Lifestyle

“ガサガサ”“ピキピキ”かかとが気になる方!『かかと美人』になりませんか❤

もちろんこの季節の乾燥対策は、いろいろとやっていると思いますが……、あなたが意外と見逃している場所があると思います!!それは、かかと!!実は女性のなかでかかとの“ガサガサ”かかと割れによる“ピキピキ”とした痛みが気になっている方は多いのです。そこで、そんな可愛そうなかかとをキレイな“つるぴか”かかとへ生まれ変わるための方法を紹介したいと思います!!

img-Z20174709-3

『かかと美人』への道!!6つの方法

1 保湿をしっかりと

一番大切なのは保湿することです!特に、お風呂あがりは乾燥が急激に進みますので、お風呂あがりのケアはとても大切。市販のクリームやハンドクリームで保湿を与えてあげてください。

より高い効果が欲しいという方は、クリームを塗ったあとにかかとにラップを巻きパックをするのがおすすめです!かかとは、実は非常に乾燥しやすい部分なので、少し良くなったからといって手を抜くとまた“ガサガサ”……なんていうことも(泣)。こまめに保湿をすることを心がけましょう♪

2 はだしで歩かない

フローリングなどをはだしで歩く行為もかかとのひび割れにつながってくる原因のひとつといわれています。はだしで歩くと、乾燥はもちろん、かかとに直接刺激がいくのでかかとの角質が硬くなりやすくなるのです。また、体重を支えたり、摩擦などによって角質は溜まっていきます。少しでも、かかとにかかる負担を減らす事がひび割れを防ぐひとつの手段になります。夏場の室内のクーラーでも乾燥は進みますので、暑いときでもなるべく靴下を履くように心がけましょう。

3 角質のケア

保湿をおこなってもなかなかひび割れに効果が得られない。そんな時は、角質のケアを行ってください!!かかとにたまった角質を落してあげることにより、保湿成分の浸透がよくなります。百均などに売っている軽石を使ったり、スクラブ入りのクリームでケアしたりしますが、力を入れすぎると内側の皮膚も傷つけてしまいます。。。どの方法も優しくケアするということが大切です。

4 血行を良くする

女性は冷え性の方が多いと思いますが、この冷えがかかとのひび割れにつながることもあるとか。。。足の冷えだけなら、ひび割れは重症化しにくいのですが骨盤内まで冷えていると重症化しやすいそうです。血行が悪くなると、皮膚が“ガサガサ”したり、老廃物が溜まりやすくなります。血行を良くするためには、足首を回す運動をこまめにおこなったり、マッサージをおこないましょう。

5 フットケアクリーム&靴下

寝る前にひび割れている部分にクリームをよく塗りこみ、その上から靴下を履いて眠りましょう。寝ている間に保湿クリームが吸い込まれていくので、朝、靴下を脱ぐととてもしっとりとしています。また、靴下自体の保湿効果をあげている商品もありますので、それと併用するとさらに効果が高くなるかもしれません♪

img-Z20174709-2

これからまだまだ寒くなる冬、乾燥する冬。今、かかとのひび割れに悩んでいなくても今後のためにも知っておいて損はないかと思います。この5つの方法が、あなたのかかとを今以上に“つるぴか”にしてくれる最短の方法になってくれるかもしれませんよ❤


2013/12/27 | キーワド: | 記事: