Lifestyle

知らなきゃ損!損!美肌、美人オーラを作る「はちみつ」の原点を知る❤【はちみつ姉妹3】

bsy2015012717

前回は、はちみつ姉妹の「はちみつ」生活を少し、紹介していきました。

はちみつにふくまれた栄養によって、カラダにプラスなさまざまな効果があったことは理解していただけたかと思います。

しかし、はちみつに対して、きっとギモンがたくさん残ったかと思います。そこで、前回の「はちみつ姉妹の記事1・2」にひき続き、はちみつ姉妹に教えていただいた、はちみつの基本中の基本を解説。

口臭予防に、快眠効果にも!?「はちみつ」には知らなかった健康・美容効果が豊富だった件。【はちみつ姉妹1】

話題の美人姉妹の“つや魅せ肌”のヒミツは「はちみつ生活」にあり!!【はちみつ姉妹2】

基本中の基本!!
はちみつのギモン

bsy22015012718

Q 「そもそも、はちみつはどうやってできるの?」

簡単にいうと、“ミツバチが花の蜜を吸って集めたもの”。ミツバチは集めたはちみつを、巣のなかに持ち帰ります。

しかし、ただ花の蜜を巣に持ち帰るだけで、あんなにも甘~いはちみつになるわけではないのです。

実は、花の蜜の成分はほとんど糖分がなく、他を占めるのは水分。あれだけの甘いはちみつにするためには、糖度を約80%でほぼ水分がない状態にしないといけません。それを、行っているのがミツバチたちだったのです。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ミツバチが行うはちみつまでの道のり ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

1 ミツバチは、花の蜜を吸ったあと自分の蜜袋というところに溜め込みます。

2 このとき、ミツバチの消化液に含まれるインベルターゼという酵素が、ブドウ糖及び果糖に分解します!

3 蜜を巣に持ち帰ると中にいるミツバチの蜜袋に移し、蜜を受け取ってそれを巣にある六角形の部屋の中に入れます。このとき、さらに酵素をプラスし同時に団子状の花粉も混ぜあわせていきます。

4 余分な水分を飛ばしていきますが、巣の中には幼虫やミツバチが入っているため、その体熱や運動の熱のおかげで水分が蒸発していきます!

5 さらに、ミツバチたちが飛ぶことで風が起き、はちみつを乾かしていきます。

6 3日ほどで、濃密な甘いはちみつへ!

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

この作業は、1日何百回もおこなわれているんだとか!しかし、ミツバチ1匹が一生のうちに集めるはちみつの量はわずか小さじ1杯ほど……!!はちみつは、みつばちたちの努力のたまものだったのです。

Q 「はちみつってどのくらいの種類があるの?」

実は、世界で約1000種類もあるといわれています。それぞれの木や花、場所、天候によって味や香織、風味がちがうのだとか。

主に、1つの草花からつくられる「単花蜜」、さまざまな花から採れ自然にブレンドされた百花蜜(マルチフラワー)、樹液を吸った昆虫が分泌する液を働きハチが持ち帰り、貯蔵、熟成させた「甘露蜜」の3種類に分けられるそう。

Q 「はちみつの見分け方って?」

「原産国」「見た目」「処理方法」「種類」

この4つを要チェック!

「原産国」……国産はちみつ、ドイツをはじめとするヨーロッパ諸国のもの、オーストラリアやニュージランド産がおすすめ。

また、ナチュラルなものが良いという方は、人の手があまり加えられていない中東諸島やブラジルなどがいいみたいです。

「見た目」……はちみつのイメージといえば黄色。そのような黄色いはちみつは、花粉が多く入っていて、ビタミンとタンパク質が多くふくまれています。

また、色が濃いめの黒いはちみつは、ミネラルがたっぷり!用途やあなたが求めているもの別に使用するといいかも♪

「処理方法」……非加熱であるもの、生のもの(ローハニー)、低温処理のものを選ぶといい。

「種類」……香りや味わいの深さを楽しみたい人は百花蜜、好きな香りを特定したいという方は単花蜜がおすすめ!

種類としては、ハーブ、樹木、草花、甘露蜜、百花蜜、ナッツ、フルーツなどがあります。なかでも、注目度がアップしそうなのは、いまブームなナッツ系!色や香りが独特なため、好みが分かれやすいのが特徴!まだ試したことがない人はぜひ。

なかでも、はちみつ姉妹のおすすめのはちみつはこちら!

★ 幻のはちみつ「レザーウッドハニー」

bsy2015012707

オーストラリアのタスマニアにしか生息しないレザーウッドの咲く花から抽出されたはちみつ。レザーウッドの花は発芽してから75年してようやく咲き、十分な蜜を採るためにはおよそ100年以上の歳月がかかるんだとか!!他のオーストラリア産のものと比べても抗酸化作用が2~3倍があるともいわれています!

「実際に試食!」

食べたと同時くらいに、口のなかで広がる花の香りがします。一口食べるだけで、リラックスした気持ちになりました。舌ざわりもよく、これが自然のおいしさかと感じました!

★ 日本人好みの「アルタイハニー」

bsy2015012708

薬効と栄養が凝縮された高山植物が多く自生しているアルタイで採られるヨーロッパでは最高級なはちみつ。もともとロシアでは、はちみつが栄養食として重宝されています。治療薬やエネルギー補給、アンチエイジングとして活用されているんだそう。

「実際に試食!」

秘境の地で人の手が加えられていないので、自然の味に近くほんとうに、そのまま花を食べているかのような味わい。クセもあまりないので、いろいろな料理の隠し味にも使えそう!!

また、いままでたくさんのはちみつを試してきたはちみつ姉妹がたどりついたはちみつも!

森の蜜と呼ばれる 決定版ブレンドハニー

bsy2015012706

APIKOKO オリジナルブレンドハニー

 

いかがでしたか?

知っているようで知らなかった、「はちみつ」の真実。知ることができたかと思います。また、いままで、どんなものを使っても肌に合わなかったというそこのあなた!

この話を聞いてきっと、はちみつが試したくなってきたはず……!

次回は、はちみつは内側からキレイを可能にする!「ハニースキン」の定義とは?【はちみつ姉妹4】

はちみつを使ってキレイになった肌=「ハニースキン」を彼女たちは呼んでいるそう。

そこで、「ハニースキン」とはいったいどんなもの定義はあるの?また、内側から取り入れるだけではない“はちみつを塗る”ためのステップも解説!

 

✻ 今回、お話を伺った先生

bsy2015012701

(左)東出佳子

アーユルヴェーダ・メディカルハーブを学び“美と健康”をコンセプトとした飲食店経営を経て、肌から食すという考え方に着目し、食材を肌にパックし研究、開発。NZ産マヌカハニーとの出会いにより長年抱えていた肌トラブルのニキビが改善。はちみつのすばらしさに魅せられ、世界中のはちみつを探求。2009年はちみつ美容研究家として活動をスタート。はちみつ美容を取り入れた、スキンケアからメイクアップまでのトータルビューティーを提案。

(右)東出直子

生まれつきアトピー性皮膚炎に悩まされ、アーユルヴェーダ・メディカルハーブを学び、予防医学・自然治癒学に強く惹かれる。美容系商社でスキンケア商材、コスメ営業を経験。結婚、出産を機に「食す美」と健康にも積極的に取り組む。シンガポールにてベビーヨガインストラクター、モデルとして活躍。帰国後、はちみつでの自身のアトピー克服体験を伝えるべく、2012年より姉妹ではちみつ美容家として活動中。

はちみつ姉妹 オフィシャル http://apikoko.com/


2015/01/31 | キーワド: , , , , | 記事: