Lifestyle

話題の『セルカ棒』を使ってみた!オススメのアングルは真上からのショット❤

カメラと積み上げたプリント

TwitterやFacebook、Instagramで自分の日常をアップしたり、さらには自撮りの写メを公開することも今や当たり前となっています。でもただ自分の写真をアップするだけじゃものたりない、“背景をもっと綺麗に写したい!大人数でワイワイしている姿も綺麗に写したい!”とこだわりを持つ人が増えているようです。周りにより自慢できるような写メが撮れる、とっておきのテクニックを紹介しちゃいます。

 

自撮りの高テクニック!「セルカ棒」

自撮りのテクニックもついにここまできました。なんと!専用の棒にスマートフォンを取り付け、距離や角度を自由自在に操って撮れる魔法の棒が登場しました(笑)。

これは「セルカ棒」と呼ばれ、自撮り文化が発達している韓国で大ヒット中です❤韓国ではあのK-POPアイドルから一般人の女の子まで、1人1台持っていると言われているほど。

ちなみに「セルカ(셀카)」とは韓製英語の「self camera(セルフカメラ)」の略で、日本語で「自撮り」を意味します。ただのセルカで物足りないと感じていたそこのあなた!「セルカ棒」は自撮りテクの最新バージョンですよ♪

 

遠隔操作でシャッターが切れる!

セルカ棒にもいろいろなタイプがありますが、今回はリモコン付きの『TOLme(トルミー)』を紹介します。使い方はとっても簡単!

まずは、専用無料アプリ「Snap remote」をダウンロードします。ダウンロード後、アプリを立ち上げてセルカ棒にスマートフォンをセット!そうするとリモコンで遠隔操作してシャッターを切ることができるのです。棒の伸縮は23~109cmまでと想像以上の伸びっぷり!周りから見ると撮っている姿がちょっと笑えますが、写メの構図は完璧なのです(笑)!

※『TOLme』の対応OSはiOS 5.1以上、Android 4.0以上です。

実際にどんな写真が撮れるの?

セルカ棒の特徴は、普段自分が伸ばせないような広範囲まで撮影が可能なところです。

たとえば、旅行に行ったら記念撮影は欠かせないですよね。でも家族で行くと、いつもお父さんが写っていなかったり、一人旅の場合も誰かに撮ってもらうのが恥ずかしかったりしますよね……。でも「セルカ棒」さえあればそんな心配もう必要ナシ!

家族写真も全員そろって思い出に残せるし、一人旅も風景ばっかりにならずに観光名所と自分を思う存分写すことができます♪

 

イチオシのアングルを紹介

ここまでは「セルカ棒」の超定番の使い方を紹介しましたが、最後に一つ!私がおすすめするアングルを紹介します。それは……”真上からのショット”です。

普通に携帯で自撮りをしようと思っても絶対に撮れない“真上から”のショット。最近流行りの“公園ピクニック”でも大活躍です。芝生の上にゴロンと寝転がって真上からパシャリ!と撮ると、普段とは全く違う写真が撮れますよ♪

 

 

写真はモノとして思い出に残るから、どうせなら美しく綺麗に撮りたいですよね。自分で自分の写真を撮るというスタイルが浸透してるこの時代!「セルカ棒」をうまく活用して、より素敵な写メを撮りましょう❤


2014/12/21 | | 記事: