Lifestyle

プラ板(プラバン)アートに編集部員がチャレンジ!~可愛いブローチ編~

1

1

誰しも1度は遊んだことがある「プラバン」。プラバンとはプラスチックの薄い板のことで、今回チャレンジした「プラバンアート」のおおまかな作り方は、プラバンに油性マジックで絵を描いて好きな形に切り取り、アルミホイルを敷いたレンジで焼いて固めるという簡単なもの。そんな「プラバンアート」が、大人が楽しめるものになってまた人気が再浮上しているんです。

P1140080

大人が楽しむ「プラバンアート」。

子供の頃プラバンで遊んだ世代が「懐かしい~」と今また密かに趣味にしていたりするこの頃。そういえば、セーラームーンのグッズが流行ったり、流行って本当に繰り返しますよね。

 

今回お話をお伺いしたのはデザイナーとして活躍しているhARCHさん。hARCHIさん自身もプラバンは仕事とは全く関係なく始めた趣味だったんだそう。おととしのある日、プラバンが目に止まり、「懐かしい!」と作ってみようと思ったのがはじまりだったそうです。次第に友人にも作ってあげたり、それが好評でネットで売ってみたり…いまでは販売したプラバンアートが「hARCHI のアイテムが可愛い❤」と人気になっているんです。そんなhARCHIさんに創作意欲あふれるベツバラ編集部員がお伺いしたいのは1つ!!

「私たちでも、簡単にプラバンアートができますか?」

 

※ここからはhARCHIさんと一緒に作りながらお送りいたします。

さて、果たして簡単にプラバンアートを楽しめるのだろうか…実際に作って体験しないことには「簡単」とか「すぐできる」とか言えない! そんな熱い気持ちから、今回はhARCHIさんにご協力いただいて作品を制作してきましたよ。(やった~!こういう取材大好き!) 今回お伺いしたベツバラ編集部員はツボユリ、サトユリ、アダチヤの3人。

 

 

さっそくhARCHIさんが普段、作品を制作しているアトリエへ。

P1140054

プラバンの色付けの色鉛筆や、オシャレなデザインのオーブントースターが素敵!

P1140053

先日展示から戻ってきた作品をみせていただきました。

 

3

ふむふむ…って、えっ!? こんな作品も簡単にできるんですか!?

11

佐藤「か、かわいい~!」

足立「ブローチもネックレスもある!」

大坪「この完成度…む、むずかしそう!」

 

hARCHIさん(以下:h)「そんなことないです! 本当に、簡単にできちゃいますよ。お金もかからないですし。これなんか、簡単にできますよ。」

P1140057

足立「hARCHIさんがそう言うなら…」

不器用担当の足立は木の枝のような可愛いブローチに決定!

 

 

佐藤「私は和モダンを攻めます…!」

佐藤はhARCHIさんのブローチの別デザインに決定。

大坪「私は…う~ん、せっかくなので創作してみます!」

大坪は1からチャレンジ! …そう、ここでできるかどうかで実際に趣味にできるまでの手軽さなのかをリサーチしなくては…(心の声)

 

 

ではまずは型を作っていきます。今回の記事はシンプルなブローチを選んだ足立編。

 

 

 

足立のチャレンジするものはもうhARCHIさんの型があったので使わせていただきました…デッカ!!

P1140058

で、でかい。実物よりはるかにデカい。

h「プラバンは焼いたら2分の1ほどの大きさになるので、大きく作るんですよ~。」

なるほど! さっそく型にそってプラバンを切り取っていきます。難しいところはカッターで切るなどの工夫を!

 

そしてオーブントースターへ投入。

P1140062

P1140068

 

足立「わあああ! グニャグニャしてる!!」

hARCHIさんがすかさずオーブントースターを開けて、箸でチョンチョンと抑えて丸まらないようにチェック。(こうゆう枝分かれしたデザインはひっつきやすいので目を離さないで)

 

無事にひっつかずに縮んだら、すぐに何か平らにできるものをのせて冷まします。(平らでくっつかない&ある程度重みのあるものなら本でもなんでもOK)

P1140069

P1140070

 

足立「で、できたぁ~! これだけでもかなり可愛い! 感動!」

そこから細い油性のホワイトペンで模様を描いていきます。

足立「お手本を見ながらじゃないと描けません。」

P1140128

P1140131

 

乾いたら、ニスとアクリルを混ぜたものを、模様を描いた面に重ねていきます。

ここから半日ほど乾かして、ニスを塗ってまた乾かしたら出来上がり。

足立「か、簡単すぎる…! 1番難しかったのは、プラバンを切り抜くところくらい。」

h「もし難しかったらこんな丸型も可愛いですよ。いっぱいつけてピアスにしたり。今の季節だとちょっとひんやりとした印象だと思いますが、夏はこうゆうデザインが人気なんですよ。」

P1140141

P1140144

 

たしかに! 可愛い❤

これも、先ほどのプラバンを切るときに丸く切って焼き、白い油性ペンで点を描いた後ニスを塗っただけなんだそう。 なんだか本当に簡単にオシャレな自分だけのアイテムができそうな気がしてきたゾ。

 

 

足立の完成品はコチラ!!

P1140220

P1140218

 

 

後ろに金具をつけて、とってもかわいいブローチが仕上がりました。

(金具は東急ハンズなどで購入できるそうですよ♪ 接着はボンドだけというお手軽さ!)

 

仕上げにhARCHIさんが表面に透明なニスを塗ってくださったのでツルンとした、手作りとは思えないブローチになっています! 編集部員3人とも感動!!

 

2

次回は佐藤の”和モダンブローチ”をお送りします!

佐藤「私も足立に負けず劣らず、不器用なんですよね…」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お話をお伺いした方

1

hARCHIさん

建築をはじめとしたインテリア、家具、プロダクトなどのデザインや制作を手がけている。デザインはシンプルなもの幾何学的なパターンを組み合わせた魅力的なものが多く、ファンも多数。

販売サイト:http://shop.iichi.com/harchi-design-studio

ポートフォリオ: harchi-portfolio.com

ブログ:http://harchi.jugem.jp/

 


2015/04/04 | キーワド: , , , , | 記事: