Lifestyle

話題のTwitter作家がささやく 人生をこじらせないヒント【いい女.bot①】

baw20150209004

心理学をベースとした、人生を後押しする強く、優しいツイートで毎日27万人の心を彩り続ける人気ツイッター作家、いい女.botさんに直撃取材。「最近なんだかうまくいってない…」と落ち込んでいるアナタに試してほしい(しかも今すぐ実践できる!)“人生をこじらせない”ヒントとは?

 

そもそもこじらせない人なんていない!

ー程度の差こそあれ、落ち込むことなんてきっと誰にでもあるはず。では、こじらせたあとの一番よい対処法は?「こじらせっぱなしにせず、感情を月単位で客観的にスケジュール管理すると、いろいろ気づくことがありますよ」といい女.botさん。んっ?感情をスケジュール管理??ですか???

こじらせ日は月間スケジュールで管理

いい女.dot:こじらせた日をカレンダーにメモするだけでOKです。そうすると、「デートの2日後にケンカしやすい」、「生理周期の何週目は要注意」といった傾向が見えてきます。傾向がわかってきたら、翌月からスケジュールとして前もって書き込みを。「デート日の2日後の欄に“こじらせない”と笑」。もちろん人間同士のおつき合いですから、それでもケンカになってしまうことはあるでしょう。その時には落ち込んだ理由を自分のせいにするのではなく、もともとそういうタイミングだったと心を納得させる材料にもなり、精神安定剤にもなりますから。

 

脳内に自分の理解者がいるという絶対的安心感

ーなるほど、スケジュール管理ってすぐできそう。自分を客観視するっていう感覚もおもしろいですね。なんだか、落ち込んだ時になぐさめてくれたり、的確すぎるアドバイスをくれる女友達に似ているような気が…。メモすることで、私のことを理解してくれる脳内親友が一人増えた感覚。

物事がうまくいくには時間が必要

いい女.bot:落ち込んでいる時ってどうしてもその問題にフォーカスし過ぎてしまうもの。けれど、問題自体に入り込むのではなく、「先月は1ヶ月に4回だったこじらせ時が今月は2回に減った」と考えられたらどうでしょう?視覚化することで感じ方は大きく変わってみえるものです。今はたまたまつまづいている時期で、永遠に続くわけではないと脳に理解させると気持ちがふっと軽くなりますよ。

こじらせを重症化させないヒント【まとめ】

☑誰だって落ち込む時はある、落ち込んだって大丈夫

☑こじらせ日を月間スケジュール管理して視覚化してみて

☑たまたま落ち込む時期なだけ。ずっとは続きません

 

“こじらせる時は誰にでもある”そう気づくだけでも重症化は防げるんですね。そう思えたら、アキコ、落ち込むのが怖くなくなった気がします。いい女.botさんが発する穏やかかで美しい言葉は「大丈夫、大丈夫」と染まった心の汚れを洗い流してくれるよう。27万人ものフォロワーを癒し続ける理由の一端が見えた気がしました。次回は引き続き、いい女.botさんに【ポジティブ脳になるためのヒント】を教えていただきます。

 

いい女.botさん(@ionnnabot

baw2015021200002

作家。学業と平行して心理学の資格を取得し、ビジネス書作家の付き人として活動。そこで得た学びを元に2012年5月より「いい女になるためのひと言」をテーマにTwitter内で作家活動を開始。1年間で21万、2年で26万人のフォロワーを獲得したTwitterに加筆しまとめた著書『いい女.book 磨けば磨くほど、女は輝く』(ディスカバリー・トゥエンティワン)が好評発売中。

http://ionnna.com/

 


2015/02/10 | キーワド: , , , | 記事: