Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!〈第29回〉~センスあふれる国・フランス~

The Arc de Triomphe de l'Etoile in Paris

今年も、残るところあと17日となりました!!なんとも、微妙な数字ではありますが……(笑)。すっかり、さむくなってきましたよね~。

“ベッドから出たくない症候群”を絶賛発症中であります、サトユリです。

きっと、「同感」と思ってくれる優しい方がいるはず……!!

まあ、そんなこんなで、今回も『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』をリサーチしてきました!

今回の国は「フランス」。フランス・パリの気候は、東京の四季とほぼ同じだといわれています。ただ、夏は平均気温が25度と、日本より涼しく感じる場合がありますので、フランスに行く際は、上着をお忘れなく!

そんなフランスといえば、「エッフェル塔」が思い浮かぶかと思います。

bsy2014121401

「La Grande Dame de Fer(鉄の女)」と呼ばれ続けられるエッフェル塔。120年以上にわたりフランスを代表するモニュメント。毎年年末年始に、車やセーヌ川沿いの船のクラクションが一斉に鳴り響く新年を、エッフェル塔のふもとで、シャンパンボトルの栓を抜き喜ぶ人々が埋め尽くすのは、恒例となっているようです。

bsy2014121404

ほかに、フランスの名所といえば、「凱旋門」や「ベルサイユ宮殿」などがあります。

 

フランスは、流行の発信地としても知られていて、オシャレに気を使う女性が多いようなイメージですよね?でも、実際のところ、雑誌に出てくるような全身ブランドで決めている女性よりも、デニムにシャツ、ジャケットといったシンプルコーデが街なかでは目立つんだとか。

フランス人女性たちは自分に似合ったファッションを楽しんでいる人が多いそうです。そんなシンプル・イズ・ベストなフランス女性ですが、美容法もシンプルなものが多いのか!?

リサーチ結果を報告していきーす★

究極な手抜き方法!?
〇〇しない美容法

知っている方も多いのではないかといえるくらい、フランスの代表的な美容法。

それは、「髪を洗わない(毎日)」、「洗顔をしない」という方法。

bsy2014121402

【認知度   ★★★★☆】

【楽ちん度  ★★★★★】

【においそう度 ★★★★☆】

フランス人は基本的に、毎日髪を洗うことはしません。週に、2~3回程度で洗っている人が多いようです。毎日、髪を洗うことが習慣化されている日本人にとっては、珍しく感じるかと思います。

なぜ、フランス人が髪を毎日洗わないのかというと、一番は気候のちがいによるもの。フランスの気候は、日本と同じように四季があるが、日本よりもとっても空気が乾燥しているのです。

乾燥した気候のフランスでは1日髪を洗わなくても日本にいた頃のように頭皮がべたつくことがないんだとか。だから、1日くらいしなくても何も変わらないため洗わないんだそう。

また、フランスの水は硬水であるため髪や肌にダメージを受けやすいからというのも理由のひとつのようです。

もうひとつ、フランス女性は洗顔をしないというのは、事実。日本人は、洗顔フォームを使ってからそれを水でバシャバシャと落とすのが主流であるため、衝撃的な方法のようです。

そんな洗顔をしないフランス女性は、ミネラルウォーターのフェイススプレーを顔全体に吹きかけて、余分な水分を拭き取って、終了。という、とってもシンプルな方法が押されているんだそう。

 

でも「それだけじゃ不安!」という女性もいるかと思います。そんな女性には、「ふき取り洗顔」がオススメ!これも、フランス女性が良くやっている方法のひとつ。

なるべく肌と水道水のコンタクトを避けるために、メイク落しも化粧水もふき取ってきれいにするのが常識なためのよう。

 

日本でも、肌断食などのスキンケア本、方法などが少しずつ浸透していますよね?この機会に、いままで行っていたスキンケア方法をいろいろ試してみるといいかもしれませんね❤

 ダイエットもオシャレに
パリジェンヌ式「ウィンドウショッピングダイエット」

フランス女性は、ダイエットをする際にムリなことはあまりしません。日常にうまく摂り入れているという場合が多いのです。そのなかでも、「さすが、パリジェンヌ!」といえるダイエット方法こそがコレ。

bsy2014121403

【オシャレ度    ★★★★★】

【スタイリッシュ度 ★★★★★】

【シンプル度    ★★★★★】

フランス女性は、ジムに通って毎日運動するというよりも、日々の生活の中の運動を毎日積み重ねていくタイプ。できるだけ多く歩いたり、エレベーターに乗る代わりに階段を使ったりして、日常的にエクササイズを取り入れています。なかでも、女性はショッピングに行く頻度が多いため、そんなときは“フラットシューズ”を履き、よりダイエット効果を高めているんだそう!

 

「すぐにやせられる!」という即効性は、低めですが、コツコツと積み重ねるダイエットをしていきたい人にはぴったりな方法ですね♪

肉食女子向け!?
セレブにも話題な『デュカン・ダイエット』

ダイエットはムリをしないと考えているフランス女性の間でも話題なダイエット法。

【フランスでの知名度 ★★★★☆】

【難易度       ★★☆☆☆】

【肉食女子向け度   ★★★★★】

この方法の特徴は、タンパク質摂取をメインとしている点。ジェニファー・ロペスやデミ・ムーアなどが成功させたことで話題になりました!

主に、ダイエットする期間をこの4つに分けて実行していく方法。

第1段階(アタック・フェーズ)→肉類・魚類・乳製品・卵・大豆などのタンパク質(摂取量は無制限!)をメインとした食事に。ここで一気に体重ダウンへ!

第2段階(クルーズ・フェーズ)→タンパク質のみの食事と、タンパク質+野菜の食事を交互に。徐々に自分のベスト体重に!

第3段階(コンソリデーション・フェーズ)→タンパク質や野菜に加えて炭水化物も摂取OKに。通常の食生活に少しずつ戻していく!

第4段階(パーマネント・スタビリゼーション・フェーズ)→タンパク質・野菜・果物・炭水化物をバランスよく摂取する食生活に。ただし週1回はタンパク質のみの食事とする日をつくる!

 

日本人はもともと菜食主義な人が多いので、「ちょっと……」という方もいるかも。「ダイエット中にお肉をガマンはかえってストレス!食べたい!」という方にはぴったりかもしれないです(笑)。

どうしてもパンが食べたいなら!
ダイエット時にオススメな「フランスパン」

ダイエット中に、ダメだとわかっていてもパンが食べたくなる時ってありますよね?

そんなときに、オススメなのがフランスパンなのです!!

bsy2014121405

【プチ知識度 ★★★★☆】

【満腹度   ★★★★★】

【手軽度   ★★★★☆】

モチモチっとした日本のパンに比べ、粘りと弾力が少ないフランス産の小麦を使ったパン。オススメなワケは、フランス産の小麦に血糖値を急速にあげる性質をもつグルテンが少ないからなんだとか。このグルテンの摂取を控えることでやせる効果も!

基本的にフランスパンは、卵やバター、油などを使わず、小麦粉と酵母、水、塩だけでつくられているので必然的にカロリーも低くなっています。しかも、フランスパンは固さがあるので、かむ回数が増えて満腹感も生まれやすいというメリットもあります。そのため、ダイエットのストレスで、食べ過ぎてしまうのを防ぐ効果もるんだとか。

どうしても、「パンが食べたい!」というときは、ぜひともフランスパンをお試しください★

パリジェンヌはあたり前に飲んでいる
意外な効果アリな「硬水」

日本の水は、軟水なことはもちろん知っていますよね?反対に、フランスを含めたヨーロッパは硬水が主流となっています。硬水はあまり飲むのに適さないといわれていますが、実はミネラルがたくさんふくまれているので、ダイエットや便秘解消に効果的だといわれているんだそう!

【習慣化させたい度 ★★★★★】

【手軽度      ★★★★☆】

【飲みやすい度   ★★☆☆☆】

硬水には、豊富なミネラル(ルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムなど)がふくまれています。そのなかでも、マグネシウムは便秘解消の効果があり、カリウムには腸の働きを活発にしてくれる効果があるんだそう!

また、この硬水がダイエットにオススメなワケは、

ダイエットで不足しがちなミネラルが補給できるから!

食前に飲むと空腹感を抑えることができるから!

体内の毒素を溜めにくくし、代謝がアップするから!

といわれているからです★

ダイエット時に必要な水の量は、約1.5リットル。一度に、一気に飲むのではなく、一日のなかでこまめに摂るように心がけてくださいね!

硬水は、コンビニやスーパーでGETできるとあって、気軽に挑戦することができます。

代表的なもので飲みやすいものは、「エビアン」、硬度が高めで飲みにくいけど効果的なのは「コントレックス」。

ちなみに、「なんだか、重くって飲みにくい」という方は、“レモン”を入れると飲みやすくなるみたいですよ❤

まるで、海の妖精……!?
セルライト解消のひと手間ケア「ワカメ」

街なかを颯爽に歩く、パリジェンヌたちがバスタイムでは、こんな努力をしていたなんて想像すると少し、尊敬。ちょっと、挑戦しづらいけどこれでセルライトが減るならやって観る価値ありかも……。

【ヌルヌル度 ★★★★☆】

【美肌度   ★★★★★】

【高級度   ★★★☆☆】

方法としては、ワカメをセルライトが気になる部分に巻きつけます(脚や腕、お腹など)。

その上から、熱いお湯(40度~45度くらい)をかけていくんだとか。ワカメにはヨウ素が豊富に含まれているため、血流を良くしてセルライトを少なくする効果があるんだとか……。

イラスト/大坪ゆり

イラスト/大坪ゆり

なんだか、ハリー・ポッターに出てくる水魔を思い出してしまった……(汗)。

ちょっとした、好奇心に任せて一度やってみてはいかが❤

 

いかがでしたか?

フランス女性の美容法は、思ったよりもシンプルでまさに、自然美という印象が強かったです。即効性は少ないかもしれないけど、コツコツと毎日の積み重ねが大切なようですね!

ストイックで、与え過ぎな美容が多いと感じたあなた!

明日から、目指せ!パリジェンヌですよ~♪

それでは、また来週!!

~Au revoir.(オ フヴォワーフ)~


2014/12/14 | キーワド: , , | 記事: