Lifestyle

毎日摂取すると発症しないかも!? 花粉症に効くドリンク

bmk20150216①

例年より花粉量が多い地域が多数!

今年もやってきますね、花粉の季節が・・・。環境省によると花粉量は東北・関東・北陸・東海地方では例年よりもやや多くなると予測されており、恐怖がつのりますよね。飛散ピーク予測は九州地方で2月下旬、四国・中国・近畿・東海・関東・北陸地方は3月上旬~中旬、東北地方では3月下旬~4月上旬だそうですが、花粉対策は早めに手を打つのが正解。今回は継続的に摂取することで、花粉症緩和が期待できる食品をピックアップしました。今からスタートして花粉症に備えてくださいね!

ケール100%青汁

ケールとは、その栄養価の高さから“野菜の王様”と称されるアブラナ科の野菜。ビタミンやミネラル、食物繊維といったさまざまな栄養素がバランスよく豊富に含まれています。見た目は人の顔の数倍もある大きな葉が特徴。このケール、それだけでなくアレルギー性疾患を引き起こす因子を抑制する成分も含まれているのです。ケール粉末を毎日摂取することで、眼や鼻のつらいアレルギー症状が緩和された研究結果もあるんですよ。

bmk20150216①

本搾り青汁 プレミアム 30本/4,320円(税込)/ファンケルヘルスサイエンス

そんなケールを効果的に摂れるのがこちらの「青汁」! 野菜そのものの味を美味しく飲めるしっかりとした味わいです。粉末状なのでジュースや豆乳などと混ぜて摂取してもいいですよね。編集モリがお会いしたことのある重度の花粉症の方で、実際にこの商品を飲み始めた年から花粉症の症状が軽くなったというお話しも伺ったことがあるので、個人的には期待大です。

ファンケルヘルスサイエンス http://www.fancl.co.jp/index.html

トマトジュース

続いてのご紹介は、コンビニなどで購入しやすい身近な「トマトジュース」。ポイントはトマトジュースに含まれるリコピン。抗酸化成分として話題の成分ですが、『KAGOME(カゴメ)』の臨床試験によると、日常的にトマトジュースを摂取することで花粉症の自覚症状が緩和する働きがあることが分かっているそうです。「それなら、トマト食べればいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、それは花粉症緩和の点からはもったいないハナシ。リコピンはジュースなどに加工したほうが体に吸収されやすくなるのです。

bmk2015021602

カゴメトマトジュース 190g 100円前後/カゴメ

 

 

真っ赤に実った完熟トマトで作ったトマトジュースでリコピンもたっぷり。長年愛されているだけあって、タネから収穫までこだわりぬいたトマトで作られた100%ジュースです。生で飲むのが苦手な方や飽きてしまったときは、お料理に使えるのも魅力的。ミートソースやミネストローネ、カレーにトマトラーメンといろんなお料理との相性もバツグンです。

カゴメ http://www.kagome.co.jp/

 

今回ご紹介の2品は継続的に摂取することがポイントです。飽きてしまったときは、別の食品に混ぜたりお料理に使ったりと工夫することもできます。本格的に花粉が飛ぶ前の今、ぜひスタートしてみてくださいね。

 

 

 


2015/02/18 | キーワド: | 記事: