Lifestyle

カリスマ美ブロガーに聞く〜美女のたたずまい【外見のアップデート編】〜(大野梨咲②)

baw2015021402

前回の記事(【きれいを増やす減らすの別れ道】)、では、美女のたたずまいを決定づける3つの要素を学びました。第2回の今回はその中から【外見のアップデート】方法について。引き続き、月間60万PVの大人気ブログ『美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜』を主催するカリスマ美ブロガー、大野梨咲さんに教えていただきます。

 

カリスマ美ブロガーに聞く〜きれいを増やす、減らす女性の別れ道〜(大野梨咲①)

 

そもそも【外見のアップデート】ってなぜ必要なの?

―アップデートするってどういうことでしょうか?

大野さん:若い頃とは異なる環境の中で、どうすると自分がもっときれいでいられるかを考えて対応することではないかしら。

―似合うスタイルが年齢ごとに変わるということですか?

大野さん:学生時代には確かにとてもお似合いだった髪型だとしても、今の時代に合っていなければ、年齢をかえって表してしまうこともあるわ。好みも大事だけど、それよりも時代の空気をまとっていくことはとても大事なの。

―なるほど。そこに気づけるかどうかが大きな別れ道ですね。

大野さん:その通りなのよ。美の別れ道、その分岐点に気づかないで対応しきれてない人ってとても多いわ。素材は時間とともに落ちていくのは仕方ないでしょう?でもそこで自分の変化に向き合ってアップデートできる人とあきらめる人とで、差がついてくるように思うわ。

 

美女の法則:外見のアップデートを怠らない

大野さん:まず外見的なアプローチについて言うと、きれいを減らしてしまった人たちは、自分自身のアップデートができていないのね。年齢や何かのタイミングでマイナスが増えてしまったら、何かで上手に補うしかないわ。さらには、その時代の空気や美の基準に合わせて更新していくことも必要じゃないかしら。いつまでも学生時代に似合うとほめられた髪型では意味がないの。どんなに似合っても、時代にそぐわないスタイルがあなたを古びてみせることもあるわ。その時代の空気をまとった外見アップデートが必要ということなのよ。

 

具体策1:クローゼットはあなたを美しく見せる服で埋めなくちゃ

大野さん:グローゼットにはあなたを表すのに必要なものを揃えるべきだと思うわ。チュールのスカート、シフォンのブラウス、モヘアのニット、オーガンジーのストール、パール。これらのアイテムはすぐに女度をあげて華をプラスしてくれるアイテムだからうまく使いこなして。そうそう、仕草に合わせて揺れるジュエリーも王道だわ。高額なお金を投じる必要はないわ。それよりもきちんとした素材かどうかを確認して、あとは流行のエッセンスが入った服を定期的にアップデートすることが大事よ。

 

具体策2:チュニックはNO!「言い訳」に見えるわ

大野さん:先ほどの続きになるけれど、チュニックがあなたをきれいにみせる服かというと、答えはNOだと思うの。意図通りぽっこりお腹を隠すことには成功したかもしれないけれど、「体型をカバーしなくてはいけないボディラインだ」と自分から宣言しているようなものよ。隠すことばかりを気にしていると、余計に目立ってしまうケースがあると覚えておいてほしいの。

 

具体策3:特別感を付加するハイヒールは欠かせないわ

大野さん:これを教えてくれたのは、オフィスでもとびきり目立っていた美女の先輩よ。パーティに着ていく服装を相談したら彼女は言ったわ。「もっとヒールが高い靴にしたら?」、「8cm以上のヒールの靴は、普通の女性とは完全に別の存在感を出せるのよ」と。歩きやすさや、出勤後に履き替える手間、荷物の増加を厭う気持ちに負けてはだめなときがあるの。“美女としての決意や心意気”を醸し出すためにこんなに簡単な方法はないわ。ヒールを履くのに時間はかからないでしょう?履くと決めて足を入れるだけ。人によってはどうしても終日履くのは難しいという人もいるでしょう。でもこの先一生ハイヒールを履かないなんて、女性としての何かを押しつぶしたまま生きることになるんじゃないかしら?せめて特別なシーンだけ。少しずつその美しさを自分のものにしてほしいの。ハイヒールは美しい存在よ。そしてハイヒールを履いた女性の脚はもっと美しいのよ。

 

具体策4:「1日3食」の思い込みは捨てるべきじゃないかしら

大野さん:大人になるにしたがって、基礎代謝量はどんどん落ちていくものなの。私は1度自分の代謝量をはかってみたことがあるけれど、たった900kcalだったわ。私の基礎代謝量は普通の人に比べて低めだとは思うけど、運動を日常的にしていなければ、少女時代に必要な1日2500kcal以上のカロリーを必要とする人はいないんじゃないかしら。だとしたら、今の自分に合わせて減らしていかなくては。あなたのお仕事がデスクワークなら1日1食が適正な食事量かもしれないわよ。ずっと私たちの頭のなかにある「3食しっかり」という考え方にとらわれすぎてはいけないの。割り勘負けしないようになんて考えて、無理に食べるのはナンセンスなこと。その食事が本当に必要かどうかは、常識よりもあなたの心が決めるものなのよ。食を減らすことで、若くいられるというのは今科学的に証明されていることなので、そういう意味でもおすすめなのよ。

 

具体策5:美女キャラクターは年齢に合わせて変更するべきね

大野さん:あなたは今、どんなキャラクターで過ごしているのかしら?いずれにせよ、生涯そのキャラクターで過ごすのは無理なのよ。ターニングポイントはおよそ30歳前後だわ。グラビアセクシー系、少女系、わがままを魅力にしている小悪魔系は変更したほうがいいと思うの。お嬢様系も場合によっては厳しいと思うわ。これらは若さがあってこそ、許され、愛されるものなの。年齢とともにキャラクターもアップデート。誰も教えてはくれないけど、賢い美女たちはみんなうまく切り替えていらっしゃるわ。

 

ドキッとする言葉のオンパレードだった今回の【外見のアップデート編】いかがでしたでしょうか。編集アキコ的には、自分のズボラさに思い当たるフシが多すぎてかなりショックを受けました。意識改革しなくては! 年齢を重ねてもきれいな人は、外見そしてキャラクターまでアップデートを怠らないんですね。「アップデート」この言葉を心に刻み込んでこの先の人生、歩んでいこうとひそかに心に誓いました。次回は【美女の空気を作る「幸福感」とは?】。引き続き、カリスマ美ブロガー、大野梨咲さんにお話を聞きます。

 

大野梨咲さん

baw2015021405

カリスマ美ブロガー。月間60万PVの大人気ブログ『美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜』を主催。幼少期からきれいな女性の観察が趣味。周囲の美女にとどまらず、フランス宮廷を彩った歴代の美女やハリウッド女優、日本の芸能界まで幅広い美女をウォッチング。それを綴ったブログが話題に。一生美女でいるための「美女道」の考察が人気を集めている。近著に『「あの頃より断然きれいじゃない?」と同窓会でささやかれる女の秘密』(PHP研究所)。

 

ブログ

美女のたたずまい〜なぜ彼女は美女と呼ばれるの?〜

メルマガ

〜美女のたたずまい〜年齢とともにきれいを増やしていく方法

 

 

 

 


2015/02/19 | キーワド: , , | 記事: