Lifestyle

「風邪をひいたら◯◯」どうして効くの?【世界の民間療法レシピ】(後編)

baw2015022806

前回の記事に引き続き、今回も世界の民間療法レシピをご紹介します。コーラ? チョコレート!? 世界に目を向けると、「風邪に効く◯◯」には驚きの効果があるようです。

 

「風邪をひいたら◯◯」どうして効くの?【世界の民間療法レシピ】(前編)

 

【ドイツ】日本のあま酒? 食べ歩きの定番ホットワイン

ドイツではクリスマスマーケットなど、イベントごとや観光地でついつい買ってしまうメニューの定番。日本で言うところのあま酒的な立ち位置のホットワインは、ドイツっ子の風邪薬としてもおなじみの様子。ただ温めるだけではなく、スパイスを効かせてるのがドイツ流。

 baw2015022802

■ホットワインの作り方

【材料】

手頃な赤ワイン 1本

はちみつ、シナモン、アニス、オレンジピールなど適量

空ビン

 

【作り方】

①空ビンにはちみつ以外の材料を入れ、ひと晩以上漬けこむ。

②①を耐熱カップに注ぎ、600Wで1分を目安に加熱する。

 

★ポイント

加熱時間はお好みで。赤ワインを牛乳に変えたスパイシーホットミルクもオススメです。

 

【栄養士が解説】どうして効くの?

ワインを温めて飲むことで体温が上昇し、免疫力がアップします。また、ワインには強い抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれているので、風邪予防にも。スパイスとして加えるシナモンには、解熱作用や殺菌作用、アニスにはのどの炎症をおさえる効果があり、風邪の諸症状の緩和に効果的です(新谷さん)。

 

【台湾】ホットコーラで素早く栄養チャージ

えっ、コーラを温めるの? 思わずギョッとするような飲み物ですが、台湾ではわりと普通に親しまれているようです。ノルウェーなどの北欧でもホットコーラはポピュラーなんだそう。ひとり暮らしで体調不良でもコーラならすぐに調達できますよね。

baw2015022807

■ホットコーラの作り方

【材料】

コーラ200ml程度

 

【作り方】

①耐熱のカップにコーラを注ぐ。

②①を電子レンジで温める(1分を目安にお好みで)。

 

★ポイント

ぬるめなら微炭酸に、熱々にすると炭酸は完全に抜けます。お好みでスライスレモンや生姜を加えても。

 

【管理栄養士が解説】どうして効くの?

風邪で食欲が落ちた時にも、コーラの糖分でエネルギー源を手軽に摂取できるのが最大のメリットです。レモンスライスやショウガを加える事で、からだが温まったり、ビタミンCを摂る事で粘膜を強くするので、風邪の悪化を防ぐ効果も期待できそうですね(新谷さん)。

 

【フィリピン】食事? デザート? 衝撃のチョコレートがゆ

フィリピンには、チャンポラードというおかゆ状に炊いたやわらかいもち米に溶かしたチョコレートをかけて食べるチャンポラードというメニューが存在するそう。どうやら、日本でいうところのぜんざいにあたるものらしく、フィリピンでは風邪でからだが弱った時にも食べられる伝統的な朝食らしいです。ちなみにチョコレートがゆのつけ合わせでおなじみなのは、「トウヨ」という塩辛い干し魚なんだとか! 「ぜんざいに塩昆布」の組合せにちょっと似ていますよね。

baw2015022801

■チョコレート粥の作り方

【材料】

もち米 1/4カップ

白米 1/4カップ

ココア 大さじ1

砂糖 大さじ2

塩 少々

水600ml

練乳

 

【作り方】

  1. 洗った米と水を鍋に入れ、中火で煮る。
  2. 米がやわらかくなったら、砂糖と塩で味をととのえる。
  3. ②にココア溶かして完成。

 

★ポイント

食べる際にお好みで練乳をかけて。

 

【栄養士が解説】どうして効くの?

チョコレートにはビタミンやカリウム、ナトリウムなどのミネラル分が豊富に含まれているので、汗で失ったミネラルを補給するのにイイですね。。また、抗酸化作用のあるポリフェノールも入っているので、免疫力もつきます(新谷さん)。

 

 

 

「風邪かな?」と思ったら、早めに暖かくしてゆっくりからだを休めるのが一番。そこに昔ながらの愛情たっぷりの家庭の味をプラスすれば最強です。弱っていても食べやすいメニューが多く、バラエティーに富んでいるので、覚えておいて活用してみてくださいね。

 

栄養監修/新谷友里江さん(フードコーディネーター・管理栄養士)

http://cook-dn.com/

近著『ひとり暮らしのズボラ飯』(主婦と生活社)


2015/03/05 | キーワド: , , , , , , , | 記事: