Lifestyle

美活レシピVol.1 冬はHOTで♪ほくほくカボチャの温スムージーレシピ

bam2014121504

美しい肌をつくるためには、まず食生活が何よりも大切。身体の内側から健康であることこそが、キレイな素肌を生みだすのです。・・・と分かっていながらも、忙しい日々を送る私達は、何かと食事が乱れがち。

そこで、皆さんの美活をサポートする、スムージーの作り方をご紹介!美肌づくりで注目したい栄養素を、手軽に摂取できてしまいます。スムージーと聞くと夏においしいイメージですが、今回は寒い季節におすすめの、ほっこり温かいカボチャを使ったスムージーのレシピです。まず、主役のカボチャの栄養素を解説しましょう。

 

β-カロテン

栄養価の高さで知られるカボチャは、野菜の中でもβ-カロテンの含有量がトップクラス。β-カロテンは、肌や粘膜の再生を促して丈夫にし、免疫力を高めます。また、お肌をサビさせる原因の活性酸素を除去する抗酸化作用もあります。

 

ビタミンC

抗酸化作用があり、紫外線に対する抵抗力をつけます。美白やエイジングケアに欠かせないビタミンです。カボチャに含まれるビタミンCは、加熱しても損失が少ないのが特徴。

 

ビタミンE

ビタミンの中でも最も強い抗酸化作用があり、老化を予防するビタミンとして知られています。また、血行を促進し身体を温めるので、冷え性の改善にも効果があります。

bam2014121502

 

β-カロテンは、ビタミンCとEを一緒に摂取することで、その働きをよりアップさせます。その全てを含んだカボチャは、まさに美肌づくりの野菜の王様と言えるのです!そこへ、

・牛乳 ― 身体や肌をつくる根本的な栄養素であるタンパク質。

・バナナ ― 肌の健康を維持するビタミンB群の他、ミネラルや食物繊維が豊富。

・シナモン ― 血行を促進して身体を温める。またリラックス効果も。

を加えることで、スーパー美肌スムージーの出来上がり!

 

[材料](1人前)

・カボチャピューレ 1/2カップ(カボチャ 約1/4個分)

・バナナ 1/2本

・牛乳 1カップ

・シナモン 少量(お好みで)

・はちみつ 大さじ1/2(甘みが必要な場合)

 

ワンポイント

かぼちゃの皮には実以上のカロテンが含まれています。種とわたをくり抜き、皮ごと加熱したら熱いうちにつぶしてピューレ状にし、冷凍しておくと便利です。

 

[作り方]

1:すべての材料を、なめらかになるまで1分弱ミキサーにかけます。

2:耐熱用カップに移し、電子レンジで1分ほど温めれば、出来上がり!

bam2014121501

カボチャの収穫期は、実は夏から初秋にかけて。収穫後、追熟することで水分が抜け甘みが増し、栄養価もぐんと高まります。「冬至にカボチャを食べると風邪をひかない」と言われるのは、このことから。

美肌に導く栄養素をバランスよく摂ることができる、このカボチャの温スムージー。寒さで血行や代謝の鈍った身体のめぐりも良くし、カボチャとバナナの豊富な食物繊維でデトックス効果も抜群。ぜひ冬の美活メニューに取り入れて、身体の中からの美しさを手に入れてくださいね!ほくほくとしたカボチャの食感で満腹感が続くので、朝食におすすめですよ♪


2014/12/16 | キーワド: , | 記事: