Lifestyle

花粉症「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」の対処法

スクリーンショット(2014-11-16 13.56.55)

花粉症に悩む人がいちばん億劫に感じる季節の変わり目。8月から飛散している「ブタクサ」「ヨモギ」「カナムグラ」の花粉対処法についてお届けします。8月~11月にかけて、花粉症の人には辛い季節。もう花粉症対策をしている人も復習する気持ちで読んで下さいね。

 

さて、花粉についてご存知の方もそうでない方もまず知っておきたいのは

『春と違って、秋の花粉症は対策をすればひどくならない。』

ということ。

 

なにが春の花粉症と違うのか?

それは飛散量の差です。春の花粉は飛散範囲が広いので、至る所に飛散していて防ぐのも困難。しかし秋の花粉は春に比べ飛散範囲も少なく、原因となる植物にさえ近づかなければ比較的楽に花粉症の症状を抑えることができるんです。

img-Y16133447-2

 

秋の花粉対策

いくら飛散量が少ない、飛散範囲が狹いからといって花粉症の症状が発症しない訳ではもちろんありません。ですから花粉症でも快適に生活ができるように、原因となる植物の生息地を知り、その場所を避ける判断ができるようになることがマストなのです。

 

知っておきたい!毎年8月~飛散する、秋の三大花粉の生息地

 

ブタクサ…

スクリーンショット(2014-11-16 13.56.55)

日本の各地にみられるキク科の植物。 生息地は道端や野原。葉についた花粉が強い風により飛散することも。

 

 

ヨモギ…

スクリーンショット(2014-11-16 13.56.59)

北海道、東北地方以外の地域に生息しているキク科の植物。 生息地は主に山地や野原。

 

 

カナムグラ…

スクリーンショット(2014-11-16 13.57.02)

日本全土の荒地や草むらに生息しているクワ科の植物。

 

 

知っているようで知らない?花粉対策の仕方

厚塗りファンデーションは花粉を付着させる!

日頃のメイクはどんなメイクですか?実は花粉はファンデーションにも付着してしまうんです。ファンデーションに付着した花粉は、いくら衣類の花粉をキレイに落としても、肝心な顔周りに付いたまま…なんてことになりかねません。この時期のファンデは薄塗りで出かけるのがベストです。

 

むやみに掃除機をかけるのはNG!

掃除機は花粉を舞い上がらせてしまう可能性があるので逆効果。この時期の掃除は、濡らしたタオルで拭くぐらいの拭き掃除に切り替えましょう。落ちた花粉を拭く、それだけで幾分か違ってくるはずです。

 

 

頑張ったけど…花粉症の症状が出ちゃった

そんなときはアロマテラピーがオススメです。即席アロマテラピーのやり方は、お湯を注いだマグカップにアロマを数滴垂らして、その蒸気を吸い込むだけ。目が痒いときはこのお湯をタオルにかけておしぼりをつくり、人肌くらいになったら目の上にのせると楽になります。ティーツリー、ユーカリ、ペパーミントは鼻づまりの症状を緩和させてくれるので、オイルの種類も症状によって使い分けてみてください。

 

 

最後に…

つらい症状が出ている場合は我慢せずにすぐに耳鼻咽喉科に行きましょう。毎年つらい花粉症に悩まされている人は、花粉が飛ぶ時期の2週間前あたりに抗ヒスタミン薬などを飲むようにすれば例年より症状が軽くなるはず。ただでさえ気候の不安定な秋ですから、精神的なストレスまで溜め込まないように気をつけましょう。

 

 


2014/11/17 | キーワド: , , | 記事: