Lifestyle

お掃除苦手女子に告ぐ!お掃除の始める前に「自分ルール」をつくろう!!【生活コーディネーター きさいち登志子先生4】

bsy2015022601

「わたしって、掃除できないんだよね~」という女子のみなさん!

それは、ムリにおそうじをしなきゃ!と思っているからなのでは?実は、おそうじをスムーズに進めるにはちょっとだけ考え方を変えるのポイントだったのです。

前回の「きさいち登志子先生の記事1・2・3」にひき続き、『神さまがやどる お掃除の本』の著者である生活コーディネーターであるきさいち先生に「おそうじ苦手女子」のためのおそうじ術を伺ってきました!

 

あなたのところにはいる?お家に宿る神様たち10人★【生活コーディネーター きさいち登志子1】

キレイな部屋=神様が宿っている!?【生活コーディネーター きさいち登志子先生2】

これであなたもお掃除マスターに!?きさいち流お掃除テクニック❤【生活コーディネーター きさいち登志子先生 3】

 

お掃除をする前に
自分を見つめ直すことから始める!

「おそうじをしなくてはならない」と思うことは、先生曰く逆効果なんだそう。

おそうじをスムーズに進める考え方としては、「自分を見つめ直す、知ること」が大事になってきます。

たとえば、どこからおそうじをすればいいか迷った時の場合は……「自分の趣味や好きなこと」をまず、思い浮かべてみましょう。

(例)お料理をするのが好き!

(例)寝ることが一番の楽しみ!

(例)お風呂での半身浴が毎日の癒やし!

というような嗜好の女性だとします。この場合は、それに関連するお部屋のスポットを当てはめておそうじを始めると効率的なんだそう。その考えで当てはめると……

お料理をするのが好き!▶▶▶キッチン

寝ることが一番の楽しみ!▶▶▶寝室、ベッドまわり

お風呂での半身浴が毎日の癒やし!▶▶▶バスルーム

となるのがお分かりになっていただけるかと思います……。

 

「もっと具体的に教えて!!」
あなた向けのお掃除法の見つけ方

bsy2015022602

『if……』 → おそうじが苦手・「そうじする時間がない」というのが口ぐせ・仕事帰りはほとんど終電・寝ることが一番の癒やし というような女性Aさんの場合

夜遅く帰ってくると、寝ることが癒やしという女性は多くいるかと思います。「むしろ、家は寝る場所」という方も。

帰ってきて、寝ようとするときにふとんが朝起きた状態のままだったり、寝室まわりが汚かったりしたらどんな気持ちになりますか?なんだか、癒しの睡眠時間さえもちょっとだけイヤな気分になった経験ある方もおおいのではないでしょうか?

 

これは、料理好きな女性や半身浴好きな女性にいえること。

朝食を作って、食器をそのままにしておいて夜帰ってきたときに洗ったり、今日の疲れを流そうと思っているのに、バスルームの床がぬるっとしたりと……。そんな思いをするくらいなら、きっと初めの段階でおそうじをした方がいいと思ってくるはず!

自分自身の好きなこと、嗜好、行動を見直してみると、おのずとどの場所が最優先かみえてくるのです。

 

★ 今回のまとめ ★

◎ 自分ルールは好きなこと、嗜好、行動の見直しで発見できる!

◎ 好きなことの優先順位をつけ、その順番でおそうじをしていこう!

 

いかがでしたか。

ムリに、お掃除をしなきゃ!と思うよりも、とっても効率的でメンタル的にも続けられそうな気がしませんか!?

お掃除をすることと自分の見つめ直すことは、あまり関係のないように感じていたという人もこれで考えも改まったはず……(笑)。

次回は、きさいち流“曜日ごとのお掃除術”を紹介していきますよ~。お楽しみに★

 

✻ 今回、お話を伺った方
bsy2015022302

東京都生まれ。生活コーディネーター、TU・TI編集室代表。著書には「神さまがやどる暮らしのしきたり」(主婦と生活社)、『なんで私の部屋、いつも知らぬ間にゴチャゴチャなの!?』(すばる舎)、『神さまに愛される 魔法の片づけ』(PHP研究所)など。雑誌やテレビなどでお掃除や生活についてのアドバイスを行っている。

bsy2015022301

『神さまがやどる お掃除の本』1,000円(税抜)永岡書店


2015/02/26 | キーワド: , , , | 記事: