Lifestyle

【愛をささやいたら死刑!?】衝撃的な世界のバレンタインデー事情をのぞき見❤【1】

bsy2015020501

2月14日といえば、バレンタインデー。

今年は、土曜日ということもあり、“サタデーバレンタイン”と呼ばれているそう。

日本では、女性から男性にチョコレートを送って想いを伝えるというものが一般的な風習でありますが、実際のところ他の国はどんなバレンタインデーを過ごしているか気になりますよね……!

ということで、今回は世界のバレンタインデーの風習をご紹介していきますよ~♪

世界のバレンタインデー事情!!【アジア・ヨーロッパ・オセアニア編】

【アジア】

bsy2015020503

韓国の場合……「もらえなかった人はブラックデーで祝う」

韓国では日本と同じく、女性から男性へ贈り物をする日となっています。また、韓国には、バレンタインデーに恋人ができなかった、贈り物がもらえなかった人が祝う日が設けられています。それは、4月14日の「ブラックデー」と呼ばれるもの。また、韓国ではバスケットにチョコレートをたくさん詰めて、可愛いラッピングしたものをプレゼントすることが定番化しているみたい!韓国では、作るというよりは買ったものをあげるというのが主流のよう。

台湾の場合……「バラの本数が好きの度合い」

台湾では、2月14日の他に、7月7日の2日間のバレンタインデーがあるんだそう。女性からではなく、男性から女性にバラの花束を贈ります。そのバラの本数には意味があり、1本なら「Only Love!(ぞっこん)」、11本(ぽん)なら「Favorite!(一番好き)」、9本なら「Forever!(一生好き)」そして、108本なら「Marry me!(結婚して!)」という意味があるんだとか。。。

サウジアラビアの場合……「愛をささやいたら死刑!?」

サウジアラビアでは、イスラム教の教えによって、バレンタインデーを祝うということを禁止しているんだそう。しかし、宗教的な禁止に反対な人たちは隠れてバレンタインデーを祝っているんだとか。しかし、最近ではその取り締りも厳しくなっていて、最悪の場合死刑になる場合もあるみたいです……(汗)。

【ヨーロッパ】

bsy2015020505

イギリスの場合……「愛をお互いに伝え合う」

イギリスでは、男性から女性へ贈り物をするのが一般的なようです。贈り物もチョコレートというわけではなく、花やワイン、シャンパンなどが主流なんだそう。

もしも、意中の相手にプレゼントをする場合でもイギリスの男性はカードやプレゼントには名前を記さないんだとか……!誰かわからない、さりげない渡し方をするのがイギリス紳士のやり方のよう。

フィンランドの場合……「愛情よりも友情を深める」

フィンランドでは、恋人同士というより、友達同士の友情と深める日“友情の日(ユスタヴァンパイヴァ)”と呼ばれているそう。この日は、友達や家族に花、メッセージカード、小さなプレゼントなどを贈るよう。ちょっと、特殊なのがフィンランドの郵政省が特別に作る赤いハートのモチーフがデザインされた記念のカードや切手などがあるんだとか!

スペインの場合……「本を贈る知的アピール!?」

スペインでは、「恋人たちの日」と考えられています。ただ、4月23日の「愛の日」と呼ばれる日もあるんだとか。その日は、「シェイクスピアの命日」「サン・ジョルディ(守護聖人)がカタルーニャ地方を救った日」「ドン・キホーテの著者の命日」が重なった日なので、この日は女性から男性に本を贈るという習慣があるそう!

スコットランドの場合……「2つの紙で男女を引き合わせる」

スコットランドでは、バレンタインデーにお祭りが行われるようです。そこで、男女の名前を書いた紙を帽子に入れ、くじ引きのようにひいた男女を巡りあわせるという方法がとられているのです。基本的に、男性が女性にプレゼントを贈るよう。この機会で出会った男女がそのまま結婚!という流れはスコットランドでは珍しいことではないようです。

【オセアニア】

bsy2015020504

オースラリアの場合……「男女で気持ちを形にして贈り合う」

オーストラリアでは、伝統的な考えだと男性から女性に贈り物をする日なんだそう。しかし、最近では男女共にプレゼントをし合ったり、告白をしたりするようです。また、オーストラリアにはホワイトデーというものがないため、お返しは期待できないそうです。だからこそ、バレンタインデーに男女どちらもアプローチするのかもしれませんね。

世界のバレンタインデー事情、いかがだったでしょうか?

日本では、女性から男性にチョコレートあげたり、告白したりが主流ではありますが、世界では反対の場合があったりして……むしろ、うらやましい限りですよね!(笑)

最近では、義理チョコや友チョコまたは、自分に贈る自分チョコなども多くなってきているので、「絶対、恋人の日!」という概念もなくなってきていますので、深く考える必要もないのですが……(笑)。

ぜひ、いままでのバレンタインデーの過ごし方では飽き飽きという方は今回紹介した国々のバレンタインデー事情を参考にしてみてくださいね❤(次回は、北アメリカ・南アメリカ・アフリカ編)

~来たるバレンタインデー、良い1日になりますように~


2015/02/10 | キーワド: , , | 記事: