Lifestyle

永久脱毛したいなら急いで!これから”脱毛は冬に処理する”のが常識❤

bam2014121005

以前に比べると、クリニックで脱毛する費用もずいぶん安くなり、最近では小学生が通っている姿もちらほら見かけるようになりました。通常『ムダ毛』が気になる時期といえば、やっぱり夏。だけど、夏にツルツルのお肌を披露するには、冬時期からお手入れをスタートしなければいけないということご存知ですか?

 

冬からはじめるべき5つの理由

1. クリニックでの処理には回数が必要

脱毛は毛周期と深い関係があり、完全に脱毛するまでには数ヶ月以上はかかるのです。個人の毛の質や脱毛部位によって差はでますが、顔やお腹などの毛の薄い部分でさえ、最低1~2ヶ月はかかります。つまり、夏直前に脱毛クリニックに駆け込んでも意味がないということ!

 

2. 紫外線が少なく、脱毛効果を十分に発揮できる

クリニックで使用される脱毛機器のほとんどが「フラッシュ脱毛」か「レーザー脱毛」機器です。この脱毛方法は、日焼けしたお肌には使用することができません。

なぜかというと、日焼けは一種の“やけど”です。やけどをすると肌は赤くなり、炎症を起こします。触るだけでも痛いのに、そこにレーザーをあてるとそれが悪化するばかり。だから、日焼けをしている人は脱毛の施術を受けることすらできません。お肌が強くて日焼けしても炎症が起きないから大丈夫でしょ?と思っている人でも、表面にはでない肌内部の乾燥やダメージは自分が思っている以上に深刻なのです!

さらに、「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」は黒色の部分に反応して脱毛効果を得ています。だから、お肌が黒いと、肝心の脱毛効果も薄れてしまいます。

 

3. エステやクリニック予約が空いている

冬時期に脱毛を熱心にする人がまだまだ少なく、一般的には春~夏にかけて脱毛する人が多いよう。クリニックは予約が必須なので、春~夏は大混雑。逆に、秋~冬は比較的に空いていて、さらに、店舗によっては冬だけのお得なキャンペーンもやっていることが多いようです。これは見逃せないチャンスですね!

 

4. 手足を出さないから、脱毛途中でも気にならない

施術後は「フラッシュ脱毛」や「レーザー脱毛」の熱が身体にこもってしまいます。なので、お肌が弱ったり敏感になっているので、クリニックで施術したあとは最低3日間は自己処理を控えなければなりません。しかし、「フラッシュ脱毛」も「レーザー脱毛」も即効性はないので、毛が中途半端に生えかけることがあるのですが、剃ったり抜いたりするのはもちろん禁止です。夏時期に長袖長ズボンを着るのはつらいけど、冬時期だったらそんな心配必要ナシ!

 

5. 冬の乾燥した肌に同時にケアができる

冬はお肌の乾燥しがちで、カミソリや刺激の強い除毛クリームは肌荒れの原因に。でもクリニックなら保湿成分や美肌成分を含んだクリームを使用するので、ムダ毛の処理をしながらお肌への潤いも得られるのです。

 

 

冬場に脱毛をスタートさせるメリットをご紹介してきましたが、ここでちょっと「アンダーヘアー」のお話も。欧米ではあたりまえのアンダーヘアーの処理も、日本ではいまだにどうしたらいいのかわからず未処理の女性も多いようです。

この手の話題は友達にも聞きづらいし、アンダーヘアーの処理の基本である「“Vライン・Iライン・Oライン”ってどこ!?」なんて思っている人も少なくないはず。

 

“V・I・Oライン”とは?

Vライン

bam2014121001

恥骨上部のヘアのこと。下着で覆われている三角形のゾーン全般のヘアです。昔に比べると、流行(股上の浅いパンツスタイルなど)によって、下着や水着の面積がどんどん小さくなっています。せっかくファッショナブルにきめてもアンダーヘアーがはみ出ていたら台無しです。

 

Iライン

bam2014121002

女性器の周りのヘアのこと。この部分を完全にケア(脱毛)することで、ムレた臭いを防止したり、生理中の雑菌の繁殖を防ぎます。

 

Oライン

bam2014121003

肛門周りのヘアのこと。医学的にも必要のないムダ毛と言われているので、こちらも完全にケア(脱毛)することをオススメします。また、排泄の際にもヘアがないと衛生的なようです。

 

 

アンダーヘアーをちゃんと処理している女性は、男性からの好感度も高いよう。とある調査によると、女性にアンダーヘアーの処理をしてほしいと思っている男性は67.5%もいるということがわかりました。エチケットのひとつとして、見られても恥ずかしくない程度にしてほしいようです。

 

脱毛の最先端は「ハイジニーナ」

さらに、美意識の高い女性はアンダーヘアーの脱毛だって最先端を先取りしています。以前は、Vラインの形を整え、IラインとOラインを完全に処理するだけでした。しかし、今は「ハイジニーナ」と呼ばれる“V・I・Oラインのアンダーヘアーがすべてない状態(無毛)”が話題になっています。

 

「ハイジニーナ」のメリットは?

「ハイジニーナ」は欧米では当たり前のスタイル。衛生的に良いことはもちろん、セックスの時にお互いの感度があがるなんてことも。たしかに、彼氏とはいえ他人に自分のアソコを見られるのは恥ずかしいものです。形を整えたとしても、チクチクしたりごわごわだったりすると自信が持てない……という女性も多いようです。

日本でも徐々に浸透しつつある「ハイジニーナ」。無毛だから男性に引かれる!?なんて心配、これからはなくなる時代になるはずです。

bam2014121004

 

腕や脇の処理はもちろん、アンダーヘアーがボーボーの女性に“100年の恋”も冷めてしまいます。いつでも脱げるようなツルスベ肌をゲットするならば、冬時期の今から処理するのがオススメですよ❤


2014/12/10 | キーワド: , , | 記事: