Lifestyle

2015年春スタート! カラダが喜ぶ、新『機能性表示食品』って何だ?【前編】

baw2014121501

『特定保険食品(以下トクホ)』、『栄養機能食品』に続き、2015年春に導入される新『機能性表示食品』制度。”健康効果”や”カラダのどこに効くのか”がパッケージに表示できるようになるため、商品選びの新しい指針になりそうです。

 新『機能性表示』制度が導入されることになった背景は?

第二次安倍内閣による日本再興戦略の一環として、2013年6月に閣議決定された規制改革実施計画が発端。国民が自らの健康を守るための的確な情報提供の他、農産物の海外展開を視野も視野に。諸外国よりもわかりやすい機能性表示の仕組みを作ることを目的に『トクホ』、『栄養機能食品』に続く第三の制度『機能性表示食品』が登場することになりました。

『機能性表示』で何がどう変わるの?

 カラダのどのパーツにどう機能するのかひと目でわかる

現行の仕組みで表示可能な部位は「歯」、「骨」、「腹」のみでしたが、新制度ではさまざまな部位が表示できるように。さらに科学的な根拠をもとに「疲労」、「ストレス」、「睡眠」などの健康効果も表示できるようになる見込みです。

 野菜、魚も新制度の対象食品に

表示された効果が期待できるだけの量を食べることが可能であれば、生鮮食品や農水産物でも機能性の表示ができるようになります。ここ数年目にする機会の増えた“高リコピントマト”以外にも、肝臓の働きをサポートする“スルフォラファン含有ブロッコリー”や血糖値が気になる人注目の“大豆グルガン高含有大豆”といった野菜が続々と登場する可能性大。さらにエサにコラーゲンを加えて育てた”コラーゲン鯛”などの研究も進んでおり、今後の展開に期待がふくらみます。

 根拠となるデータの確認が可能

『トクホ』表示の取得には、製品そのものでの臨床試験が必要でした。そのため費用等の面での負担が大きく、大企業以外の参入は実質的に難しいのが現状でした。しかし、今回の新制度では、消費者庁が定めたガイドラインに沿った食品での臨床試験もしくは、機能性関与成分の研究論文の分析結果が基準に見合っていれば、『機能性表示食品』の表示対象になります。消費者にわかりやすい形でのデータ開示もされることになるため、自分に適した成分や食品への理解が進むきっかけにもなりそうです。

 

まずは『機能性表示食品』の概要をザザッとおさえましたがいかがでしたか? 「まだまだよくわからない…」というアナタはQ&A方式でお伝えする【後半】をチェックして。


2014/12/15 | キーワド: , | 記事: