Tooth

婚活中の男女を調査! 約9割が答えた「◯◯◯がいいと出会いの場面で有利」

baw2015033103

新生活がはじまり、本格的な出会いの季節も到来です。突然ですが、あなたは自分の笑顔に自信がありますか? アライン・テクノロジー社の調査によると、結婚相手を探している男女の約8割が「歯並びが第一印象を左右する」と答えたそうです。顔全体の印象の大半は口元が左右すると言われています。歯並びが表情に重要な役割を果たしているということも容易に想像できますよね。そこで、実際にデンタルクリニックに訪れる患者がどんな悩みを抱えているのかについて、矯正歯科医の藤山先生にお話をうかがいました。

baw2015033105

発覚!婚活男女が重視するのは”歯並び”と“笑顔”でした!

透明に近いマウスピース装置(アライナー)による矯正歯科治療「インビザライン・システム」を提供するアライン・テクノロジー社の調査(2014年11月8日調査結果)によると、5年以内に結婚を希望する20〜40歳代の男女の約8割が、「歯並びと笑顔が第一印象を左右する」と答えたそうです(下図参照)。

baw2015033102

※アライン・テクノロジー社(2014年11月4日調査結果) ※調査対象:5年以内に結婚を希望する20〜40歳代の男女2000名

 

さらに、「歯並びがいいと出会いの場面で有利か?」との問いに対しては、なんと約9割が「有利」と回答(下図参照)。第一印象という場面において、歯並びのよしあしがもたらす差がとても大きいことがわかる結果になりました。

baw2015033103

※アライン・テクノロジー社(2014年11月4日調査結果) ※調査対象:5年以内に結婚を希望する20〜4歳代の男女2000名

 

歯並びのよさは出会いの場面で大きなアドバンテージに!

歯並びが整っている人とそうでない人では、見た目の印象が違うのはもちろん、藤山先生によると「例えば、出会いの後に食事に出かけるとします。その時に歯並びがガタガタなせいで、食べ方が汚く見えたり、青海苔が歯につきやすい…といったデメリットもあります」。些細なことでも恋愛のスタート時点では、痛恨のミスになりかねません。反対に「歯並びのいい人のイメージ」については「健康そう」「清潔感がありそう」「育ちがよさそう」が上位を占め、以下にもポジティブな意見が目立つ結果に(下表参照)。

baw2015033101

※アライン・テクノロジー社(2014年11月4日調査結果) ※調査対象:5年以内に結婚を希望する20〜40歳代の男女2000名 ※複数回答可

こちらも藤山先生によれば、イメージだけの問題ではなさそうです。「『食後3分間歯磨きをしましょう』と言われましたよね。実は歯磨きが3分で済むのは歯並びがいい人だけです。ガタつきの度合いが高くなるに比例して歯磨きの難易度が上がるので、3分では磨ききれず、虫歯や口臭など、歯周病のリスクが格段に高くなります。歯科医の観点から見てもやはり、歯並びと健康や清潔感の関係は密接です」。なるほど、口元の凹凸を整えることが、いりいろな意味で明るい未来のための近道かもしれませんね。

出会いを遠ざける!? 検索で多い歯並びのお悩みは……

歯並びが悪いとひと言で括っても、その状態はさまざま。今回は「笑顔に自信が持てない原因」として特に悩んでいる人の多い「出っ歯」、「八重歯」、「歯茎」について藤山先生が解説してくださいました。それぞれの解決法については、引き続きベツバラ内にてご紹介しますのでお楽しみに。

お悩み①:出っ歯

藤山先生:出っ歯(上顎前突)とは、簡単に言うと上の前歯が通常よりも前方に大きく出ている状態です。要因はさまざまあるのですが、生活習慣もそのひとつです。例えば、子供の頃に指しゃぶりをする癖があった人は、上下の歯の間にモノが挟まっている時間が長いということになりますよね。下顎の成長の方向が前ではなく、下に向かってしまい、歯も下に向かって生えてしまうことで、上顎前突(出っ歯)になりやすくます。その他にも下唇を噛む癖のある人や、肘をついて顎をのせる習慣のある人にも出っ歯になるケースが多く見られます。出っ歯の要因は遺伝だけでなく、後天的な要素が大きく関わっていると言えます。

お悩み②:八重歯

 藤山先生:上顎の3番目の歯=犬歯は、一般的に永久歯の生え変わる順番が他の歯より遅めです。生え変わりのタイミングや顎の成長とのバランスなどによって、歯がまっすぐに生えてくるスペースが確保されないと、隣の歯と重なってしまい、飛び出た状態になってしまいます。外見的デメリットとしては、八重歯で唇や頬がぷっくり膨らんでしまい、表情に影響してしまうことがあげられます。また、長時間しゃべると八重歯に唇がくっつくのが悩みだという患者さんも実際にいましたね。

お悩み③:歯茎

藤山先生:笑った時に出る歯茎の量は通常2〜3ミリ。これが歯の位置関係で歯茎が下がり、見える面積が大きくなってしまう状態です。欧米ではガミースマイルと言って、セクシーな笑い方だとされるようですが、日本ではいいイメージで捉えられること自体少ないので悩んでいる方が多いようです。外見面では唇を無理に閉じることで、怒った表情やつまらなそうに見えて第一印象に悪影響を及ぼす可能性があります。また、口内が乾燥することによる虫歯や歯茎の病気になるリスクも高まります。

教えて藤山先生!笑顔美人のためにできること

藤山先生によれば、「予防医学的な考え方はもちろんですが、無理なく自然な表情でいるためにも、歯列矯正が有効です」とのこと。でも、矯正治療は見た目の問題などから踏み切れない人が多いのも事実。また、子供の頃に行うイメージが強く、大人になってからの矯正に躊躇するケースも見受けられます。「仕事柄、目立つ矯正装置に抵抗があるし、裏側矯正はメンテナンスが面倒との声がかつては多く聞かれました。しかし、『インビザライン』と呼ばれる透明なマウスピース矯正が普及し始めたことにより、矯正治療のハードルはグッと低くなっています。マウスピース矯正のメリットは、使用時間を守れば、①取り外しができるので歯のメンテナンスが今まで通り、②透明で目立ちにくい、③口内に引っかかりがないため痛みが少ないという3点。私のクリニックでは、矯正を始める7割の患者さんがマウスピース矯正です」(藤山先生)。



審美的な抵抗が低く、ケアとメンタルの負担を軽減できるマウスピース矯正についてもっとくわしく知りたいなら、歯並びスマイル(http://hanarabi-smile.jp/)をチェックしてね。

 

矯正のことをもっと詳しく知りたいなら、こちらも!
hanarabi


2015/05/28 | キーワド: , , | 記事: