Lifestyle

『食物繊維が便秘に効く』は実は大間違い!?正しい知識で便秘をスッキリ解消!!

bma2014112501

“便秘には食物繊維が良い”なんてもはや当たり前の知識ですよね。しかし、「食物繊維がたっぷり含まれているサラダをたくさん食べても便秘が治らない、むしろひどくなった!」なんて経験はありませんか?

実は、むやみに食物繊維を摂取しても便秘に効果的ではありません。せっかく薬に頼らず健康的に解消しようと思っても、食物繊維の“あるヒミツ”を知らなければむしろ悪化する恐れもあるのです。

 

食物繊維が便秘に効く理由

まずは食物繊維について簡単に説明します。食物繊維は人間の消化酵素では消化できない栄養素なので、そのまま便として排出されます。そのため、以前は『栄養にならない不要なもの』として扱われていました。しかし、食物繊維は腸内を一掃することができるとわかり、今や便秘解消には必須の栄養素です。

bma2014112502

食物繊維のあるヒミツとは?

食物繊維には2つの種類があることをご存知でしたか?その種類とは、“水溶性食物繊維”と“不溶性食物繊維”です。

水溶性食物繊維とは?

水溶性食物繊維は、腸内の水分を抱え込んでヌルヌルとしたゲル状になります。ゲル状になった食物繊維は有害成分を吸着し、便をやわらかくして排出を促してくれます。さらに、水溶性食物繊維は腸の中の善玉菌を活発にする働きがあります。腸内が悪玉菌よりも善玉菌が優勢になると、腸の働きが良くなって便秘になりにくくなります。

しかし、過剰に摂取しすぎると便がゆるくなりすぎて下痢を引き起こしてしまいます。

不溶性食物繊維とは?

不溶性食物繊維は、腸内の水分を取り込んで数十倍に膨らみます。便のカサを増やすことで腸内を刺激し“ぜん動運動”を促進させて排出を促します。

しかし、過剰に摂取しすぎるとカサが増えすぎて逆に便が詰まってしまいます。

 

治らない便秘の原因はコレだった?

ご覧のとおり、水溶性と不溶性をバランス良くとらないとお腹の調子が悪くなる一方なのです!

不溶性食物繊維は水分を吸収してカサ増しをするので、一見便に水分を与えるように思われます。しかし、便の中に大量の不溶性食物繊維が含まれると今度は便自体の水分を奪っていくので、逆に便が固くなってしまうのです。これが、食物繊維をたくさんとっても便秘が解消されない一番の理由です。

bma2014112504

食物繊維の黄金比率“1:2

2種類の食物繊維は、似ているようで全く異なる働きを持ちます。便秘の時に効果的な食物繊維の摂りかたは“水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2”のバランスで摂ることがポイントです。

◆水溶性植物繊維が多く含まれる食品

海藻類/果物類/こんにゃく/寒天

◆不溶性食物繊維が多く含まれる食品

トウモロコシ/キノコ類/さつまいも/カボチャ/アボカド/ココア

 bm2014112505

便秘タイプ別!食物繊維の摂り方

腸が変な動きをする(痙攣性)タイプの便秘

おなかはゴロゴロいっているのに便がおりてこない、いつもコロコロとした便・便秘と下痢を交互にする、環境の変化(思春期、進学・就職、結婚など)が便秘のきっかけになったというタイプの人は“水溶性食物繊維”を多く摂りましょう。

※このタイプの人が“不溶性食物繊維”を多く摂ると、腸が刺激されすぎて逆に「ぜん動運動」がおこりにくくなるので注意。

腸が動かない(弛緩性)タイプの便秘

便の回数が少ない、お腹があまり動かない(ゴロゴロ言わない)、年をとってからの便秘になりやすくなったというタイプの人は“不溶性食物繊維”をたくさん摂りましょう。便の体積が増え、腸が刺激されて動きやすくなります。

※不溶性食物繊維を摂るときは、しっかりと水分補給を忘れないように注意。

bma2014112503

 

便秘には食物繊維が必須!だけど、2種類の食物繊維をバランス良く摂ることが大切です。お腹の調子に合わせて、自分で食物繊維の摂取量をコントロールできるようになれば、きっとそのツライ便秘も解消されるはずです❤


2014/11/25 | キーワド: , , | 記事: