Lifestyle

誰よりもはやく食べたい!! 2015年やってくる絶対ハズせないトレンドスイーツTOP3

ooo

2014年のトレンドスイーツと言えば「MAGNOLIA BAKERY(マグノリア・ベーカリー)」などのカップケーキや、「garrett(ギャレット)」や「Hill Valley(ヒルバレー)」のポップコーンが大人気でしたね。

さて、来年はどんなスイーツが人気になるのか気になりませんか?いち早くみなさまに2015年絶対話題になるトレンドスイーツをランキング形式でご紹介します。

 

2015年ハズせない!トレンドスイーツTOP3

3 トンカチで割って食べる!?「シュネーバレン」

ドイツのローデンブルグの伝統菓子であるシュネーバレンは、細長くて平らな生地を丸く揚げ(なかは空洞になっている)、チョコレートやシュガーをコーティングしたスイーツです。シュネーバレンはもともとドイツ語で”雪の玉”の意味があり、見た目はまさに男性の拳くらいの雪の玉です。そんなシュネーバレンが韓国で”ハンマーで叩き割って食べる”というユニークな進化をとげて、現在日本でも大ヒットが予想されています。

日本では福岡の「岩田屋本店」でしか買うことができませんが、徐々に全国でポップアップストアを展開し、2015年には都内に初店舗が進出するはずです!期待して待ちましょう。

 

2 本家がついに日本上陸!?「ダフィン」

2014年はハイブリット・スイーツが数多く誕生しました。ハイブリット・スイーツとは2種類のお菓子をかけあわせたスイーツで、代表作といえば今年人気が爆発した「クロナッツ(クロワッサン✕ドーナッツ)」です。他にも「トウニー(タルト✕ブラウニー)」や「クロッキー(クロワッサン✕オレオクッキー)」などがあげられます。

そんななか、「ダフィン(ドーナツ✕マフィン)」が2015年はもっとブームになるだろうと予想されています。見た目はスコーンのようで、中心にはなんとジャムが混ぜられています。

現在スターバックスでダフィンが売られているようですが、真の本家は「Bea’s Of Bloomsbury」のダフィンです。2015年には本家ダフィンが日本に上陸するかもしれませんね!

 

1 ふわトロ食感が新しい!?「フローズンスモア」

フローズンスモアは、チョコとバニラジェラートを冷たいままマシュマロで包んで冷やし、食べる直前にマシュマロに焼き目をつけて食べる新感覚スイーツです。スモア(S’more)は”some more”が語源で、”おいしくてもっと、いくつも食べたくなる”という意味だそうです。見た目は、女性の拳ひとつ分よりもやや大きめで、キューブの形をしています。串にささているキューブを大きな口でパクリとかぶりつくのが、本場のNYスタイル❤

そんなニュースタイルのスイーツが2015年春に東京の表参道に、日本初上陸します!お店の名前は「DOMINIQUE ANSEL BAKERY(ドミニク・アンセル・ベーカリー)」です。まだオープン詳細は出ていませんが、またひとつ表参道の名所が増える予感がします。

 

 

その他にも2015年は15だけに「イチゴ」が大ブームを巻き起こすと言われています。新年明けたらすぐにでも食べたいイチゴビュッフェ&フェア開催中のホテルをご紹介します。

イチゴYearが満喫できるホテル

◆ウェスティンホテル「ストロベリーデザートブッフェ」

◆横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ「ストロベリーフェア」

◆ヒルトン東京 「デザートブッフェ ストロベリー・アート」

◆グランドハイアット東京「苺スイーツ&ブレッド」

◆ホテルオークラ東京ベイ「スイートランチ~苺祭り~」

◆グランドプリンスホテル高輪「プレミアムストロベリースイーツブッフェ」

◆横浜ベイホテル東急「いちごジャーニー」

◆ホテル日航東京「スカイベリーアフタヌーンティー」

◆ホテルニューオータニ「いちごフェア」

◆ザ・キャピトルホテル東京「ストロベリーフェア2015」

 

ホテルでブッフェやフェアが開かれるだけでなく、フルーツタルト専門店「キルフェボン」では”白イチゴ~初恋の香り~のタルト”が発売されるそうです。春が旬のイチゴ、ぜひ食べ損ねないように今から予約するのが賢い方法ですよ。

 

 

いかがでしたか?スイーツはいつだって女性の心をときめかせる魔法の食べ物ですよね。何時間待っても食べたい話題のスイーツ、今からしっかりリサーチしておけばアナタが一番に食べれるかもしれませんよ❤


2014/12/27 | キーワド: | 記事: