Lifestyle

“笑顔が可愛い” キレイな歯並びは一生ものの武器♡【後編】

boy20141227003

前編では、歯並びの良さがもたらす印象力について説明してきましたが、もちろんそれだけではありません!

“歯並びがいいと虫歯になりにくい”の医学的メカニズムとは?

 

龍センセイ、歯並びがメンタルにもたらすメリット&デメリットはよく理解できたのですが、健康面でも相当お得なんですよね? 「ええ、もちろん。歯列のよさがもたらす一番のメリットは清掃性がよくなることです。つまり歯が磨きやすくなり、結果虫歯のリスクが下がるということ」。毎日同じように歯磨きしていても、歯並びの良し悪しで差がつくってことですか?「残念ながらそういうことになります。靴磨きを想像してみてください。ハイヒールや、スニーカー、革靴を横一列に並べて、ブラシで一気にダーッと」。それはいくら何でも無茶ですって龍センセイ。形もサイズも違いますから。そんな磨き方する人いませんっ!「ハハハッ。でも歯も同じですよ。最近は歯磨きの意識も高まってきているのでフロスを使って1本ずつ磨く人も増えてきましたが、大抵の人は歯ブラシを横に動かして磨くのでは? 形もサイズも違う凸凹したものに一気にブラシをかけてもキレイに磨けないのに対して、キレイに整列した歯が磨きやすいという想像は容易ですよね」。龍センセイ、今の説明わかりやすすぎます! 「ありがとうございます。補足すれば、市販の歯ブラシにせよ歯磨きの仕方というものは、揃った歯列を想定してできています。ということは…」。凸凹している歯はふつうの歯ブラシでは磨ききれないってことですよ、ね? 「はい。必然的に歯を長持ちさせたければ、歯並びをよくしておいた方が断然得なんですよ」。

 

日本人が歯医者を嫌うのは“口元が秘め事”だから?

 

龍センセイ、もうひとつ質問です。こちらのクリニックには外国人の患者さんも多いそうですね。彼らと私たち日本人が持つ歯の意識に違いはありますか? 「欧米の患者さんとコミュニケーションをとる中でよく耳にするのは、日本人の歯並び悪さにショックを受けたという話ですね。事実、サンスターの調査によると、日本人がオーラルケアにかけるお金と時間は先進6カ国中ワースト。それくらい歯に対してモチベーションが低いのです」。えっ、なぜでしょう? 「“歯を見せて笑うな”とか“ヘラヘラ口を開けてるんじゃない”とか子供のころ教えられませんでした?」。確かに…。大口開けて笑うとはしたないと母によく注意されたものです(照)。「日本人にとって口元ってどこか秘め事なんですよ。世界的にいうと、歯を見せて笑うことは本来アピールポイントなのに、真逆でしょ?」。確かに、今トム・クルーズのニカッていう笑顔が浮かんじゃってます(笑)。「日本人って痛みに強いから、歯の痛みも我慢できるんですよ。我慢して虫歯が治るかと問われれば、答えはNOですが。弱点を人に見せるのを嫌がる結果、必然的に口元を隠すようになるのかもしれませんね」。う〜む。それを聞いたらますます歯並びのヨシ子と歯並びのワル子の恋愛偏差値格差が広がった気がしちゃいました。

boy2014122801

 

結論! キレイな歯並びは一生ものの武器♡

 

「先ほどの続きになりますが、欧米人には印象力アップや日本人ほど痛みに強くないという理由の他にもオーラルケアにモチベーションが高いもうひとつの理由があるんですよ」ほぉ、ここまできたらとことん知りたいです。龍センセイ、教えてください! 「ではアキコさん、100万円の自動車って高いと思います?」えぇと…いきなり変化球(困惑)。。。新車は買えないかもしれませんね。車の価格としては安い…ですよね。「正解です。次に医療制度の話ですけど、アメリカにおける歯科診療ってほとんどが実費です。虫歯をこじらせると1本20万円なんて治療費もザラだったりします」。

boy2014122802

えええーっ。歯1本の治療にそんな大金、一大事ですよね。100万円で5本しか治せない計算。「そうなんです。だからアメリカ人は歯のメンテナンスをマメになんです」。妙に納得。ひょっとしてセンセイ、アメリカでは親がスポンサーになって歯の矯正を子供(モンスターでさえ!)の頃からするっていうさっきの話につながります?「やっと勘が鋭くなってきましたね、アキコさん」。あっハイ、恐縮です。「矯正って安くないですよね。でも一度やってしまえばあとはメンテナンスだけ。虫歯のリスクも格段に下がる。つまり一生ものなんですよ。しかも、今は昔ながらのワイヤー矯正だけじゃなく、矯正していることがほとんどバレないマウスピース矯正もあるから、大人の方が多いですよ」。なるほど。どんな高級車でも10年経ったら鉄クズに近づきますもんね。一生ものの自信が手に入って、恋愛にも優位ってまさにプライスレス❤ 「ひと昔前だと、歯をキレイに見せたくて矯正にきたのに、ワイヤーを2、3年使わなくちゃいけないということで、なかなか矯正に踏み切れない人が多くいました。ですが、今だと先ほども話したマウスピース矯正があるので、矯正自体に対する考えも変わってきました。ちなみに当院では、マウスピース矯正の学割システムを設定しています。患者さん自身が歯並びを矯正したいと感じた時、ご両親に説得しやすい材料になればうれしく思っています」。

今回の取材を終えて、歯並びの奥深さ、すごいです。歯問題については、さらに取材を続けていきますので、楽しみにしててください!

 

龍先生の講習会も開催されます!

 

アーテリジェントスクール 第一回「世界基準の笑顔®」を作ろう!講習会総論編  口元だけで評価が変わる!口元の印象が人に与える驚くべき影響!

日時:2015年01月31日 (土) 10:00—12:00

会場:六本木アカデミーヒルズ49(六本木ヒルズ森タワー49階)

http://www.academyhills.com/artelli/detail/tqe2it00000oesmu.html

◆今回お話を伺った方◆

龍信之助先生

︎医療法人社団RMDCC理事長/虎ノ門ヒルズトルナーレ歯科・矯正歯科龍醫院、日本橋浜町トルナーレデンタルクリニック院長。日本歯科人間ドック学会認定医。笑顔を作るスマイルワークアウトプロジェクトプロジェクトリーダー。表情筋の訓練法としてのスマイルワークアウト(登録商標取得)と社会問題解決のスマイルワークアウトムーブメントを実施中。『若返りあごトレ: 顔の下半分に年齢がでる! 』(小学館)をはじめとする執筆活動のかたわら、多数雑誌掲載実績を持つ。また、テレビ・ラジオにも第一線を走る歯科医として活躍の場を広げている。

ホームページ http://www.rmdcc.com/

twitter:@smileworkout、公式blog トルナーレデンタルクリニック・インビザライン矯正歯科

 

 


2014/12/29 | キーワド: , , , , | 記事: