Lifestyle

花粉シーズン到来!連発くしゃみ・サラサラ鼻水を止めるマル秘テク

bam2015042205

この時期になると街がマスクをつけた人であふれかえるのは、もはや見慣れた光景のひとつ。いま、日本の3人に1人は花粉症だと言われているそうです。「去年は違ったけど、今年から花粉症デビューした」なんて声もチラホラ聞きますよね。

今回は、花粉のメカニズム、花粉の症状という基本的なお話をアレルギー専門医の永倉仁史先生にお伺いしました。

 

花粉症のメカニズム

なぜ花粉症になるのでしょうか、そもそものメカニズムについてお話します。

花粉症はアレルギー疾患のひとつ。そして、花粉症において重要なのは、「免疫」という身体を守る仕組みです。免疫は、体内に入った外敵や異物を排除するためのシステムです。風邪を引いても自然に治るのは、誰もに備わっている免疫システムが活躍するからですね。

体内に入り込んだ外敵や異物をやっつけるために「抗体」という名の武器をこしらえ、もし次に同じ外敵や異物が侵入してきたら、抗体を使うことによって健康を守っているのです。

しかし、この外敵や異物を排除しようとする反応が過剰に起こってしまい、自分の身体にとって不利益を起こしてしまうことがあります。これが「アレルギー反応」です。

 

つまり花粉症のメカニズムは、体内に入った花粉を排除するために、免疫がたくさん武器をつくる⇒その武器で戦うときに自分自身の鼻粘膜までダメージを与えてしまう不利益が発生⇒くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみ・のどの痛みなどを引き起こす、ということだったのです!

 

花粉症の症状

一般的に、さらさらとした鼻水、目のかゆみといった症状が出たら花粉症を疑いはじめますよね。しかし、実は全身の症状を伴うこともあるんです。花粉症のひと通りの症状についてご説明します。

鼻と目の炎症

鼻⇒くしゃみを連発し、さらさらと水のような鼻水がでます。鼻粘膜が炎症を起こして鼻づまりになることも。

目⇒「眼球をとりだして洗いたい」とよく言われる目のかゆみ、充血など。

皮膚がかゆい、ひりひりする

皮膚⇒「鼻や目はなんともないけど、全身の皮膚がかゆくなって我慢できない」というケースもあります。このケースは『花粉症皮膚炎』と呼ばれ、皮膚についた花粉がさまざまな皮膚症状の原因となっているのです。

のどの痛み、咳がでる

のど⇒花粉がのどに付着し、かゆみ、痛みなどを引き起こします。気管支が敏感な人は『咳喘息』といわれる呼吸器症状や喘息発作を引き起こすことも。

微熱や熱感がでる

頭痛・微熱⇒「風邪の症状と似ている」とよく言いますが、なんと頭痛や微熱までもが花粉症によって起きることもあるそうです。ただし、風邪は一時的ですが、花粉症は花粉シーズン中ずっと症状が出るのでそこで見分けましょう。

 

花粉症って、鼻と目の症状だけだと思われがちですが、そうじゃなかったんですね。「もしかして今年花粉デビューかも?」と心配している人は、まずはコレでチェックしてみるのもいいかもしれませんね。もちろん、そのあとに医師の診察も受けましょう!

 

症状を軽くするマル秘テク

さて、これを読んでいるあなたはすでに花粉でお悩みのはず。いよいよツラ~イ症状を軽くするマル秘テクを教えちゃいます。それは……「集中力」です!!!

たとえば、勉強や仕事に集中しているときや趣味に熱中しているときって、あれほど不快だった鼻水の症状が現れないということがありますよね。

実は、花粉症によって起こる症状は自律神経の働きと深い関係にあるそう。自律神経には、活動しているときに働く“交感神経”と、休憩してリラックスしているときに働く“副交感神経”の2つがあります。

そして、花粉の症状は、副交感神経が働いているときに悪化すると言われているんです。つまり、休憩してリラックスしている状態のとき。だから、何かに集中したり緊張している状態(=交感神経が優位になっている)をキープすることで、花粉の症状が出にくいということ!

ちょっと無理やりな方法かもしれませんが、なにか自分が熱中できることをしたり、仕事に猛烈に取り組んでみたり、ということで花粉症のツライ症状が収まるならやってみる価値があるんじゃないでしょうか!ぜひお試しあれ❤

 

 

いかがでしたか?今回は花粉症の基本的な情報をお届けしました。次回は、花粉症の知られざるアレコレについて教えてもらったので、そちらお楽しみに!

 

*今回お話を伺った方

bam2015042202

永倉仁史先生

 

昭和57年、東京慈恵会医科大学卒。昭和60年、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科アレルギー外来担当となり、鼻アレルギーの治療および減感作療法を専門とする。国立生育医療センター(当時、国立小児病院)免疫アレルギー研究部にてアレルギー治療について研究。環境省国立環境研究所研究員として、アレルギー性疾患増加の原因の究明に関する研究に従事し、学位取得。平成2年より、東京厚生年金病院耳鼻咽喉科勤務、その後、東京慈恵会医科大学耳鼻咽喉科助手。

 

スギ花粉症は舌下免疫療法(SLIT)でよくなる! 1,200円+税 現代書林

スギ花粉症は舌下免疫療法(SLIT)でよくなる! 1,200円+税 現代書林


2015/04/14 | キーワド: , , | 記事: