Lifestyle

知らなきゃ損!!寝ながら美人になれる美容法を伝授❤

みなさ~ん!!年末で仕事が忙しくなったり、飲み会で帰りが遅くなったりはしていませんか??帰りが遅くなってついつい自分磨きの時間が取れず、とりあえずただ寝るだけなんてことになっているのでは……(汗)。でも、その寝ている時間ですが何もしないなんてもったいないとは思いませんか?どうせなら自分磨きの時間に変えちゃいましょう♪そこで今回は、自分磨きに余裕がない女子必見の“寝ながら美容”を紹介していきたいと思います!!

img-Z17202756-1

 ”寝ながら美容”を伝授!!

ハンドケアは夜こそ重要!

日中は手を使う機会が多く、マメにハンドクリームを塗ってもすぐに落ちてしまい、効果は半減しています。ハンドケアは、手を使わない就寝中に行うことが最も効果的なのです!寝ている間にハンドグローブをするのがおすすめです。手持ちのハンドクリームを肌になじませた後、グローブを着用します。そのまま寝るだけで、寝ている間に栄養成分が浸透し、保湿によって乾燥による手荒れやささくれなどが補修されます。グローブを着用したほうがハンドクリームを塗るだけよりも、保湿効果がアップし、効率よくケアできます。

足のむくみとりソックス、タイツなどを着用!

朝おきて足がむくんでいるのは血行不良が原因です。血液を心臓方向に押し上げるサポートソックスが、むくみを解消できるということでかなり前から人気ですよね!使用中の人の中には「寝ている間にずるずると下がってしまう」という声もあるようですが、そんな場合はヒップまでしっかり包んでくれるスパッツタイプなどがおすすめです。下半身全体のむくみ解消に効果的で、足が疲れてだるい日やむくんだ日も、これを履いて寝ると翌朝には足がすっきり♪

リラックスブラでバストの下垂防止!

バストは乳腺組織と脂肪組織、クーパーじん帯と呼ばれる繊維の束でできています。20代前半までは特にケアをしなくてもハリのあるバストをキープできますが、20代半ばから、運動、妊娠、出産などでクーパーじん帯や皮膚の伸びが起こり、バストの下垂が始まるのです。。。バストはとてもデリケートなため、必ずブラジャーで支える必要があるのですが、ついつい家に帰るとノーブラになったり、睡眠時にノーブラで過ごしたりしていませんか?ノーブラ生活はバストの下垂はもちろん、バストの左右の形が崩れる原因のひとつなのです。睡眠時にナイトアップブラやリラックスブラを着けることで、バストの位置が安定し、バストの皮膚やクーパーじん帯の伸びが軽減されます。

マスクで声の老化を防ぐ!

声は年齢を重ねるごとに変化するって知っていましたか??女性は年とともに低く柔らかな声に変わっていくといわれています。その原因は、声帯の筋力低下や乾燥です。声の老化を防ぐためには声帯を鍛えることが一番!なのですが、鍛えたいけど時間がない・・・という人にオススメなのが、夜マスクをして寝ること。声帯の潤いを保てるため、若々しい声をキープできますよ♪ほかにもマスクをして寝ることにより、お肌の調子が良くなった、風予防にも効くなどの声もあがっているので、いろいろな面での効果が期待できるかもです。

img-Z17202756-2

今回、紹介した“寝ながら美容法”は、たくさんあるなかのほんの一部にすぎませんが……、試す価値はあるかと思います!!今の忙しい時期だからこそやってみると効果が分かりやすく身体にでてくるかもしれませんよ❤前回の快眠法記事も合わせて読んでいただけるとわかりやすいかと思います!!


2013/12/22 | キーワド: , , | 記事: