Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!〈第35回〉~情熱的な美女の国・スペイン~

bsy2015020101

こんばんは!!最近、「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」という本を買ってしまったサトユリです。

というのは置いといて……、今回の『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』は、毎年、「行きたい国ランキング」では常に上位に挙がる「スペイン」!!

スペインといえば真っ先に思い浮かぶのは……「サクラダファミリア」!

bsy2015012502

カタロニア・モダニズム建築の最も良く知られた作品例であり、カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品です。いまでは、はアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めているモニュメント。ガウディの没後100年にあたる2026年に完成予定のよう。

そして、もうひとつみなさんが連想するものに絶対あるのが「闘牛」。

bsy2015012503

牛と闘牛士が戦う競技は、スペインやポルトガル、フランス、ラテンアメリカなどで行われており、特にスペインでは闘牛は国技とされ、盛ん!

 

また、男性ならばサッカーなども有名ですね。

bsy2015012504

サッカーのワールドカップが行われるたびに、スポットが当てられる美人サポーター。TVに映るスペイン女性は、日焼けした肌、“ボッキュッボン”な体型で健康的な女性が多いような気がします。

スペインで有名な女性といえば、ペネロペ・クルスですよね。確かに、彼女も健康的な美女って感じですもんね!!

それでは、ここからはスペインの美容を紹介★

“5”がキーポイント!
セレブも試した「5ファクターダイエット」

レディー・ガガ、アリシア・キーズ、ジェシカ・シンプソン、ハル・ベリーなどの有名セレブが実践したことでも知られているダイエット法。数字の“5”が重要!

【知名度   ★★★☆☆】

【スパルタ度 ★★★☆☆】

【成功度   ★★★★☆】

 

「5ファクターダイエット」とは、簡単にいうと1日5食に分けて食べるというもの(また食事事内容には5つのルールがある)。

~食事内容~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 摂取する栄養の半分が炭水化物になるようにする

米やパンなどだけでなく、豆類や果物、野菜などから炭水化物を摂取する。

血糖値を上昇させにくい食材(GI値の低い食材)を選ぶと良い。

  • 脂質が少なく、良質なたんぱく質を摂取する

赤身肉や青魚、卵白などが好ましい。

  • 1食で5~10gの食物繊維を摂取する

野菜や果物の皮には食物繊維が多く含まれているので、可能なものは皮ごと摂取すると良い。

4 良質な油で脂質を摂取する

不飽和脂肪酸や必須脂肪酸などを含くまれたエキストラバージンオイル・えごま油・菜種油を選ぶと良い。

5 水分を多めに摂取する

水・お茶・コーヒー(無糖)・紅茶(無糖)などで十分に水分補給を。

※ また、食事のタイミングは、食事と食事の間隔がほぼ同じくなる時間帯に摂るのがいいよう。つまり、「起きている時間÷5=食事間隔の時間」ということ。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

その他のルールには、1日25分程度の運動を週に5日取り入れることや週に1度ダイエットから開放される日を設けることがあります。

この生活を5週間続けると、ダイエット効果が得られるといわれているんだそう。

 

3時間おきに食事を摂れることで、空腹感のストレスが感じないため気持ちよくダイエットすることができそう!!食事内容的にも、日本の和食がぴったりなので、日本人にもおすすめなダイエット法かも。

塗るボトックス!?
スペインが発見した成分「アルジリン」

スペインは、美容先進国のひとつ。

しかし、シワ治療として有名な「ボトックス注射」が法律で禁止されているという珍しい国でもあります。そんなボトックス注射と同じ働きをもつシワ改善成分「アルジリン」を発見したのがスペインだったのです。

【認知度       ★★☆☆☆】

【思わず「へぇ~」度 ★★★★☆】

【低コスト度     ★★★★☆】

そもそも、ボトックス注射とはツリヌス菌毒素から抽出された成分を注射で皮膚の内部に直接注入するという方法。

しかし、このアルジルリンは皮膚の上から塗りこむだけでボトックスと同様の働きをし、しわを改善することを可能なんだとか!!

アルジルリンには、ボトックスと同様に筋肉の動きの元である神経伝達物質の放出を抑制する効果があるといわれています。目じりの笑いジワ・眉間のしわ・額の横ジワ等「表情ジワ」の原因となる「表情筋の動き・緊張」を緩和することで、表情ジワの改善に効果を発揮するんだそう。

 

日々のスキンケアとして使えるアルジリンは、とっても楽ちん♪

しかも、ボトックス注射をする費用は高額(1部分だけでも、30,000円~60,000円ほど)。それに比べて、アルジリンが入ったスキンケア商品は7千円~15,000円ほどなので、費用負担も少なめ!持続して続けることができそうですね~♪

ぷるぷる肌になれる!?
ワイン+フルーツな「サングリアワイン」

オシャレな雑貨屋さんでも、最近見かけるこのサングリアワインには、女性にうれしい美肌効果がたくさん詰まっていたのです。スペイン女性の肌の秘密が明らかに……!?

bsy2015012501

【美味度        ★★★★★】

【入手度        ★★★★★】

【おみやげにおすすめ度 ★★★★☆】

フルーツを入れて楽しむサングリアワインは、スペインのアンダルシア地方の人たちが劣化したワインの保存性を良くし、美味しく飲めるように創意工夫した名残から始まったのだとか。

サングリアは赤や白のワインにフルーツとスパイスやハーブ・シナモンなどを混ぜ合わせて寝かせるのが基本。甘味を加えたり炭酸飲料で割ったりして飲むなど各家庭の好みで作り方や飲み方は様々なんだとか。

サングリアには、ポリフェノールが豊富にふくまれています。ポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれます。この抗酸化作用によって、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防止してシミ・シワ・たるみからお肌を守ってくれるんだとか。

また、サングリアワインにふくまれる栄養素には、優秀なものばかりで、カリウムはナトリウムの排泄を促進し、高血圧予防やむくみ解消に効果。またビタミンCやビタミンEは風邪や感染症予防のほか、がん予防や老化防止、抗ストレス作用もあるといわれています。

 

ただ、サングリアは甘くて飲みやすいので、飲み過ぎにはとくにご注意を!!(汗)

美肌効果に期待大なスーパーフルーツ
ツヤ髪もつくる「クランベリージュースリンス」

髪に輝きを与えるといわれ、世界中のモデルが試したヘアケア法なんだとか。その発祥が実は、このスペインでした。

bsy2015012505

【認知度     ★★★☆☆】

【入手度     ★★★★★】

【試してみたい度 ★★★★★】

そもそも、クランベリーには、シミの原因となるメラニンの色素沈着を防ぐポリフェノールとアルブチンという成分が豊富にふくまれていて美肌効果にとっても期待大なスーパーフルーツなのです!!

その美肌効果に期待たっぷりなクランベリーが実は、髪にも良いんだそう。

方法としては、クランベリージュースをカップ4分の1と同量の水を混ぜ合わせ、シャンプー後にリンスとして使用していくというもので、髪のキューティクルをコートし、発色をよくしてくれるんだとか!!

 

クランベリージュースは、価格としても500円~2,000円くらいで買うことができるから、挑戦もしやすそう!

……興味そそられというそこのあなた!!ぜひ、お試しあれ~♪(笑)

 

スペインのお祭りといえば
全身美容かも……「トマト祭り」

スペインといえば、忘れてはいけないのがこのお祭り!!

トマトをぶつけあうという壮絶なトマトバトルですが、実は女性の参加者も多いんだとか。

【ストレス発散度 ★★★★★】

【隠れ美容!?度 ★★☆☆☆】

【行ってみたい度 ★★★★★】

日本では、トマト祭りと呼ばれているがスペインでは「トマティーナ」と呼ばれている。

・トマトを投げる際は安全のために多少潰してから投げる

・ガラス瓶のような危険なものを持ち込まない

・他人(特に女性)の衣服を破らない

・祭りの時間外には絶対にトマトを投げない

トマト祭りにはこういったルールも存在しているそう。。。

しかし、この祭りの主役でもあるトマトですが、実はとっても美容効果が高いことで、有名ですよね?

イラスト/大坪ゆり

イラスト/大坪ゆり

もしかしたら、当たることでトマトの美容効果が肌から直接得られるのかも……!?

とにかく、全身トマトだらけになるので、行かれる方は覚悟するべし!!!(笑)

 

いかがでしたか?

実は、ここでは紹介しなかったのですがみんなが知っている、あのアイテムが実はスペイン発祥だったのです……!!しかも、それが、ダイエットに美容に効果テキメンなんだとか!

気になる方はコチラからどうぞ❤

トマト祭り……行ってみたい!!死ぬ前に一度は!!(笑)

今回で、『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』も第35回!!

日本を加えて世界の国の数は、194ヶ国。まだまだですね……(汗)。

来週はどこの国をリサーチしましょうか~♪

~また、来週!asta la próxima semana!(アスタ・ラ・プロクシマ・セマナ)~


2015/02/01 | キーワド: , , | 記事: