Lifestyle

冷え症改善!? 別名「冷えとりシート」の名をもつ『布ナプキン』を使ってみない?

bam2015010704

新年が始まりましたが、今年の目標は決まりましたか?オシャレに仕事に恋に趣味など、やりたいことが今年もたくさん!なんて人もいるんじゃないでしょうか。

今年も元気に過ごすためには、自分の身体のことをよく知っておくことが大切です。女性は、毎月の生理周期で自分の身体の調子を知ることができます。生理のたびに不調を感じたり、不快感でストレスをためることはもうやめませんか?

 

生理の強い味方!『布ナプキン』って?

布ナプキンとは、布でできた生理用品です。洗って繰り返し使うことができ、環境にも経済的にもやさしいナプキンです。でも、それだけじゃありません。もちろん私たちの身体にもいいことだらけなのです!

 

『布ナプキン』の5つのうれしいメリット

1. ムレ・かゆみ・かぶれを防止してくれる

一般的に使われている紙ナプキンは“不織布(繊維を織らずに絡みあわせたシート状のもの)”で作られていますが、布ナプキンは“コットン素材”で作られているので肌にとてもやさしいのです。身近なもので例えると、紙ナプキンは洋服カバーや換気扇のフィルターで使われている素材と同様ですが、布ナプキンはタオルや下着などと同じ素材で作られているのです。だから、紙ナプキンは動いてこすれるとヒリヒリ痛くなったり、かゆくなったりしやすいのです。

また、紙ナプキンは“湿気も水も逃さないビニール素材”を使用していますが、布ナプキンは“湿気は逃すのに水は逃さない透湿防水布”を使用しています。湿気がこもるとムレの原因になって不快感が増しますが、布ナプキンなら湿気がこもらない作りになっています。

bam2015010702

2. 生理痛・排卵痛がおさえられる

生理痛は、生理活性物質(プロスタグランジン)が原因です。プロスタグランジンは、子宮の収縮を促して、生理の経血を身体の外に排出させる役割をもちます。紙ナプキンには石油素材やダイオキシンが含まれていますが、それらの異物が多いほど収縮活動が増えて痛みが増してしまうのです。私たちは皮膚からも化学物質を吸収してしまうので、化学物質で固めた繊維素材が肌にあたることで生理痛が余計につらくなっていたんですね。

布ナプキンはコットン素材で化学繊維を使用していないものが主流です。生理痛を和らげるのはもちろん、お肌にも優しいと言えます。

 

3. 生理中のニオイが気にならない

生理痛の他に女性が気になっているのが生理中のニオイです。しかし、ご存知でしたか?生理中の経血は「無臭」なのです。一体どこからニオイが発生しているのかというと、ムレによる雑菌が繁殖したニオイと、紙ナプキンに含まれる化学物質が経血と触れあうことで発生するニオイなのです。

布ナプキンなら通気性に優れたつくりになっているうえ、科学物質を使用していないのでニオイの発生をおさえることができます。

 

4. 冷え症が改善できる

近年では、およそ8割もの女性が冷え症で悩んでいるそうです。身体が冷えていると生理もどんどんひどくなるそうですが、生理中は骨盤のなかの血流が悪くなり、うっ血(血が詰まってしまうこと)しやすい状態になります。血流が悪くなるとさらに身体を冷やしてしまうので悪循環におちいってしまいます。

紙ナプキンは、吸水性に優れた薬剤を使用しており、ドバッと出た経血でもすぐさまジェリー状に変えることができます。しかし、その薬剤は「熱冷ましシート」などで使われているものと同じで、結果的に冷たいものをずっと身体に密着させていることになります。

布ナプキンは布本来の力で吸水するので、身体を冷やす薬剤などを使用していません。さらに、下着と同じ素材で作られているので自然と衣類の重ね着効果を発揮して身体を温めることにつながります。

bam2015010703

5. ダイエット効果がある

冷え症を改善することで、基礎代謝が上がってダイエット効果も得ることができます。基礎代謝がいいと、脂肪が燃えやすくなってやせやすい身体になるというのはもう常識ですよね。同じ食事をしても、基礎代謝が高い人と低い人ではエネルギー消費量に差がでてしまうのです。布ナプキンは子宮を包み込んで身体を温めてくれるので、紙ナプキンよりも身体を温める効果が高いと言えます。

 

その他にも、布ナプキンは、下着を選ぶ感覚で自分好みのデザインを選べるという楽しみもあります!また、生理用品を使いはじめる思春期のお子さんで「紙ナプキンを使用するときのテープをはがす音が恥ずかしい」と思っている人が多いようです。布ナプキンはボタンでつけ外しするタイプが多いので、周りを気にせず使うことができます。ちなみに、紙ナプキンだと下着に直接貼りつけるので、下着が傷める原因にもなっているんですよ。

bam2015010701

以前は「もれが心配だ」という声が多かったようですが、布ナプキンもどんどん進化しています!今ではもれの心配は不要だそうです。ぜひ2015年は『布ナプキン』にチャレンジしてみませんか?


2015/01/11 | キーワド: | 記事: