Lifestyle

ワイヤー?マウスピース?今話題の歯列矯正方法を聞いてきました!

boy20141227001

前回の記事でご紹介した、歯並びが悪い女性は恋愛圏外になるというショッキングなお話。恋愛圏外なんて、、、絶対ヤダ。この寒い季節に人肌恋しいし……、ってどうにかするために、もう一度前回の記事を復習しました。そこで気になるキーワードを発見!!先生のお話の最後に出てきた『マウスピース矯正』。なにやら新しい矯正方法として、ちょっとだけ聞いたことある。けど、普通の矯正と何が違うの??ということで、今回は具体的な歯列矯正方法について取材してきました!

患者さんの95%が大人の歯列矯正

今回取材してきたのは、新宿にある五十嵐歯科室の五十嵐祐二副院長。なんと、歯列矯正で通っている患者さんのうち95%が成人の方なんだそう。歯列矯正というと、どうしても小中学生のイメージが強かったのですが、今はもうそんなことないですね。大人の歯列矯正が、どんどん常識になってるのかもしれません。ちなみに、歯列矯正を始めるタイミングを聞いたところ、「人それぞれですが、結婚式を控えた花嫁、子育てが落ち着いた主婦、就活前の大学生、または会社に入る前の新入社員などが多いですね」とのこと。みんな、いつかは歯並びを良くしたいとずっと思っていた方が多いとのことです。

歯列矯正の種類

一般的な歯列矯正には3つの種類があります。まず1つ目は、金属製のワイヤーを歯の表面に装着するもの。2つ目は、表と同じ金属製のワイヤーを歯の裏側に装着するもの。そして3つ目が、ワイヤーなどを使わずに透明でうすいマウスピースを装着するものです。1番歴史があるのは1つ目の歯の表面を固定するタイプの歯列矯正ですが、最近出てきたNEWタイプの歯列矯正は痛みをやわらげたり、ひんぱんに通院する必要のないものもあるんだそう。

さっそくそれぞれのメリットとデメリットをご紹介していきます。

Case1 ワイヤー矯正【表】

boy201412297

歯列矯正の中で1番歴史があり、”歯列矯正と言えばこれ!”というくらい一般的によく知られる歯列矯正です。海外の子供がしているイメージも強い方もいるかもしれません。こちらは歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しづつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。歯列矯正の中では比較的目立ってしまうタイプです。

メリット

歴史があるので、十分な実績があり安心できる

ほとんどの症例に対応できる

値段が安い(※一般的に約80万~)

デメリット

装置が目立つ

口内炎ができやすい

歯磨きがしづらいので虫歯になりやすい

食事中に食べ物が装置に挟まりやすい

ワイヤーの調整後に痛みが出ることがある 

Case2 ワイヤー矯正【裏】

boy2014122906

こちらは歯の裏側から「ブラケット」を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ裏から歯を動かしていく矯正法です。一見矯正をしていないように見えるのが最大のメリットですが、医師側が歯の裏側に取り付ける高度な技術が必要なため、値段は少し上がってしまうよう。

メリット

見えにくく、矯正をしていると気づかれない

デメリット

費用が高い(割高である)

慣れるまで話しづらい

食事中に食べ物が装置の間に挟まりやすい

慣れるまでは舌が傷つきやすく、口内炎ができやすい

Case3 マウスピース矯正

boy2014122908

マウスピース矯正は「アライナー」という透明のマウスピースを装着する矯正法です。マウスピース矯正のひとつ「インビザライン・システム」の場合、2週間に1回新しいアライナーに交換しながら1日に20時間以上装着して歯を徐々に移動させます。アライナーはまとめて渡すことも出来るらしく、ひんぱんな通院がいらないんだそう。また最大の違いは、マウスピースなので取り外しが出来るということ。

(マウスピースの装着の時間、交換の頻度などは、メーカーによって若干の違いがあります)

メリット

透明なマウスピースが気づかれにくい

マウスピースを取り外して、歯磨きができる

ひんぱんに通院しなくてすむので長期の旅行や留学も安心

デメリット

さぼりがちな人には不向き

代表的な3つの矯正方法を紹介しましたが、五十嵐歯科室では最近はマウスピース矯正をしている患者さんがどんどん増え続けているそう。

P1130808

「もともとインビザライン・システムというものがアメリカで認知度が高く、最近日本でも浸透しはじめています。とにかく “目立たない”“外せる”というのがいいですね。これは、矯正をするにあたり、最大のメリットだと思います。マススピース矯正があったから、矯正をすることにしました、という患者さんもいます。あと、少し感覚的な話になってしまいますが、“痛くない”というのもあるみたいです。これは患者さんからよく聞く声ですね」。マウスピース矯正は最新の矯正方法ということで、やはりメリットがいろいろあるみたいですね。ちなみに、子どものときに一度矯正して、大人になってから再度矯正する人はほぼ100%、このマウスピース矯正を選ぶそうです。

両方とも経験した人が選んでいるのは説得力がありますよね。これは、ちょっと大至急調べないといけません!次回は、このマウスピース矯正について、もっと詳しく取材します!

◆今回お話を伺った方

五十嵐祐二先生

・五十嵐歯科室 副院長

日本歯科大学歯学部卒業/歯学博士

日本矯正歯科学会 会員/日本成人矯正歯科学会 会員

日本歯科大学 生命学部 非常勤講師/日本口腔診断学会認定医

インビザライン・プラチナエリート・プロバイダー

ホームページ http://www.igarashi-smile.jp/


2014/12/30 | キーワド: , , , , | 記事: