Lifestyle

医学的にも証明された!「ストレス解消には泣くのが一番」

boy20141213-3

なんだか今日は疲れたなあ。マッサージに行って思いっきり癒やされてストレス解消だ! …大人ほどこういったストレスの解消方法に走りがちですが、マッサージよりはるかにストレス解消できてしまうのが「泣く」こと。最近では医学的にも証明されたらしいですよ。

boy2014121301

 

ちょっとスゴイ参考資料

「涙—人はなぜ泣くのか」の著者である、アメリカのウィリアム・H・フレイ博士の「涙」の研究結果がスゴイんです。これは1985年に行われた研究なのですが、ざっくりご紹介すると私たちの流す涙には3種類あり、1つめは目を守るための涙、2つめは「しみる!」と思ったりするときに出る刺激の涙、そして3つめは感情の涙です。そこでそれぞれの涙の成分の研究をしていると、玉ねぎなどで出た刺激の涙と、感情から出た涙の成分の違いにウィリアム博士ビックリ。感情から出た涙からはACTH(副腎皮質刺激ホルモン)が検出されたのです。

 

ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)とは

ACTH(副腎皮質刺激ホルモン)とは、私たちが生活していてストレスを感じたときに分泌されるホルモンのこと。この研究でわかったことは、それが感情によって出た涙によって、涙と一緒にストレスホルモンも体の外へと出て行ったということ! この研究に対し「ほんとぉ?」と思った東京の女子医科大学では感情の涙を流す前と後での、血液中のストレスホルモンの値を調べてみることに。すると、涙を流した後ではACTHが少なくなっていたんだそう。これらの研究からわかるように、「涙を流すとスッキリする」というのは本当のようですね。

 

ストレスを感じたら泣く。これぞ大人の解消法

ストレスを感じて癒されにマッサージなどに行くことは悪いことではありません。むしろ、そうやって精神も肉体も解きほぐしてくれる場に行くのは何もしないより断然効果あり! なのですが、やっぱり一番手っ取り早くストレスを解消してくれるのは感情にまかせて泣くこと。「ストレス溜まってるなあ…」と感じたら、”溜まったストレスを外にだす方法”として、感動する映画や漫画を借りてきて思いっきり泣いてみるといいかもしれません。 翌日には、ストレスも忘れてケロッと会社に向かうあなたがいるかもしれませんよ。

 


2014/12/17 | キーワド: , , , , | 記事: