Lifestyle

飲む美容点滴!? 甘酒の美容パワーがスゴイ! 『甘酒プリン』レシピ付き♪

bmk2015022701

〈連載〉おいしく食べてキレイになれる!「ベツバラレシピ」第3回

ひなまつりの定番食のひとつ『甘酒』。この日本伝統の飲み物は、実は美容観点から見るとかなり優れた食材なのです。そんな『甘酒』はお料理に取り入れるのも手。今回は『甘酒』が″飲む美容点滴″と呼ばれる所以と、『甘酒』を使ったスイーツレシピをお届けします。

「ベツバラレシピ」記事はこちら〉〉

〈連載〉第1回「メタボな彼に『グラノーラ入りチョコバー』の手作りはいかが?」 

〈連載〉第2回「2週間の『れんこん』で花粉症撃退! 『れんこんスープ』レシピ付き♪ 

 ″飲む美容点滴″って、どういうこと??

『甘酒』とはお米と麹を発酵させた日本伝統の甘味飲料。『甘酒』には、主成分である「大量のブドウ糖」の他、あらゆる栄養素がとっても豊富に含まれています。この『甘酒』の十分な栄養素は、風邪をひいたときや病気などで体力が落ちたり栄養が不足したりしたときに行う″点滴″とほぼ同じなのです。しかも注目すべきは、体内への吸収率が90%と圧倒的に高いこと。まさに″点滴″に似た効果が期待できるのです。冬にほっこり温まる飲み物としてのイメージが強い『甘酒』ですが、滋養強壮という意味合いでは夏バテにも効果があります。実際に、江戸時代には夏バテ防止の飲み物として愛飲されていたそうです。

 『甘酒』の4つの美容パワー

滋養強壮としての効果だけでなく、『甘酒』には美容に効果的な栄養素がたっぷり含まれています。それでは、『甘酒』を飲んで期待できる美容効果をまとめてみます。

☑「食物繊維」&「オリゴ糖」で便秘解消……「食物繊維」が腸にたまった有害物質を排出し、「オリゴ糖」には腸内の善玉菌をUPさせる効果があります。腸内環境が整うので、免疫力も上がります。

☑「コウジ酸」でシミやくすみを予防……「コウジ酸」は美白成分として美白化粧品にも配合される成分。飲んだり食べたりすることで、体内からも美白効果が期待できます。

☑「ビタミンB群」で美肌……「ビタミンB群」には皮膚や粘膜を保護する効果、新陳代謝を促進する効果があるため、お肌のターンオーバーを整えてくれます。

☑「ビタミンB群」で脂肪を燃焼……「ビラミンB群」には、身体の代謝を促す働きがあります。さらに、『甘酒』の主成分の「ブドウ糖」は満腹感を得やすいので食べ過ぎ予防も期待できますよ。

米麹から作られている『甘酒』を選ぼう

『甘酒』の原料は「米麹」からつくられているものと「酒かす」からつくられているものと2種類あります。上記のような″飲む美容点滴″効果があるのは「米麹」から作られたもの。ぱっと見だけでは判別しにくいので、裏面のラベルをしっかりチェックしてくださいね。

 ただ飲むだけじゃない『甘酒』アレンジ

『甘酒』っていう名前のとおり、その甘さは最大の魅力ですよね。そしてこの甘さ、嬉しいことに「米麹の甘酒」なら砂糖を使っていない自然の甘さです。しかもノンアルコールなので子供でもOK! 自然の甘みが味わえる『甘酒』のオススメ活用法をご紹介します。

☑「牛乳や豆乳で割る」or「しょうが汁やレモン汁を少し加える」と、飲みやすさUP!

☑砂糖の代わりに「煮物」や「照り焼き」などに。健康にもGOOD♪

☑ドレッシングに少々混ぜてサラダにかけると、甘みが加わっておいしさUP!

☑カロリー控えめで自然な甘さを味わえるので、「手作りスイーツ」に最適♪(※このあと、『甘酒プリンいちごソース』レシピをお届けします)

 『甘酒プリンいちごソース』レシピ 

bmk2015022701

「煮ながら混ぜて、冷やすだけ」という、超カンタンステップで作れる「プリン」レシピをご紹介♪ 甘酒色のプリンにカラフルなソースをかけると、見た目もかわいくておしゃれ♡ ひなまつりのデザートとしても、ホームパーティの一品としてもおすすめです。ソースの味を変えたりとアレンジも可能ですよ。

【材料(グラス4個分)】 (112kcal/1個分)

甘酒……1カップ

牛乳……1カップ

砂糖……大さじ2

ゼラチン……5g

水……大さじ2

A.いちご……150g

A.砂糖……小さじ1

【作り方】

①ゼラチンは分量の水に振り入れてふやかしておく。

②鍋に甘酒、牛乳、砂糖を入れて中火にかける。煮立ったら火を止めて①を加え、しっかり溶かす。

③②をグラスに注ぎ入れ、あら熱がとれたら冷蔵庫に入れて3〜4時間冷やし固める。

④ヘタをとったいちごと砂糖をミキサーに入れてまわし、(なければフォークでつぶしてもOK)、③にかける。

【アレンジポイント】

ソースは、いちごの代わりにすりおろしたキウイや、ジャムでもOK。ジャムを使うときは、水を少々加えてソース状になるまで溶きのばしてくださいね。

いかがでしたでしょうか。こんなに美容パワーがある『甘酒』は、お正月やひなまつりシーズンだけじゃなく、オールシーズンで飲みたい、使いたい食材ですよね。今は手軽にスーパーなどで購入できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

料理制作・監修/新谷友里江さん(フードコーディネーター・管理栄養士)http://cook-dn.com/

近著『ひとり暮らしのズボラ飯』(主婦と生活社)

 


2015/03/02 | キーワド: , , , , | 記事: