Tooth

歯並びの悩みNo.1“出っ歯”が引き起こす健康面&美容面の驚くべき事実!!

toy20150417-3

前回の記事で紹介した『婚活中の男女2000人のアンケート』。約90%の男女が、出会いの場で歯並びを気にしているという衝撃的な結果が出ました。

▶前回の記事はこちら

「婚活中の男女を調査! 約9割が答えた『◯◯◯がいいと出会いの場面で有利』」

歯並びの悩みNo.1は出っ歯!

歯並びの中でも検索で多い悩みは『出っ歯』『八重歯』『歯茎』と言われてるそうですが、中でも『出っ歯』で悩んでいるという声が一番多いらしいです。確かに『出っ歯』の人って、まわりにいませんか?目立つっていうのもあるとは思いますが、何人か思い浮かびますよね。

toy20150417-1

 『出っ歯』はこわれたハサミのようなもの

前回に引き続き、矯正歯科の藤山先生に聞いてきました。

出っ歯って、前歯が出てるってことですよね。出っ歯だと、何か困ることはあるんですか?「出っ歯とは確かに前歯が出ていることですが、それだけじゃなく、簡単に説明するとハサミの左右の歯がそろっていないような状態なんです。そんなハサミってどうですか?」え、使いにくいです。だって、ハサミなのに上手に切れないじゃないですか。「そうなんです。前歯は食べ物を噛み切る役割があるのですが、出っ歯だと上下の前歯の距離が大きいため、食べ物を上手に噛み切れないんです」

toy20150417-2

じゃあ、出っ歯の人はどこの歯で噛み切るんですか?「前歯で上手に噛み切れないので、横の歯で噛みちぎりながら食べことが多いです。前歯で切ったのと違い、食べたものが大きいまま口の中に入ってきます。そしたら、食べ物が飲み込める大きさになるまで時間をかけて、奥歯でゆっくり頑張って噛み砕くんです。それってつまり、前歯が本来の機能を果たしていないから、奥歯に大きな負担がかかることにもなります」なるほど、前歯の分まで奥歯が余計に頑張らないといけないんですね。「それか、もう噛み切ることをあきらめて、飲み込んじゃう人も意外といます。そうすると今度は消化器系に負担がかかってしまいます。本来、最初に働くべき前歯が働かないことで、奥歯や消化器系にダメージを与えちゃうんです」出っ歯って、健康面でかなり影響があるんですね。「単純な話をすると、出っ歯だとやはり口を閉めにくい場合が多く、雑菌が入ってきやすいので風邪などもひきやすくなりますよ。それに、口臭の原因になることも。多くの方、特に女性は見た目が気になるという方が多いですが、健康面を考えて、出っ歯は治したほうがいいと思いますね」

出っ歯が原因で顔にシワができる!?

出っ歯は見た目だけの問題かと思っていましたが、先ほどの話で健康面のデメリットが多いことも初めて知りました。「そうですね。出っ歯というと、前歯が目立つのを何とかして欲しいという方がほとんどですね。でも、見た目の問題も実はまだまだありますよ。例えば、普段、周りの人を正面から見ることと横から見ることどっちが多いですか?」

うーん、横顔ですか?考えてみたら、友達でも誰でも、正面から見ることって話してる時くらいで少ないですね。「そうなんです。意外と人に見られてるのって横顔なんです。横から見られている時に、出っ歯が見えてるのはイヤですよね。あと、出っ歯の人って口を閉じていても、横顔の美しさの基準となる“E-LINE“がくずれてしまうんです」

toy20150417-3

聞いたことあります、“E-LINE“。鼻の頭とあごをつなぐラインのことですよね。「“E-LINE“は横顔美人の条件と言われてますからね。あとは、もっと言うと出っ歯で無理して口を閉めている人の場合、あごにシワができてしまう人もいます。出っ歯の人全員シワができるという話ではないですが、口を閉めるのに余計な力が入り、下あごの先に梅干し状のシワができてしまって悩んでいる人もいます」

出っ歯治療の最新矯正方法とは

「うちの医院では、歯の表側のワイヤー矯正、歯の裏側からのワイヤー矯正、マウスピース矯正を行っていますが、どれも歯を矯正するということに関してはキレイさ、スピード等、今はそれほど違いはありません」では、何を基準にみなさん選んでいるんですか?やっぱり最近だと、周りにバレない裏側からの矯正やマウスピースが人気ですか?「そうですね。女性の方には、マウスピース矯正など、矯正しているのがほとんどわからない方法は確かに人気ですね。ただ、私は矯正方法で一番重視して欲しいのは歯磨きのしやすさだと思います。矯正中に虫歯や歯ぐきの病気になる人って意外と多いのですが、これだと歯を治してるのか、壊しているのか、どっちなのかわからなくなっちぃますよね」確かに。実は私も矯正中に虫歯になった経験があります。

矯正中の虫歯問題……

「せっかく歯をキレイにしよう、と思ってきてくれたのに、虫歯を作るなんて本当にもったいないことです。3つの矯正方法で歯磨きに必要な時間を比べてみると、歯の裏側からのワイヤー矯正=約40分・歯の表側からのワイヤー矯正=約20分・マウスピース矯正=約10分ですね。やはりワイヤーがついてると歯磨きは難しいです。マウスピースだと、歯磨きをするときは外せばいいので楽ですね」確かにそうですね。取り外せるから、普通に歯磨きできますもんね。「マウスピースは取り外せるのが最大のメリットです。歯磨きのときはもちろん、大事なプレゼンやデートの時とかもありますしね。ただ、取り外せるということは、きちんとやらないこともできちゃうので、そうなると当然動きにくかったり、装置が合わなくなったりします。すべての矯正方法にはメリットやデメリット、向き不向きがありますので、じっくり調べるたり、医院に説明を聞きに行ったり、納得行くまで考えてくださいね」

また、病院選びも重要です。また矯正装置はいろいろありますが、同じ装置を使用しても、どの病院でも同じ結果にはなりません。複数の病院で話を聞くなど、慎重に病院を選んでください。

見た目だけの問題かと思っていた、『出っ歯』の問題あれこれ。早急に治療が必要かもしれません。次回は、第2の悩み『八重歯』について取材してきましたので、楽しみにしててください。

◆今回お話を伺った方◆

矯正歯科 院長 藤山先生



審美的な抵抗が低く、ケアとメンタルの負担を軽減できるマウスピース矯正についてもっとくわしく知りたいなら、歯並びスマイル(http://hanarabi-smile.jp/)をチェックしてね。

 

矯正のことをもっと詳しく知りたいなら、こちらも!
hanarabi


2015/05/29 | キーワド: , , | 記事: