Lifestyle

メタボな彼に『グラノーラ入りチョコバー』の手作りはいかが?

bmk20150211①

【おいしく食べてキレイになれる! 「ベツバラレシピ」第1回】

バレンタインまであと4日❤ 本日はとても簡単な手作りチョコレシピとチョコレートの美容効果をご紹介。レシピは、カロリーセーブもできて美容効果も期待できるので参考にしてみてください♪

チョコレートの美容効果って?

太るしニキビできちゃうし、チョコレートって美容の天敵ってイメージがありますよね。でも、上手に取り入れられたら美容効果も期待できるんです。そこで、カンタンにチョコレートの美容効果5つをまとめてみました。

☑お肌の老化を防げる……カカオに含まれているポリフェノールは抗酸化作用があります。この抗酸化とは身体のサビつきを防ぐということ。つまり老化予防につながります。

☑リラックスできる……カカオに含まれているテオブロミンは自律神経を調節する作用があります。「疲れたときのひと粒のチョコレート」は血糖値を上げるだけでなく、ココロも癒してくれるのです。

☑便通改善し肌荒れを防ぐ……意外にもチョコレートは食物繊維が豊富。つまり、便通が良くなりデトックス効果で荒れた肌が整ったり、肥満予防にもつながります。

☑お肌がうるおいくすみが解消する……チョコレートにはビタミンやミネラルが豊富。ご存知のとおり、ビタミンやミネラルは美肌のために積極的にとりたい栄養素ですね。

☑コレステロールはあがりにくい……脂肪分は多いですが、ステアリン酸やオレイン酸といった良質な脂肪なのです。

キレイになれるチョコレートの食べ方って?

美容効果があるといってもただ食べるのはキケン! 美容効果をあげるために以下3つのポイントに注意してみましょう。

☑カカオ分70%以上のビタータイプを選んで。

☑食べ時時間は午後3時がGOOD。午後3時前後は一日の中で最も脂肪を溜めこみにくい時間帯なのです。

☑少量をちょこちょこ食べて。少しでも満足感を得られるので、一度に大食いするのは注意。

【グラノーラチョコバー】レシピ

今回のレシピのポイントは「グラノーラ」を混ぜるコト! グラノーラは食物繊維やミネラル分が豊富なので、栄養価がアップします。さらに、ザクザクとした食感がプラスされるので少量で満足感が得られるのも嬉しい♪ メタボな彼へのプレゼントとしても、一度にたくさん作れるので友チョコとしてもおすすめです。

bmk20150211①

【材料】 (1/6量で190kcal)

板チョコ……2枚(100g)

生クリーム……1/4カップ

無塩バター……10g

グラノーラ……60g

ドライクランベリー……20g

※10㎝×12㎝のバット1台分です

【作り方】

①板チョコは包丁で刻んでボウルにいれる。ドライクランベリーもあらく刻む。

②鍋に生クリームを入れて中火にかけ、沸騰したらバターを加えて溶かす。

③①の板チョコが入ったボウルに②を入れてゆっくりかき混ぜる。チョコレートがなめらかに溶けたらグラノーラ、クランベリーを加えて混ぜる。

③オーブンシートを敷いたバットに流し入れ、表面を平らにならす。冷蔵庫で3~4時間冷やし固め、チョコペンで線を書く。(アラザンやハートのシュガーチョコなどをのせても可愛いですよ❤)再度、冷蔵庫で冷やしたら食べやすく切り分ける。

【おすすめラッピング方法】

お好きな紙でキャンディ包みにして、マスキングテープを貼ってみて。写真のように可愛く仕上がりますよ♪

料理制作・監修/新谷友里江さん(フードコーディネーター・管理栄養士)


2015/02/10 | キーワド: , , | 記事: