに優等生レベルなんです!

 

ハンガリーでは、パプリカパウダーが人気で、手作りはもちろん、市販でも手に入れることが可能!!みなさんも、料理の隠し味にいかが♪

 

異様な光景に驚き!?
ちょっと変わった「逆さまヘアカット」

ハンガリー女性に大人気だというちょっと変わった美容室。「逆さづりヘアカット」という、思わず、目を疑いたくなる光景なんだとか。

Fotolia_72956967_Subscription_Monthly_M

【ちょっとやってみたい度 ★★★☆☆】

【面白い度        ★★★★★】

【認知度         ★☆☆☆☆】

 

逆さづりで髪を切るなんて信じられませんよね?でも、そこではもはや、いつもどおりの光景なんだそう。シャンプーは通常どおりに行われて、そのあと体にベルトを巻かれて準備OK!そして、逆さづりマシーンのスイッチを押すと、そのまま宙に逆さまのかたちに……。リサーチしている間、私が思ったことは「頭に血がのぼって辛そうだな~」という感想(笑)。

 

もしかして、ずっとこのままなのか!?と読み進めている矢先、そのオーナーは「人間が逆さまになっていられる時間は約5分だから手直しは降ろしたあとでだよ」とのこと。

……、それがわかっているに、なぜ逆さまに!?思わず、ツッコミをいれてしまいました。オーナーが逆さづりのほうが髪が切りやすく、またヘアサロンの退屈な時間をスリリングにする為にと考案されたものなんだとか……(笑)。

 

日本にそんな美容室があったら大人気になるかは、ちょっとわかりませんが、好奇心はかなり引くものかと思います!!

 

世界一カップルのいちゃつく国!?
彼氏持ち限定「キス」美容

「恋をすると女性はキレイになる」とよく耳にしますよね?実は、ハンガリーの女性はそれを証明するかのように、彼氏持ちの女性は肌ツヤが良く、キレイな人が多いんだとか!

Fotolia_49781101_Subscription_Monthly_M

【リア充度 ★★★★★】

【信用度 ★★★☆☆】

【実感度 ★★★☆☆】

 

実は、ハンガリーは世界一カップルがいちゃつく国ともいわれています。しかも、首都ブダペストでは、ギネス記録に挑戦したキス大会なるものまで行われているほど!

キスをすることで、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが分泌を促す効果があるといわれています。

このエストロゲンが肌のキメを整え、ツヤやかに美しく保ってくれるそうです。曲線を帯びた女性らしい体へと導いてくれる作用、ダイエット効果、ストレスを軽減させる効果もあるとか。まさにキスは、女性にとって嬉しいことだらけ!!

最近、スキンシップが減ったなと感じているあなた。それと比例してあなたの魅力もダウンしているかも。

 

衝撃的!閲覧注意……。
>残酷姫”の「乙女の生き血風呂」

ハンガリーの大貴族として生まれたエリザベータ・バートリーが、“残酷姫”と呼ばれるワケは、尋常じゃない美意識が生んだ美容法でした。

 

【ホラー度    ★★★★★】

【美容効果期待度 ☆☆☆☆☆】

【おすすめ度   ☆☆☆☆☆】

 

彼女は、美しさを維持するためにした方法こそが、「生き血風呂」。それは、エリザベートが召使いに腹をたてて殴った際に、手に血がついたのですが、その部分がとてもみずみずしく感じたのがキッカケなんだとか。今でいう、保湿効果があると思ったのでしょう……。

それからは、村に住む若い女性、身内にまで手を出して、その人数は約600人にのぼったといわれています。その血の惨劇ともいわれる殺し方は実に残虐。有名なもので“鋼鉄の処女(アイアン・メイデン)”というものがあります……。

イラスト/大坪ゆり

イラスト/大坪ゆり

人より一回り大きい、中が空洞になった鉄製のからくり人形型拷問器具。胴体内部には刃が仕込んであり、人を閉じ込めて扉を閉じると、針が体中を刺し、血を絞り取る。流れ出た血は、下にある溝を伝って回収され、エリザベートの肌をうるおすというかたち。。。

 

怖すぎて、鳥肌ものです……。

 

いかがでしたか。

最後は少し、ホラーな美容法でしたが……、みなさんは絶対にマネしないように。そんなことよりも、温泉水を使ったり、ハチミツパックをしてみたりと地道にスキンケアをしていったほうが効率的かつ、安全!

25ヶ国の美容法を紹介してきましたが、あなたに合う美容法は見つかったでしょうか?

まだまだ、「思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!」は続きますので、お楽しみに★

~「Viszontlátásra!(ヴィソントラーターシュラ)」さよなら!~


2014/11/16 | キーワド: , , | 記事: