Lifestyle

あなたも当てはまる!?追い込み女子のあるあるエピソード4選❤【クリエイター 森もり子さん3】

bsy2015021104

前回、前々回の「森もり子さんの記事1・2」にひき続き、LINEスタンプ「もっと私にかまってよ!」のクリエイター、森もり子さんにお話をいただきました。

今回は、“もしかしたらあなたが追い込み女子かも!?”と思わず、思ってしまうような『追い込み女子あるあるエピソード』を著書「返事をくれない彼氏を追い込んでます。」から森もり子さんに4つ選んでいただきました!

当てはまったなら、もしかしたらあなたは追い込み女子かも!?

「追い込み女子」もり子の恋愛観がせきららに!?【クリエイター 森もり子さん1】

逆なでしないで!!あなたのまわりにいる追い込み女子の取り扱い説明書【クリエイター 森もり子さん2】

 追い込み女子の可能性をCHECK!

 

bsy2015021402

【追い込み女子度 ★★☆☆☆】

「デートのとき、こんなこと思うことありませんか?これは、ちゃんと自分を見て可愛いといって欲しいアピールしている最中。恋人といる時間なら、いつだって可愛い思われたいものです。」

【追い込み女子度 ★★★☆☆】

「なんだか、横から自然を感じる……。ってこと、男女ともにあると思うんです。TV越しにアイドルや俳優を見ているときなど(笑)。そんなときに、感じているけどあえて触れないところが、イラストではなくて本当にあったことのように思える人間性を感じますね。」

 

【追い込み女子度 ★★★★☆】

「喧嘩しているときに、うれしいことがふと頭に思い浮かぶという図。口ぐせがうつったり、恋人が私を思ってけんかしてくれる、いま、かまわれているかもといったちょっとのことがけんか中なのにうれしいなんてこと経験したことありませんか?」

【追い込み女子度 ★★★★★】

「あると思います(笑)。手紙を書いているうちに、泣いちゃうこと……。恋人のことが好きならあると思うんです。文章にもあるように高まる気持ちを抑えきれないのが不器用で、素直なところが特徴的かも。」

いかがでしたか?

「当てはまった!」という女子は、どのくらいいたのだろう~。このイラストに共感したのだったら、もうすでにあなたは追い込み女子予備軍の可能性が高め……!

必死に“好き”を伝えようとして、空回りしてしまうと相手を追い込んでしまうのはもちろん、実は自分も追い込んでいしまっているのかも……。

あなたは、ちょっとだけ不器用なだけ。この機会にちょっとだけ、自分自身を客観的にみてみるのもいいかもしれませんね。

 

✻ 今回お話を伺った方

森もり子さん

1988年生まれ、福岡出身。性別不詳の元OL。

LINEクリエイターズマーケットから販売した「もっと私にかまってよ!」(返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ)で話題を集める。

bsy2015021401

『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』1,000円(税抜)KADOKAWAメディアファクトリー


2015/02/14 | キーワド: , , | 記事: