Lifestyle

思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!<第39回>~才色兼備な国・中国編~

bsy2015030806

みなさん、こんばんは~。

前回の「ペルー」編はご覧になっていただけたでしょうか……?

ペルーの女性は、カラダの中からキレイにするようで、食べ物が多かった印象でした。また日本からみたら“ゲテモノ”な食べ物「カエル」を使ったジュースはなかなかマネできないなと思いました……(汗)。

今回の『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』リサーチ対称国は、日本のおとなりの国「中国(中華人民共和国)」!!

中国の観光地といえば誰もが思い浮かぶ「万里の長城」!!

bsy2015030801

1987年に世界文化遺産に登録された「万里の長城」。全長約6000km、司馬遷の『史記』に長さを「万里余」と記されたことが名前の由来で、その総延長距離は5万kmを越えます。北京郊外を東から西へ、龍がはうような形が印象的。

bsy2015030802

そして、日本と中国の友好の使者といえる「パンダ」や世界三大料理のひとつといわれるエビチリ、麻婆豆腐、北京ダック、小籠包など代表的な料理をふくむ「中華料理」がすぐに思い浮かぶかと思います。

どの国にも美女の基準があるもの。さて、この国での基準は……。

★ 中国の美女の基準 ★

☑ 透明感のある白い肌

☑ スラーっと伸びた美脚

☑ 目と胸が大きい

☑ ヒマワリのタネのような輪郭

☑ 見た目の美しさにも負けない知性

bsy2015030803

ちなみに、中国のなかでも四川省の方には中国美人が多くいるんだとか……(笑)。ぜひ、旅行に行く際はお確かめを!

ここからは、中国女性の美の秘密をリサーチした結果を報告していきます!!

“傾国の美女”といわれた楊貴妃
3つの美食「白きくらげ」「ライチ」「ツバメの巣」

“傾国の美女”とは、その存在が原因で国を傾けてしまうレベルの美女。その1人として有名な女性こそが中国の楊貴妃!

楊貴妃の美貌に溺れ寵愛した玄宗皇帝が政務を疎かにし、安史の乱を引き起こしたため、傾国の美女と呼ばれているのです。

【マネしたい度     ★★★★☆】

【絶世の美女になれる度 ★★★☆☆】

【お手軽度       ★★★☆☆】

「白きくらげ」

きくらげには、黒きくらげと白きくらげの2つの種類があります。どちらも栄養価はあるのですが、楊貴妃が愛したのは肌にうるおいを与えてくれる白きくらげといわれています。

白きくらげは食物繊維とカルシウムが豊富で、美肌成分の亜鉛も含まれているのです!

さらには、体内での保水力はヒアルロン酸をしのぐほどともいわれているんだとか。。。

体内の保水力が高まることで皮膚にも栄養が十分に循環し、肌に良いとされています。

「ツバメの巣」

bsy2015030804

ツバメの巣といっても、あの屋根の下でよく見かける巣ではありません(笑)。

アナツバメと呼ばれる種類の燕が作る巣のことで、高さ30m~50mもの海岸の崖山に作られ、東南アジアのごく限られた地域でしか採れない、まさに珍味なのです!!

ツバメの美容効果の秘密は、ふくまれている成分のひとつ「シアル酸」にあります。

シアル酸は人間に必要な成分で、細胞の表面を作る大切な物質といわれています。

楊貴妃も、その美貌を維持するためによく食していたんだとか。

老化していくこととは、抗酸化物質が減少しているからともいわれています。それを抑えるためにシアル酸は“美肌の司令塔“として働き、コラーゲンやヒアルロン酸が必要な所に誘導してくれます。

「ライチ」

楊貴妃の美貌に一役かっていたという美の果物「ライチ」。

ライチは、養血類(ようけつるい)と言って、血を養う食品に分類されます。

養血類の特徴は、血を養うと同時に、カラダのうるおいにも効果的な点。血不足によって起こる顔色の悪さや肌荒れ、目眩や不眠などに効果を発揮するとされています。

また、ライチは夏の果物にしては珍しく身体を温める効果があるため、美肌の大敵「冷え」をライチで回避することが出きるのです。

静かにブーム到来!
ムリせずできる「冬眠ダイエット」

冬眠ダイエットは、中国保健科技学会自然倣生治療研究会会長である張東志教授が7年の歳月をかけて完成したダイエット法のこと!いまでは、中国の国家機関である中国保健科学技術学会がその施術方法による効果と安全性を認定しているんだとか。

bsy2015030805

【楽ちん度  ★★★★☆】

【効果期待度 ★★★☆☆】

【ブーム度  ★★★☆☆】

冬眠ダイエットを扱っている施設で、1日1時間コースで行うことができます。主なメニューの内容は、脂肪燃焼の呼吸法・体操・漢方ベルト・飲料を使って行うんだそう。

無理に食事制限することなく、脂肪の燃焼や食欲の抑制を促す冬眠動物の呼吸法やツボを刺激するマッサージを取り入れることで、やせ体質を保つ方法が身に付くんだとか……!

なかでも、脂肪燃焼に期待できる呼吸法は、冬眠中の呼吸法を人間に応用することで、呼吸を改善する点が狙い。冬眠動物が行うのと同じように、脂肪の分解を促進して脂肪をエネルギーに転化させて燃焼させることで、自然とお腹が空かなくなるそうです。

あの人も試していたとされる
つるつる美肌に導く「真珠末」

天然真珠を粉砕機でミクロ状に精製した超微粉末にしたもの。中国では「珍珠末」とされ、漢方高貴薬として知られています。

【飲んでみたい度 ★★★★☆】

【高級度     ★★★★☆】

【入手度     ★★★☆☆】

真珠にはカルシウムやアミノ酸が多く含まれているので、皮ふの水分を保ち、皮ふのアレルギーを改善するほか活性酸素を取り除く効果があります。また、真珠末には皮ふの細胞を修復する力、再生を促進する力があるためアンチエイジングにはとても効果的だとされています。

中国では、化粧品に使われていることが一般的。そのため、真珠末を直接肌に塗ったり、水に溶かして飲んだりとしているようです。

“中国三大悪女”と呼ばれる1人、「西太后」はその美貌を保つために死ぬまでこの真珠末を飲んでいたともいわれています。

体内の冷気を追い出す
“人間丸焼き治療法”!?「火療」

体内の冷気を追い出してくれる「火療」。火療とは、中国に古くから伝わる伝統療法で、見た目がインパクトありすぎて、初心者の人は衝撃が走るかも……!?

【認知度 ★★★★☆】

【衝撃度 ★★★★★】

【危険度 ★★★☆☆】

中国では血行が良くなるといわれている物理療法「火療」が古くから伝わっていて、いまでもその治療法は続いているんだとか!

治療の基本的な流れは……

1.裸になり患部に20種類以上の薬草に漬け込んだヒモを置く

2.サランラップで覆う

3.その上に濡れタオルを2枚重ねる

4.アルコールをかける

5.点火

のような感じです(汗)。背中に火柱が上がった時なんて思わず、「ヒィー!」と声を上げてしましそう(むしろ、見ている方がヒヤヒヤする……)。

イラスト/大坪ゆり

イラスト/大坪ゆり

ちなみに、期待できる効果には【冷え性、リウマチ、不妊症、慢性的な腰痛、ヘルニア症、ダイエット】などがあるんだそう。

自分の体に火をつけられるなんて、みなさんは想像できますか……?信用ができる治療院であれば少し、体感してみたいなとも思いますが……(笑)。

 

いかがでしたか?

おとなりの国ですが、知らない美容法がたくさんあり、とても興味ふかいものばかりでした!!最後美容法なんて、聞く響きだとあまり良いものには思えませんが……。ちょっとだけやってみたい気も……(笑)。

それでは次回の『思わず「へぇ~」な、世界の伝統と伝説の美容法!』もお楽しみに★


2015/03/08 | キーワド: , , | 記事: