Lifestyle

20代も油断大敵!?美乳メソッドの『乳トレ』を始める前にセルフCHECK★【経絡整体師 朝井麗華先生2】

bsy2015020509

前回の「朝井麗華先生の記事1」は、ご覧になっていただけたでしょうか?

バストのコンプレックスは、あなた自身がつくりあげていたという、なかなかショッキングなことを知ることになったかと思います。。。

ですが、あなたはバストの大きさ、何カップというものばかりにとらわれて、本当の美バストがどんなものか迷走してはいませんか?

前回にひき続き、おっぱい番長こと、朝井麗華先生に「美バスト」の定義というものを教わってきました。

「まだ、20代だし大丈夫でしょ!」と思っている方、油断大敵なんです……!

 【要チェック!!】“バストのコンプレックス”を作り出すNG生活習慣とは?【経絡整体師 朝井麗華先生1】

自分の目で確かめよう!
バストのセルフCHECK

□ ブラのトップが落ちやすい □ 乳首は肩とひじの中央よりも下

□ ブラの跡が10分以上残る □ バスタオルを巻いても落ちる

□ 乳首が顔幅よりも外側にある □ 昔よりもアンダーの数字が大きい

□ 肋骨の間に指が全然入らない □ ブラの脇に肉がはみ出ている

□ 触れるとふにゃっと柔らかい □ 左右の胸で大きさに差がある

上記のCHECK項目に当てはまる数の合計を出してみてください。その数によって、あなたのバストレベルがどのあたりなのか知ることができるのです。

※ 8~10個の人

すでに、「ダメおっぱい候補」に名乗り上げている可能大!!自分でも確認できるくらい形が崩れていたり、垂れていたりと自覚症状がある人も多いはずです。また、肩や首のこりもひどく、疲れやすいということも。実際年齢よりも老けてしまったバストの持ち主かも。

※ 4~7個の人

「おっぱい問題児」の可能性大!!もう少し、頑張れば良いバストになることはわかっているのに、見て見ぬふりをしがちでは?本来の胸の実力をまだ活かしきれていないのかも。

※ 0~3個の人

身体のゆがみやこりも少なく、「それなりバスト」。ただ、より良いバストを目指すためには、まだまだ修行が必要そう。バストだけでなく、血流をアップさせて美肌効果を高めてみては?

あなたは、どのくらい当てはまったでしょうか?あなた自身のバストの状態を見直す良いチャンス。さて、次は鏡の前で再度CHECKすべきバストのバランスを検証!

大きさより大切なものは、「バランス」!

bsy2015020610

 筋肉の柔らかさ

バストの上部の骨と骨の間を指でプッシュしてみましょう。もしも、指がまったく入らなかったり、痛みがある方はコリがある証拠!コリを撃退し、やわらかおっぱいへ。

 バージスライン

バストとボディの境界線のことをバージスラインと呼びます。この境界線が、あいまいな人は胸のお肉が周囲へと流れている証拠!

 バストのたるみ

年齢があがるにつれてその垂れ具合は、より分かりやすいことに。肩からひじまでの距離で1/2よりも上にバストトップがおさまっていない=垂れ乳の可能性大!

④ 美乳のトライアングル

鎖骨中央のくぼみとバストトップを結ぶと正三角形ができれば美乳のバランス的に合格!

おっぱい番長が教える美バストの3大POINT!

朝井先生が考えるバストケア方法として一番大切なことは……「筋肉の緊張を解き放ち、バストを本来の位置に戻し、ふっくら感を復活させる」といもの。

そのためには心がけることが3つあるとのこと!

POINT1 大胸筋

2つめは、大胸筋!これは、バストの土台というべき大切な筋肉。ここが固く縮んでいると垂れ乳になりやすくなってしまいます。しかも、縮こまった大胸筋に引っ張られて肩が落ち、肩甲骨の動きも鈍くなってしまうのです。

POINT2 肩甲骨

1つめは、肩甲骨!現代の女性はとくに、肩甲骨が埋もれてしまって動きが悪くなり可動域が狭くなってしまっています。それは、パソコンやスマートフォンの普及もとても関係しているんだとか。

ずっと同じ姿勢でいると、肩が前に落ち固まるため、胸につながる筋肉が硬くなってしまいます。

そうすると……、

☒ バストを引き上げる力がなくなる

☒ 呼吸が浅くなる

☒ バストへの血流不足

☒ 身体の幅が大きくなる

などといった、身体への悪影響が起きてきてしまいます。

POINT3 肋骨

3つめは、助骨!正確には、「肋間筋(ろっかんきん)」という助骨と助骨の間の筋肉なんだそう。そして、別名“呼吸筋”とも呼ばれています。実は、ここがカッチカチに固まっている方が多いと朝井先生は豪語していました。

肋間筋が固まっていると、胸郭が広がってしまうのでバストは外側に引っ張られてしまいます。胸郭の伸縮は横隔膜の動きと連動しているためこの動きをよくしてあげると、胃腸などの内蔵も活発に動くようになり体調もぐんと良くなる傾向があるんだとか。

いかがでしたか?

朝井先生のバストケア方法は、基本的にこの3つの部位に働きかけ美乳へと導いていくメソッド。決して、バストだけのケアではなく、そのまわりの連動する筋肉などを解していくことで“ブリンブリン”で“アゲアゲ”なおっぱいへと導くことができるんだそう。

次回は、おっぱい番長が編み出した「乳トレ」をもっと詳しく解説。合わせて、「乳トレ」のなかでもおおすすめなトレーニングなひとつ『親指ブスブス』の動画も公開!日頃のすきま時間にできる簡単な方法なので、ぜひCHECKお忘れなく~❤

 

✻ 今回、お話を伺った方

bsy2015020604

朝井麗華先生

経絡整体師 「気・Reika」主宰。臨床検査業界を経て、アロマセラピーや東洋医学を学び、推拿の素晴らしさに目覚める。

バストを中心とした施術の的確さから「おっぱい番長」と称されるように。訪れた人は必ずバストサイズがアップし、メリハリのついた美ボディになれると話題、伝説のサロンとなっている。

いま、各メディアから最も注目されているゴットハンドなテクニックを持つ美人整体師。

★現在、独自技術のスクール「気・Reikaアカデミー」主宰。気・Reika式推拿整体講座や乳トレティーチャー養成講座・乳トレセラピスト養成講座など開催。

詳しくはこちらから
「乳トレティーチャー養成講座&乳トレセラピスト養成講座」
「おっぱい番長の乳トレ検定」

2015/02/06 | キーワド: , , | 記事: