Tooth3

もうグッキーなんて言わせない!歯茎問題解決の鍵は歯並びにあり!!

toy20150417-7

前回、前々回の『出っ歯』『八重歯』のお悩みに続き、今回は『歯茎』について取材してきました!笑うと歯茎がもろに出ちゃう人=グッキーとありがたくない呼び名までつけられてしまっている歯茎問題を解決します。

▶前回の記事はこちら

「婚活中の男女を調査! 約9割が答えた『◯◯◯がいいと出会いの場面で有利』」

「歯並びの悩みNo.1“出っ歯”が引き起こす健康面&美容面の驚くべき事実!!」

「セルフィー時代の今、『八重歯』が可愛いはもう過去の話……。」

『出っ歯』&『八重歯』は歯の直接的な問題でしたが、歯茎というとちょっとどこまで歯並びに関係あるのか、今回は矯正歯科の徳久先生に聞いてきました。

笑うと歯茎が見えるのはなぜ??

最近グッキーって呼ばれちゃうジャンルの有名人がいて、笑うと歯茎が出る人がコンプレックスに感じることが多いんですが、歯茎が出る出ないの差ってなにがあるんですか?

toy20150417-8

「別に笑うと歯茎が出るのはダメってことはないんですが、本人がコンプレックスに感じてしまうほど出てしまってる人のことですよね。これは、まず骨格の問題がありますね。全体に歯茎が出ている人。そして、想像して欲しいんですが、歯茎が出てる人って出っ歯の人多くないですか?歯茎と出っ歯はセットになっている場合が多くて、前歯を正しい位置に治すと、自然と歯茎の見え方も変わってくる場合が多いです。正確に言うと、前歯を押し込みながらさげていく治療をすると改善に向かいます」言われてみると、確かにグッキーの人って出っ歯の人が多いですね。でも、出っ歯じゃなくても、歯茎がモロ見えの人もいますよね?「そうですね。出っ歯じゃない場合でも、歯茎が見えてしまう人もいます。そういった人は、前歯の噛み合わせが深いということが考えられます。あとは、単純に上唇と鼻までの距離が短い人。これも自然と歯茎がよく見えるようになってしまいますよね。一概にこれが原因ですとは断言できない場合が多く、複合的な要素も多いですが、だいたい今あげた原因が多いと思います」

歯並びと歯茎の関係は??

「先ほども少し出ましたが、出っ歯で、かつ歯茎が見えている場合が一番想像しやすいですよね。出っ歯を治すことによって、歯並びも良くなって、歯茎の見え方も改善します」

toy20150417-9

いいことだらけですね。出っ歯じゃない場合はどうなんですか??「では、前歯の噛み合わせが深い人。これは、上の歯がグイッと下がるため、歯茎も目立ってしまいますよね。歯列矯正で噛み合わせを調整してあげることで、改善に向かう可能性が高いです。多くの場合は、歯並びを矯正すると歯茎も気にならなくなるんですが、先ほども説明したように複合的な要素もあり、また、気になる・ならないというのは主観的な問題なので、難しいですね」そうですよね。自然と歯茎が見えるくらいの笑顔のほうが個人的には可愛いと思います。けど、確かにモロに歯茎が出てるとどうしても目立ってしまうので、そこの境界線は人それぞれとしか……。「そうなんです。なので、歯茎については単純に誰でも治りますとは言えないですが、まずはどんな症例かを見ればだいたいはわかります。もし、歯列矯正だけでは難しい場合は、外科手術を行うという手もあります」

歯列矯正をしている人ってどんな人?

先生の医院に来て歯列矯正をしている人って、どんな人が多いですか?「うちの医院は8割以上が女性で、その中でも20才以上の大人の女性が90%以上ですね」ほとんどが大人の女性ということになるんですね。「はい、そうです。でも、それは理由があって、うちの医院では透明のマウスピースを使った矯正を専門で行っています。なので、みなさん調べてうちに来て頂ける患者さんが多いですね。そして、昔から矯正をやりたかった、というのが矯正をする理由です。それで、お金がたまったからという方や透明のマウスピースなら人にバレずにできるからという方が多いです」そうですよね。大人の女性、会社で働いてるってことを考えるとどうしてもワイヤーとか目立つのって避けたいですよね。「でも、もちろん男性もいますよ。あと、男女関係なしにですが、うちに来て矯正をしている患者さんは、人生を前向きに考えている人が多いと思います。矯正ってやっぱり安くはないじゃないですか。なのに、大人になって自分の意志で矯正を始めるってことは、それだけ自分に投資をするというか、人生に対するポジティブさだと思うんですよね。そうすると、歯並びが良くなるにつれて、さらにポジティブになれるし、治療に来るたびにうれしい報告があったりして、運が開けていくようなイメージすらあります」

toy20150417-10

すごいですね。いいことだらけですね。「もちろん、運が良くなるってのは個人的な印象ですよ。保証はできないので(笑)。でも、実感としてはありますね。あと考えて欲しいのは、いい歯並びは健康で長生きにつながるということです。昔から8020運動ってありますよね。80才で20本の歯というものです。これには歯並びが良くないとなかなか厳しいですね。これだけの要素がそろえば、誰にも知られずに出来てしまうわけですし、僕はもう矯正をしない理由がないと思っています。何才になっても矯正ができるわけではないので、20代、30代がラストチャンスだと思うので、ぜひ早いうちから矯正を考えてみてください」

非常にデリケートで難しい『歯茎』問題。でも、歯列矯正が大きな鍵になると今回の取材でわかりました。歯列矯正特集は、今回はこれで終了です。歯並びについて、前よりも興味が出てきた方多いんじゃないでしょうか?最近では、多くの歯科医院のホームページでもていねいに説明されているので、気になった方はお調べすることをおすすめします。

◆今回お話を伺った方◆

矯正歯科 院長 徳久先生



審美的な抵抗が低く、ケアとメンタルの負担を軽減できるマウスピース矯正についてもっとくわしく知りたいなら、歯並びスマイル(http://hanarabi-smile.jp/)をチェックしてね。

 

矯正のことをもっと詳しく知りたいなら、こちらも!
hanarabi


2015/05/31 | キーワド: , , | 記事: