Lifestyle

カリスマ美ブロガーに聞く〜きれいを増やす、減らす女性の別れ道〜(大野梨咲①)

baw2015021401

月間60万PVの大人気ブログ『美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜』を主催し、2014年10月には『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』を上梓したカリスマ美ブロガー、大野梨咲さんにインタビュー。のべ数千人もの女性を観察した大野さんがたどり着いた「きれいを積み重ねていく女性」の共通項とは?全4回に渡ってお伝えします。

 

―タイトル『「あの頃より〜」にこめた思いとは?

まずは『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』という本のタイトルについて。気になる人はかなり多いと思います!

一瞬で人生を垣間見える場所=「同窓会」

大野さん:同窓会というのは、女性がどんな人生を生きてきたのか、それが一瞬でわかってしまう場所だと思うの。そんな時「学生時代よりきれいよね」「素敵な人生を過ごしてきたのでしょうね」と噂されるような女性でありたいと思うのは誰しも同じじゃないかしら。「あの頃」の状態がそのまま続くわけではないことをまざまざと思い知らされ、自分をも振り返らざるを得ないのが同窓会というものなのよ。

 

―やっぱりあるある!?同窓会、悲喜こもごも

確かに。編集アキコも感じた経験アリです。アイドル的存在の子が、すっかり生活感をまとって、おっかさん化していたり、反対に目立たなかった子がハッピーオーラ全開の美女に大逆転して視線を集めていたり。

 

「あの頃」は決してそのまま続かない……

大野さん:同窓会を通じてアキコさんも気がついたとおり「美しい人はいくつになってもずっとそのまま美しい」わけではないの。美は造形オンリーじゃなくて、実はそれ以外の部分が占める割合がとても多いわ。私のブログタイトルに使っている「美女のたたずまい」というものは2次元では切り取れない「3Dで感じる空気感」から作られるの。表面を美しくすることはもちろん大事ですけれど、それだけてすべての局面を解決できるほど人生は甘くはないし、まわりの人もあなたの表面だけを見ているわけではないわ。年齢を重ねるごとに可愛いだけでは乗り切れないビターな局面が増えていくわよね。だからこそ、外見へのアプローチをキープしながら、内面へのアプローチ、そう、あなたのまとう空気感もバージョンアップしてほしいの。

 

―きれいを増やした人は何を身につけているのでしょう?

具体的に、年齢とともにきれいを重ねていける人と、減らしてしまう人の違いはどこにあるのでしょうか?

 

たたずまいが美しい人が身につけている3つのこと

大野さん:それには3つの考え方を覚えてもらえればと思うわ。いつまでもきれいを減らさない人はたいてい、この3つすべてを身につけて実践していたので間違いないわ。

 

それは、

☑外見のアップデート

☑幸福感をまとう

☑大人の女性としての厚みを身につける

 

外見が美しければ、誰しもある程度は納得してくれるけど、「幸福感」と「女性としての厚み」をまとうと「3Dで美しい」というイメージになるの。美人たちは皆、減っていくものに上手に対応して、「幸福感」と「大人の女性としての厚み」を身にまとっているのよ。だからね、もともとの素材なんてそれほど関係なくて、3つの考え方と、「きれいになりたい」という意識さえあれば、ずっときれいでいられるものなのよ。

 

たった3つの考え方で将来の美しさは変えられるのですね。次回はその中のひとつ【外見のアップデート】について詳しく教えていただきます。

 

大野梨咲さん

baw2015021405

カリスマ美ブロガー。月間60万PVの大人気ブログ『美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜』を主催。幼少期からきれいな女性の観察が趣味。周囲の美女にとどまらず、フランス宮廷を彩った歴代の美女やハリウッド女優、日本の芸能界まで幅広い美女をウォッチング。それを綴ったブログが話題に。一生美女でいるための「美女道」の考察が人気を集めている。近著に『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』(PHP研究所)

ブログ

美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜

メルマガ

〜美女のたたずまい〜年齢とともにきれいを増やしていく方法

 

 

 

 

 

 


2015/02/18 | キーワド: , , | 記事: