Lifestyle

歯のホワイトニング、どうすればいい?

女性の歯
歯はなぜ黄ばんでくるの? キレイな歯は女子のたしなみです

歯は通常のケアだけだと、黄ばんだり変色したりします。どうしてなのか?

ひとつは食事などの生活習慣。カップに茶渋がつくように、歯も色素の濃い食べ物や飲み物の摂取を続けると黄ばみの原因になります。コーヒー、紅茶、赤ワインなどには要注意です。また、タバコのヤニも大きな原因です。食べたり飲んだりしたらすぐに歯磨きすることで防ぐことができます。

ふたつめは、加齢によるもの。歯のエナメル質が年々薄くなり、エナメル質の下の象牙質部分がでてきて黄色くなります。また。女性の場合、妊娠、出産などのホルモンのバランスで変色する場合もあります。

クリニックでのホワイトニングってどうなの?

自分でケアするには、日常使いが大切です。歯磨き粉、汚れ落としなど毎日のケアに取り入れてみてはいかがですか?最近では、ホワイトニングキッドなどの市販品もでています。そして、プロに任せるのも手です。クリニックでホワイトニング治療は手っ取り早く効果がでます。クリニックでのケア方法を紹介しましょう。

1・ホワイトニング治療は約30分間、口を開けっ放しにするので、まず唇をリップバームでケアします。

2.空気と水を高圧で噴射して(エアフロー)、歯ブラシで取れない汚れを落とします。歯の表面をキレイにすることでホワイトニングジェルを浸透しやすくします。

3.専用器具で歯の色をチェック。数値化することで歯の色のバラ付きもわかります。

4.特殊なジェルを1本1本塗布します。熱処理もなく、歯にしみたりする痛みもありません。約20分後にジェルを落として歯のトリートメントをして終了です。

クリニックによってもばらつきはありますが、この行程で約30分です。料金もだいたい15,000円~です。

正しいブラッシングで歯の白さは変わってくる!

何気なく使っている歯ブラシですが、ちゃんと4面を使っていますか? 実は、この4面を使うことがポイントなんです。歯ブラシの位置から見た、正しい磨き方です。

歯ブラシの先端・・・歯の表面をくるくると小さな円を描くようにして丁寧に磨いてください。

歯ブラシのかかと部分(下方)・・・上下とも歯の裏側は、歯ブラシのかかと部分を使ってかき出すように磨いてください。汚れのたまりやすい根本部分は念入りに。

・右サイド・・・歯ブラシの長い面を使って奥歯の裏もしっかり磨いてください。磨き残しの多い部分なので、細かくブラシを動かすことが必要です。

・左サイド・・・歯と歯の間や歯茎のキワは、意外と磨き残しの多いデッドエリアです。歯ブラシを縦にもって、端を上下に動かしながら汚れをかき出しましょう。

面倒臭がらずに、毎日の習慣こそ、白い歯をキープするコツです。オーラルビューティーは、実は第一印象の決め手にもなる大切なケア。キレイな口元を目指してください。


2014/12/03 | キーワド: | 記事: