Lifestyle

”音楽”で睡眠改善!?不安や孤独感とさよならする方法❤

Fotolia_59736746_Subscription_Monthly_M

【一人でいるのは嫌だ→友達つくる→会話の輪に入れない→余計に不安、孤独を感じる】

まさに、負の連鎖(汗)。でも、これって結構たくさんの人が悩んでいることだと思うのです。そこのあなたも、実は孤独を感じている一人なのでは?

実は、この不安感や孤独感には、睡眠が深く関係していたのです。

そこで、今回は睡眠を改善することでぬぐえるワケや+aでできる解消法を紹介。

睡眠不足で起きる不安感や孤独感!

不眠が続くと、生活のリズムが崩れます。夜は眠れないのに、昼間はなぜか眠れるようになるみたいな感じに。それは基本的な社会人とは真逆です。

深夜、街や他のオフィスは暗くなっているのに、そんななか自分の部屋、PC、TVだけが明るく光っています。その状況こそが、人は一番孤独を感じるのです。

「自分だけ、こんな時間に起きてなにをしているんだろう」

と悲観的に……(汗)。

睡眠不足で逆転の生活のせいで、不安感や孤独感が生まれてしまうのです。

睡眠は“音楽”で改善!

不安感や孤独感をぬぐうには、音楽でより質の良い睡眠に導くのが効果的。

音楽は、心の安定するパワーがあるといわれています。

一般的に、人は胎児の時にお腹の中で母親の鼓動や血流音などを聞いていて、それに似た音が安心感やリラックス効果を生むのではないかといわれています。

どんなものを選ぶべきか?

感受性は人それぞれなので、一概にはいえませんが、一般的に心地よい音楽といわれているものはこの4つ!

○ ゆっくりしたテンポで小さい音量の音楽

○ シンコペーションのない規則正しいリズムの音楽

○ 急激な音程変化のない緩やかな旋律の音楽

○ 柔らかで暗い音色の音楽 など

あなたがまだ、お母さんのお腹の中にいたときの音に似たものかもしれません。参考までに、聞いてみるのも一つの手ですね♪

+アルファーで不安感、孤独感とさよなら!

これまで、睡眠との関係を主に解説してきましたが、睡眠を改善するのって日々忙しい女性には、ちょっとむずかしいところ。そこで、睡眠以外でも、不安感や孤独感を減らす「+a」的な行動を紹介☆
Fotolia_51623040_Subscription_Monthly_M

光を浴びる

もっとも簡単な方法がこれ!孤独感は一種のホルモンバランスの乱れからくるものだともいわれています。日光を浴びることで、「穏やかな感情与える」脳内物質セロトニンが分泌されます。セロトニンは生体リズムの管理を司る物質で、これが不足すると心のバランスを崩しやすくなってしまうんだとか。秋冬にうつが多くなると聞いたことがあるかと思いますが、それは日の光が短くなっているのが関係しているのです。日光を浴びるのは、午前中の8時~12時が効果的。健康維持には体内時計の正常化も大きな要素なので、朝しっかり太陽光を浴びて、体内時計をリセットさせましょう。

時間は1日30分くらいでOK!

日記を書く

主な日記の内容は、「孤独だと感じた理由やできごと」で、夜寝る前に書いていくんだそう。

そして、就寝し次の日は、改めて自分が書いた日記を見直していきます。そうすることにより、「自分はほんとにかわいそうな人間なのか」「ほんとうに孤独な人間なのか」と客観的に考えることができます。

また、苦手な上司や友達がいるから関わりがめんどくさくなり孤独になるというケースも少なくない。そんなときは、日記に毎日その人の印象を書いていきましょう。嫌なこともあるかもしれませんが、良いところもきっとあるはず。

そんな良いところが見つかれば、好感がもてて関わりを持ちたくなるはず。その人との輪につながり、交友関係がうまくいき、孤独を感じることも少なくなるかもしれません。

アフターファイブに予定を入れる

アフターファイブや休日に予定を入れて自分を忙しくすることによって、孤独感を感じないようにします。アフターファイブに友達と遊ぶ予定や趣味の教室などをいれると、集中力が高まり孤独感も紛れるとか。さらには、自分の才能を磨くこともできて一石二鳥なのです!

いかがでしたか?

これから来たる、季節は冬!

しかも、クリスマスという大イベントが近づいています(汗)。不安、孤独オーラを抱えている人は魅力も半減!!孤独を恐れる前に、まずは行動を開始しましょう☆

また、今週放送(2014/11/19)の「ホンマでっか!?TV」では、睡眠のふか~いところまで解説してくれるようです……!気になる方は、CHECKしてみてください❤


2014/11/19 | キーワド: , | 記事: