Lifestyle

DJあおいがぶった斬る!話題の「こじらせ女子」の7ヶ条!【恋愛アドバイザー DJあおい①】

bma2014121601

突然ですが、Twitter界で大人気の辛口主婦“DJあおいさん”をご存知ですか?女性の恋愛観を『そうじゃないのよ!』とバッサリ切り捨てるツイートが女性の胸にグサグサ突き刺さることで話題になり、一般人にしてフォロワー数なんと33万人を誇っています。現在はTwitterに加え、ブログで恋愛相談を受けているようですが、毎日100通以上も悩める女子たちからメールが届くんだとか……(笑)。

そんなDJあおいさんに今話題の「こじらせ女子」をぶった斬っていただきました!

 

「こじらせ女子」って?

こじらせ女子とは、容姿は一般的なレベルなのに、自分の女子力や女性としての魅力をアピールすることができない人のことです。「どうせ私なんか……」と卑屈になったり、わざと自分を下げるような物言いをしてしまいます。

現在放送中のドラマ『きょうは会社休みます。』で“綾瀬はるかさん”がこじらせ女子を演じていますが、全国でこのこじらせ女子に共感する女子が急増しているようです。

 

DJあおいが指南する!こじらせ女子の本質!

『きょうは会社休みます。』では、こじらせ女子の定義を7つ設けています。ひとつひとつDJあおいさんにご意見を頂いて、こじらせ女子の本質を暴いちゃいます!

 

その壱 自分の中の女子力に自信を持てない

こじらせ女子は自己評価が低い。自分が女性であることに違和感は持ってないが、女としての生命力・魅力・競争力は持ちあわせていないと思っている。そのため「かわいい」と言われるとどうしていいかわからず、全力で否定したり、話題を変えたりする。(HPより抜粋)

こじらせ女子のヒミツは負のスパイラル!

DJあおい:自信が持てない人っていうのは、自信を持っている人が嫌いなんだよね。だから、嫌いな自分にならないために自信を持たないようにしているってこと。

――ん!?どういうことですか?

DJあおい:自信を見せると嫌われちゃうと思っているだけなんだよね~。つまり、自信たっぷりの人を目の前にすると劣等感を感じてしまうので、自分はこうはなりたくないと謙虚する→それがいきすぎて卑屈になる→こじらせ女子の出来上がり(笑)。この負のスパイラルが原因なんじゃないかな(笑)。

――なるほど~!!確かに、それは理にかなっていますね。でも大きな原因ってなんなんでしょうかね?

DJあおい:このこじれは大人になる成長過程で女性なら必ずあると思う。女性は集団行動をする生き物だから、自信は見せちゃいけない、リーダー格は崇拝の対象でその人よりも上にいってはいけない、という暗黙の了解があるよね(笑)。

――あるある(笑)!!この暗黙の了解がこじらせ女子を引き起こす一つの原因だったのんですね。

DJあおい:それにしても、こじらせ女子ってモロ長女の性格だよね。「一番上だから」「お姉ちゃんは」という扱いを多く受け、我慢が常!の印象だなあ~。もちろん、あえてそういう自分を演出するため、演技でやっている人もきっといるはず。そのほうが男ウケがいいからね!男性陣の皆さん、そこはご注意を❤(笑)。

 

その弐 他人まかせ

こじらせ女子は、果報を寝て待つ。恋愛に対して受け身で、努力の仕方がわからない。日頃の行いさえよければ自分もいつか報われると、ちょっと本気で思っている。(HPより抜粋)

その考えは恋愛のパーソナル・スペースを狭めてない?

――ドラマ『きょうは会社休みます。』で、こじらせ女子・花笑の相手役として登場するのが“福士蒼汰さん”演じる年下の田之倉くんです。田之倉くんは、花笑の誠実な仕事ぶりに心惹かれ恋に落ちます。仕事をまっとうに従事していれば、恋愛が降ってくると思いますか?

DJあおい:人間として生きていくには誠実な仕事ぶりだとかそういう基本的なことが大切だけど、それが恋愛につながるとは思わない。そういう生き方で恋愛ができると思っていると、それは職場という狭いパーソナル・スペースだけの恋愛になってしまうの。実際、職場恋愛はとても難しいもの。だから、恋愛はやっぱり外に向けたほうが自由がきくわよ。

――外に向けた恋愛をする??

DJあおい:そう。オープンな女性は、職場は職場、恋愛は仕事が終わったあとに行動するイメージがあるわね。ドラマの場合は、こじらせ女子が“綾瀬はるか”だから成立する話。彼女なら、寝ててもいくらでも果報はくるはず(笑)。朝早く出勤して、社内を掃除して上司にコーヒーをセッティングしても「あなたは綾瀬はるかじゃない」。その一言に尽きる(笑)。

 

その参 うたぐり深い

こじらせ女子は、告白してきた相手をも疑ってしまう。自己評価が低いので、卑屈になり、告白してきた相手の気持ちを信じることができない。告白されると、“この人は一体ワタシの何を知って好きだと言っているのだろう?”とつい相手を疑ってしまう。(HPより抜粋)

30才処女にコンプレックスを感じるな!

DJあおい:疑りの原因は、30代なのに未経験、30年間ずっと彼氏がいないというコンプレックスが壁になっているからじゃないかな。でも、リアル(現実)に30代でも未経験という人は多いんですよね。私のところにもそういった悩みが1日5~6通は寄せれられています。でもそういう人って、疑り深いうえに受け身すぎるんですよね、きっと。さっきの果報は寝て待てのように寝てるだけと言うか……(笑)。

――寝てても「お前は“綾瀬はるか”じゃない。」ってやつですね(笑)。

DJあおい:そうそう。今まで彼氏がいた事ない、自分は処女だということにものすごいコンプレックスを持っていて、口では「どうせ私は……」と言うくせに、心の奥底では「でも彼氏がほしい!!!」と人一倍願っているタイプ。他人からみたらめんどくさいこの葛藤がこじらせ女子なんだろうね~(笑)。でも、そんなコンプレックスはさっさと取っ払うべき。というかそもそも、今の時代“30才処女”というのがコンプレックスになるのか?という問題よね。だいたい、男性はそんなこと気にしちゃいないんだよ。

 

 

いかがでしたか?初回から辛口モード全開で始まりましたが、「こじらせ女子」の本質が少しずつ見えてきたんじゃないでしょうか?次回は“その四 甘え下手”からスタートします!お楽しみに❤

 

◆今回お話を伺った方

DJあおいさん

謎の主婦、恋愛アドバイザー。Twitterで独自の恋愛観をつづり、一般人としては異例のフォロワー数。サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー数を誇る。ブログ「DJあおいのお手をはいしゃく」は、月間500万PVも。

著名人のファンも多く、幅広い層から支持されているが、その素性はいまだ謎のまま。

初の著書『じゃあ言うけど、それくらいの男の気持ちがわからないようでは一生幸せになれないってことよ。』(ワニブックス刊)が、発売初日に増刷決定で話題!


2014/12/06 | キーワド: , , | 記事: